くりさんの映画レビュー・感想・評価

くり

くり

映画(210)
ドラマ(0)

言い知れぬ恐怖の町(1964年製作の映画)

3.5

面白いのかどうか正直ようわからんが、面白いタネは一杯あると思う

し、オープニングとエンディングがなんかいい。
あと舞台の街がべらぼうにいい。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.5

映画としてはだめだと思うけど、そんなんどうでもいい。よかった。
『劇場』ごときでクる人はこれみたら涙枯れるんじゃないか。

たぶん、高校演劇がもとだよね?
贋作マクベスとかでてたし。
この前提が違うと
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.2

たぶん又吉を読むことは一生ないだろうと思った。いつまで持つだろうかとか言ってみたところで、実際もたなかった治ちゃんにはかなわんよ。
と、そもそも僕向けの映画じゃねえが、それを差し引いても厳しいオブ厳し
>>続きを読む

私が結婚した男(1940年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃ面白かったです!!!!

冒頭のシーンとか、映画的快楽もそれなりに担保しつつ(当時のニュースリールが挿入されてるそう) 、なによりも目を見張るのは台詞のキレ。
訳すの大変そう。
こんな言葉
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.6

なんか色々勿体ない。
脚本がパートにわかれてしまうのがどうしても長い印象を与えてしまうし、いまいち功を奏しているようには思えなかった。とはいえスポットライトみたいなのは僕は好きではないので、どうすりゃ
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.6

お兄ちゃんに対するフラストレーション(これは正しい)と映像に対するフラストレーションがひたすら溜まる前半。

好きじゃないなーと思ってたけど、終わってみれば、まぁシーンシーンで正しいチョイスをしてたの
>>続きを読む

のぼる小寺さん(2020年製作の映画)

3.5

休日の朝イチに見る映画としては悪くなかったです。

伊藤健太郎がとてもよかった。

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.5

実話にインスパイアされたらしいが、既視感しかない。

長澤まさみの出力強めの演技にも飽きる。彼女はけしてうまい役者じゃないので、これくらい強めに出さないと見れないだろうけど。
というかなんで長澤まさみ
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.7

何年か振りに。
最初見たときはリンチってこういうのも撮るんだーとか思ったものの特に印象に残らず。

今回も別に傑作とかは思いませんでしたが、コロナ自粛中にツイン・ピークスをビンジウォッチした甲斐あって
>>続きを読む

危険なプロット(2012年製作の映画)

3.6

オゾン祭り@シネリーブル(僕にとっては)終わったのだけど、最近も「鬼才」特集なかったっけ?と思ったらポンジュノだった。

そして、だからというわけでもないが、
この二人似てるなと突然。
どのジャンルで
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.7

見れてめちゃくちゃよかったんだけど
湯を沸かすほどの熱い愛(大嫌い)との違いを考えてしまう。
けど、湯を~を見直したくないから、考えが進まない。


あとちょいちょいハルハートーリーを感じた。なんで
>>続きを読む

愛のあしあと(2011年製作の映画)

3.7

最後五分がなければめちゃくちゃいい作品だったと思います。それこそ、往年のフレンチミュージカルの流れもくみつつ。

けど、やっぱり最後五分のシーンがオノレで、とても残念でした。
ほんとこの人こういうこと
>>続きを読む

美しいひと(2008年製作の映画)

3.5

アサイヤスを0.8倍に希釈した感じで嫌いではないんだけど、

なんかいまんとこ見たオノレすべてに言えるんだけど、これで自分の色出した感出されるとちょっと、うーんとなってしまう。

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.6

短編の完成度が高い分、キレの悪さが気になるかも。人生のもうちょい前の段階でこうはならなかったものなのか、、、とか人物造形の雑さが気になってしまう。

アングスト/不安(1983年製作の映画)

3.5

みんな黙ってみすぎじゃない?
ぼくは笑いました。

いくら古典であっても、古典だからという理由だけで高評価は厳しくないすか。
という面もあり、同時に
純粋に笑えるという。

カメラの位置・動きがまじで
>>続きを読む

ホドロフスキーのサイコマジック(2019年製作の映画)

3.4

こういうの自分で撮っちゃうあたりがちょっとムリ。

やってることは昔から変わんないんだろうけど、煮詰められすぎてちょっとオエッって感じです。ごめんなさい。

過去作は好きなのあるんですけどね。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.6

個人的にはのれず。
ちょっとその虫に話しかけるみたいなので共生とか言われるのきつい。
もともと宮崎駿のそういうとこきついけど。似非自然科学みを感じてしまう。

だって毎日「愛してる」って声がけすると綺
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

-

若草物語予習しちゃったからさ、わかんないんだけど、若草物語知らなかったら(向こうでは当たり前なんだろけど)面白くないんじゃないかなという気はするかな。ちなみに僕は若草物語自体もあんまりのめり込めなくて>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.5

初めて見たのだけど、端的に言うと
ハイタカ(ゲド)って言われてもねェ
って感じ?

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

-

最初テレビで見たときはすんげえ好きだったんだけど、映画館で見直したら、話覚えてないのに退屈でとても悲しかったです。気分じゃなかったんだろうけど、見直すんじゃなかった、、、。

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.7

苦言。「今こそみるべき」って言ってる人ちょいちょいいるけど、ほんとに言ってる?映画見てないか、よっぽど現状を理解してないかだと思うんだけど。黒人がでてる映画全部にそのレビュー書くつもりかな?


さて
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

3.1

予想通りなのでなんも思わんけど、げろつまらん。
内容が内容だけに言いづらいが。

とにかく、監督の耳が悪い。
スコアがもうちょいましならそれだけでもだいぶみれたと思う。
エンドロールの曲も地獄。
Ma
>>続きを読む

ポップスター(2018年製作の映画)

3.1

見た後びっくりするほど感情が浮かばなかった。
で、考えてみた。三振とフライの違いについて。変に打ち上げたり転がしたりするからこっちも期待するわけで、三振だったら、よし次頑張ろ!ってなりません?
>>続きを読む

ドミノ 復讐の咆哮(2019年製作の映画)

3.4

今週末からのA級公開ラッシュに耐えるためにもいま僕に必要なのはB級では?!ということでみてきました。
というのは嘘で、ただのゲースロロスです。

えー面白かったよ。
ポイントポイントで決まってる感じは
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.4

ひどくつまらんかった。なにがこわいのか、面白いのかまったくわからん。
衣装美術に全点あげる。

村の人たちがあまりに一辺倒で感心しない。想像力なさすぎないか。

カルト映画になりうる作品だとは思うけど
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.6

三池さん、今までバカにしててすみませんでした!!!

人間の時間(2018年製作の映画)

2.9

学生の映画みたいで微笑ましい。
そろそろ脚本書くのやめたほうがいいんじゃない?この際、ドランともども。

STOPは、これの、2倍酷かったので、想像よりはましでした。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.6

ドランが好きって言ってる人を見るとイライラする病気を患っています。
ってのは半分冗談ですが、そんな僕が見ても前半は面白かった。
お、ようやく好きなの見つけたかもと思った。

けどやっぱだめだった(笑)
>>続きを読む

名もなき生涯(2019年製作の映画)

3.4

スキャンダルに「本年度アカデミー賞最有力」をつける宣伝部は頭どうかしてるんじゃないかと思うが、それと同じくらいに「テレンス・マリック最高傑作!」はやばい。

ジョージ・エリオットの一言のための長編(な
>>続きを読む

ダンサー そして私たちは踊った(2019年製作の映画)

3.6

Robynを使ってる映画に悪いものはない(笑)。

Call me by your nameとは根本が違うよね。顔とプロットが同じだけでしょ。
プロットは仕方ないよ、こうなるよ、そりゃ。という感じ。
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

3.7

ついに見たラピュタ

シータは木登り大丈夫だよね!
が破壊力すごかった。

圧倒的に駆け足で、みんな対応力と状況把握力が素晴らしくていいサラリーマンなれるなと思うけれども(嫌味)、
楽しかった。

>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

3.6

この監督は作劇に関してはプロットにしか興味がないんだろうなと思わされてしまった。まぁ字幕だからわからんけどね。
良いように言うなら、行動と結果にしか興味がないのかもね。だからこの映像のチョイスと言われ
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.6

マイノリティ信仰がすぎる、方向に傾きそうな危うい映画ではあると思う。
ザックはもうちょいちゃんとトラブルを引き起こしていいと思う。人いないから難しいけど(笑)。
ラベルで見るのはやめようよ、と言いたい
>>続きを読む

>|