くるさんの映画レビュー・感想・評価

くる

くる

記録用です、偶に感想レビュを挟みます。洋画中心に観賞中。今年は50本は最低でも観たいです

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

-

記録用

終始涙が止まらなかった映画です、タイトル回収がなんとも言えない悲しみが残ります。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

-

記録用

ターシャの生き方が息子や孫達に受け継がれてる最後のシーンを見てほろり。心が浄化されました

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

新年一発目の記念すべき映画。台詞の使い回しにグッと来たし音響の凝り方にセンスを感じた作品でした

インターステラー(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

まさか序盤の幽霊が鍵だったなんて予想もつかなかった。終盤の20分とても濃い内容でした、スッキリとした終わり方で観て気持ちが良い作品。

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

-

自然の景色をうんと堪能出来た良い映画だった、久し振りに心が浄化される物を観れました。個人的には終盤の馬を殺すシーンが母の死との重ねられるのがウッと来ました。この映画の回想シーンの入り方個人的にとてもス>>続きを読む

>|