kokonamaさんの映画レビュー・感想・評価

kokonama

kokonama

イカとクジラ(2005年製作の映画)

3.5

母と父が離婚することになり行き来する少年たちの成長を描いたヒューマンドラマ。最後のシーンめっちゃいい。

パトニー・スウォープ(1969年製作の映画)

3.0

突如空いた社長の座。任命されたのは黒人の男。次々と社内に革命を起こしいくのだが、、、皮肉を交えた風刺コメディ。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.6

劇薬を長江に流したことにより誕生したモンスター。河の近くで小さな売店を営む家族は、小さな娘を人質に取られてしまう。国中が大騒ぎする中、家族総出で地下路へと救出に向かうのだった。汗のシーンがいい感じにジ>>続きを読む

ぜんぶ売女よりマシ(2017年製作の映画)

3.0

福祉政策などで注目を浴びている国、スウェーデン。遠い国で起きているセックスワーカーに対する法規制。法は個人の性に介入していいのかという問題について迫っていたドキュメンタリー。

セブン・デイズ・イン・ハバナ(2012年製作の映画)

4.0

キューバ、ハバナで起こる1週間のドラマ。それぞれ別の監督が製作するオムニバス形式。

草の響き(2021年製作の映画)

3.8

色褪せた男の目。これから生まれてこようとする命。現実との葛藤の中でもがきただひたすら走り続ける。切ない物語なんだけど、生命の躍動感みたいなものが全体を通して伝わってくる。

ギミー・ザ・ルート ~NYグラフィティ~(2012年製作の映画)

3.4

グラフィティで繋がる2人の友情。ニューヨークのストリートをバックに青春って感じの淡いテイスト。

犬人間(2022年製作の映画)

3.6

シンプルながらも見入ってしまった、アプリで知り合った富豪の若い青年。彼と親密になり豪邸に遊びにいくことに。そこにいたのは、犬の被り物を被っている人間だった。マスク越しの助けてくれはリアルで怖い。また普>>続きを読む

エレメント・オブ・クライム(1984年製作の映画)

3.3

犯罪理論により脳内侵略されてしまう1人の刑事。不思議な映像と共に頭痛が広がっていくような映画。

夜明けまでバス停で(2022年製作の映画)

2.5

コロナが始まり直撃をモロにくらった女性の顛末を描くストーリー。飲食店でバイトをしていた女性がクビになり、家を追い出されホームレスに転落していく。爆弾を作ろうと思いますみたいなオチはなんじゃそりゃ感がす>>続きを読む

(2022年製作の映画)

3.5

おじさん愛好家の25歳OL。父との距離を上手く掴めないでいる彼女は、おじさんに対して父性を求め彷徨っている。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

ダンサーインザダーク以来のシリアスなバットエンドだと思った。子供ながらの純粋な視線がユダヤ人に対しての迫害を映し出す。

こちらあみ子(2022年製作の映画)

3.8

あみ子の視点で展開される不思議な映画。子供ながらの自由な発想と見ている世界に圧倒される。良いリズムを奏でている映画だった。

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.8

ゴーストが見える少年。物語の展開がめちゃくちゃ秀逸だった。ゴーストの見せ方とかもとても好き。

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.1

パソコンの画面上で展開されるミステリー。父親が娘の失踪の原因を追う。

さかなのこ(2022年製作の映画)

3.5

熱中するっていいなあと思わせてくれる映画。色とりどりのカラフルなお魚ワールド。

フォルス・ポジティブ(2021年製作の映画)

3.2

マタニティホラー。幸せな妊活から一変、夫の真の目的を知る。

デス・フロア(2017年製作の映画)

2.7

ワンシチュエーション系ゾンビ映画。ジャンルものに終始している。

アース・ママ(2023年製作の映画)

4.0

我が子との間には一枚の壁。壁の四角い窓から眺める黒人の母。地球から俯瞰しているお母さんみたいだ。これから産もうとしている焦燥感や迷いが巧みな演出によって伝わってくる。ヒーリングっぽい感じ。

エターナル・ドーター(2022年製作の映画)

3.1

霧に覆われたホテルに来た老婆と中年の娘。母の思い出の地であるこの洋館は、何やら悲しい思い出が漂っている。

ロー・タイド(2019年製作の映画)

4.0

おーこれは良かった。シンプルなストーリーの中にあらゆる構図が詰まっている気がした。

ザ・ヒューマンズ(2021年製作の映画)

3.5

家族団欒のひと時。夜になるにつれやがて影を帯びていく。

ソウル・フラワー・トレイン(2013年製作の映画)

3.0

フェリー乗って大阪に上陸する田舎者のお父さん。道中出会った女と娘探しの旅に出かけていく。

マイ ビューティフル ガーデン(2016年製作の映画)

3.8

頑固なおじいさんとそれに使える料理人。隣に住む作家を目指す女。彼女は図書館に勤務していて発明家の男と恋に落ちる。庭を手入れしないといけなくなったことにより彼女を取り巻く環境が徐々に変化していく。

シック・オブ・マイセルフ(2022年製作の映画)

3.6

承認欲求を満たしたいがあまり泥沼にハマっていく女性を描いたスリラー。若い女性の物語なんだけど、老いみたいなのを体感した。

>|