LeSoreiyuさんの映画レビュー・感想・評価

LeSoreiyu

LeSoreiyu

周りにえすえふ好きがいない。
ラブクラフトを知ってる人も、
ポーの一族もロジャー・コーマンもハインラインも、
はみだしっ子を知ってる人も周りに誰もいない。

映画(197)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

4.0

時間物はある意味好き勝手やれるから面白い。
無茶やっても「パラドックスですから」で逃げられるから。

本当にあの子がそうなのか言及されていない。
念動力だけで複数の組織を見つけて壊滅させられるのか。
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

4.0

実に数十年ぶりに、
渡辺謙吹き替え版を見れました。
賛否両論多いにあるのは知っていますが、
やはりこの版が一番好きです。
この吹き替え版が一番悲壮感があり感情を揺さぶられました。

2作目以降は2を1
>>続きを読む

新クライモリ デッド・フィーバー(2013年製作の映画)

4.0

私の場合、
ナビなんて無い時代に関東から関西へ単独運転で旅してる中、
雪の降る中で道に迷い外灯すらない真っ暗な山道を空腹で深夜にたった1人で走っていて、
「死」が頭によぎった時が思い出されとても怖い映
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

2.5

発想は良いし映像的な作りはしっかりしてるけど、
いまいち夢中で見るほどにはなれなかった。

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

1.0

話がぶつ切り、場面もコマ割りがキチガイがごとく細切れ。
見にくいったらありゃしない。
ウェスカー弱すぎだろ。
しかも解雇されたら攻撃可能ってロボコップ?
最後なのにミッシェル・ロドリゲスいなくて寂しか
>>続きを読む

サイレン(2016年製作の映画)

3.0

スペルは同じsirenですが、ゲームのサイレンとはまったく関係なくセイレーンの方の意味です。
出来損ない魔法陣で勝手に魔界から呼び出された挙句人間に騙され奴隷化されてしまった小悪魔が、それを解放したラ
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

-

原作はジョナサンの1部から通して何十回も読み返した私。
元々金を払って観るつもりはさらさらありませんでしたが、たまたまスカパーでやってたので見てみました。

アンジェロ戦中に不要な模写があるくせに時系
>>続きを読む

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

自身が他所に書いた物のコピペです。
ネタバレありです。

冒頭の時点で、あぁすでに何か仕掛けられたけれど、
それをクリアするために逃げているんだなとわかってしまいますが、
このキャラ自体がこのあとの見
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

5.0

鑑賞中、終盤になる頃に実は気持ちの中では期待でワクワクしてました。
事件が解決し、今年のは盛り上がりがちょいとなぁと寂しく感じていたところに!
やってくれました!
ラストの中の大ラスト!
アムロの「ち
>>続きを読む

モンスターズ/新種襲来(2014年製作の映画)

2.0

怪獣か異星人か知らんがそいつらはほとんど出ない。
どこかの国の民族通しの戦争映画。
派手なドンパチもヒーロー的な主人公もいない。
ただ淡々と一般兵達の移動する話。

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.0

映画の世界に取り込まれる設定は面白いが、
主人公のママが若かった頃の映画の中なのに、若かったはずのママが若く見えずどう見てもオバサンにしか見えないのが残念。
キャリーのシシースペイセクの真逆。
2度目
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.0

OPがアニメ版まんま。
遠景の構図がゲーム版バイオ。
日本語と英語で会話が成り立つのは、
おそらく電脳で通訳済なので多国語での会話が成り立つのでしょう。
なんで車がアルシオーネとかエスプリとか?
製作
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.0

見たの忘れて2度目(笑)
急に出る女に軽くビックリ。
やれやれと思った所にあのラストのオバサンの恐怖はよくわかる。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

4.0

シリーズ最高の出来!
なんといっても、笑える場面があるのは今までのシリーズとは一線を画す。
前作の2つに別れる道から今作の赤ちゃんまで、
ポール・ウォーカーへの想いが伝わる。

チェリー2000(1986年製作の映画)

1.0

納得がいかねぇ。
そのせいで波及した出来事で何人も死んでるのに、生身を知ったらポイってか?
死んだ奴らもさる事ながらチェリーが不憫でならぬ。

レリック(1997年製作の映画)

3.0

暗くて誰が誰だかわからん。

ラストの魔犬のシーンは凄く良かった!

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

2.0

ぶつ切れで見たので冒頭のシーンを見たのはクリスマス前。
クリスマスのチキンが今年は美味しく無かった。
(´Д`;)。

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.0

時間物は考えるとややこしくなるから考えない。
センチネルかっこよかった。
なかなか面白かった。

沈黙の帝王(2016年製作の映画)

1.0

主人公はハゲの人でスティーブンシゲルさんは敵方で狭い部屋で沈黙したままです。

敵、つうか国の下っぱ警備員が女のマシンガン相手に通路のド真ん中で撃たれてとか、女とやるより早く身を隠せとか、個人の部屋に
>>続きを読む

宇宙空母ギャラクティカ(1978年製作の映画)

1.5

テレビ放映時には宇宙空母ギャラクチカとなっていて、
チってなんだよチって。
どこのジジイがこんな題にしやがったんだよ。
あ~臭せぇタイトルだ。
という記憶だけで内容はまったく覚えてない。
頭に宇宙がつ
>>続きを読む

死霊のはらわたIII/キャプテン・スーパーマーケット(1993年製作の映画)

3.0

中盤はダレた。
だがしかし、
後半、
遠くを着ぐるみ、近くを人形による大量の外骨軍団。
ダイナメーションでの格闘。
スチームと木材のインターセプター。
見応えある特撮映画でした。

二つあるエンディン
>>続きを読む

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(2005年製作の映画)

4.0

まず、旧アニメ版の方が好き。
何度も見てる。

準じた作りの劇場版は好きだがウィンリィが気の毒。

そこに生きているとわかっているのに、
決して会えない生き別れはとてもかなし。

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.5

結果で言うと、表現が変わっただけで中身はテレビ版最終回とまったく変わってない最終話。

コミュが苦手で他人からオタクと評される子供「達」がいろいろお騒がせしたけど変われませんでした。と。

テレビ版含
>>続きを読む

タワーリング・インフェルノ(1974年製作の映画)

4.0

防火管理者資格持って、
プライベートであちこちうろつき、仕事でもあちこち見ていると
火事になったらヤバいな。
というポイントは意外にあちこち存在します。

突貫工事の巨大建築物である本作のような欠陥も
>>続きを読む

モンスター(2003年製作の映画)

5.0

心が破裂しそう。

その言動から醜悪で不快と感じる主人公。

セルビーとの生活を夢見て築いていた心の中の城が徐々に崩れてゆき、セルビーからの依存にも応えられなくなり、
彼女を守るために退いたアイリーン
>>続きを読む

恐怖の魔力/メドゥーサ・タッチ(1978年製作の映画)

2.5

なぜ死なないかよく分からなかった。
大聖堂崩落はたしかに凄まじいが、
大魔神、ラドン、怪奇大作戦やらを見てきた自分にはまあまあかな。

とっとと銃で以下略。

スティールワールド(2014年製作の映画)

3.5

石森章太郎の「リュウの道」のロボットシティを思い出した。

人の感情が起因となって偶然起きた出来事で反撃を開始する少年たちの話。
舞台は狭く派手さは無いが純然たるSFで好ましい。

地球の科学でハッキ
>>続きを読む

ヴァイラス(1998年製作の映画)

3.0

亀の怪獣もイカの怪獣も出ません。
ロシアの生き残りがなぜ流暢に英語話すか謎。
キャリー以降よくやられる最後のビックリはビックリしない。
メカと船長が融合した裸のメカジジイじゃなく、
メカと裸の美女が融
>>続きを読む

ヴァイラス(1993年製作の映画)

-

こちらはドナルド・サザーランドが出る難破船の話ではありませんから注意してください。

名探偵コナン 江戸川コナン失踪事件 史上最悪の2日間(2014年製作の映画)

4.0

最初は見事に騙されましたわ。
うまく出来てるなぁ。
犯罪者側とはいえ死者が一人出たのは残念でしたが、
爆発時に警官は生きている描写とか好きです。
安心して見れるコナン物は何度見ても楽しい。

96時間 リベンジ(2013年製作の映画)

2.5

パパの活躍が前作より薄くなった。
なんかね、娘の時より必死さが薄く感じるのは意図的な演出?

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

久々に良い映画でした。

出番の少ないゴジラや専門用語の羅列や超信地旋回や人目線や瓦屋根や巨神兵や八岐大蛇の逆襲並のミニチュアやらマニアしか喜ばない演出に、なぜ大衆や日本クソデミーなにやらが絶賛するの
>>続きを読む

ドゥームズデイ(2008年製作の映画)

3.5

パクリとリスペクトの境界はなんなんでしょう。

自分が好きな作品の要素を盛り込んで楽しんで作った良い娯楽作品だと思います。

荒れ果てた街並みやエキストラと彼らの衣装や小物など、
良く作り込まれている
>>続きを読む

マギー(2015年製作の映画)

4.0

ゾンビ。もしくはそれに類する者は数秒しか出ません。
勝手に決めつけているイメージでの役者の活躍は一切ありません。

淡々と進む、
他人から見たら身勝手と思えるけれど、けれどそうせざるを得ない父親と、
>>続きを読む

死霊の盆踊り(1965年製作の映画)

3.0

おっぱいが滅多に見れないようなはるか昔の、
おっぱい出まくりなのにタイトルがエロっぽくないこの映画は親を騙すには貴重な実用的映画。

>|