キョンべさんの映画レビュー・感想・評価

キョンべ

キョンべ

不本意ながらアラジンのアンチです。毒々しいかもしれませんがユニコで中和できてると思ってます。あ、日本人です。

映画(668)
ドラマ(19)

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

3.8

麻雀のルール分からんけど鑑賞🀄️

まず斎藤工めっちゃかっこいい。演技もオーラもすごく好き。ビジュアルがもっとブサイクだったらガチのファンになってたと思う。あまりにも二枚目でそこだけが嫌。

チャラン
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

-

アンチだけどなんとかアラジンとわかり合う糸口を見つけたくてガイリッチーの過去作を鑑賞。アラジンとこんなに真摯に向き合ってる人他にいるの?

と言いながらなぜか全く内容が入ってこない。私がバカなのかな?
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

『四畳半神話体系』を観終わったので満を持して観た。

画風も内容のカルチャー色も「京都」という舞台を強く意識していて全体的に統一感があったなあ、と思います。
京都らしさ、といえばはんなり和風なイメージ
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

3.0

『21世紀の女の子』で三浦透子と肩を並べるムチムチ感で観る者全てを虜にした手島実優。このときはまだムチムチじゃない!こっちの方が可愛いけど絶対今の方が魅力的だと思う!ありがとうムチムチ実優!

とても
>>続きを読む

ゲルマニウムの夜(2005年製作の映画)

-

若き日の新井さんが修道女を強姦するというほんとうに笑えない映画。なんであんまり話題にならなかったんだろう?

これ観たの新井さんが捕まってすぐの時なんだけど、今も定期的に新井さんを思い出して寂しくなり
>>続きを読む

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

4.2

アートなのかアートっぽいだけなのか、目の肥えていない私には分からなかった。ただピンク映画ではなかった。

最初のシーン、主役のオーバーな演技が好きだったし毒々しい空間もとても好きだった。でもメタ構造が
>>続きを読む

オーファンズ・ブルース(2018年製作の映画)

4.5

教祖アルパカメタルさん激推し映画、めっちゃ楽しみにしてた!

ロケ地兵庫とか香川とか、私の愛する西日本なのにすごく湿度の高いアジアみたいな質感だった。私の知ってる土地ではカンボジアが一番近いと思った。
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

典型的なマスキュリズム表象映画ですね!

このジャンルの映画が大好きな人間に他のジャンルも教えてほしいと言われたから話したら「好みを押し付けられた」って言われたの一生ネタにしていくつもり!残酷な私情!
>>続きを読む

みぽりん(2019年製作の映画)

-

多分リナちゃんは白いパンツしか履いてないんやろなあ

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

5.0

社会派ドラマの文脈だけじゃなくて、テレビドラマと映画の関係の文脈でも語られる劇場版SATC。

まずこれのドラマが大好きなんです私……あの時代にこんな先進的な作品を作れたことがすごいし、それがこんなに
>>続きを読む

西瓜(2005年製作の映画)

3.7

スイカ系ディストピアでのミュージカルポルノラブストーリー⛲️
「夏だからね!」のノリで観てはいけない映画ランキング1位!

聞きしに勝るスイカプレイの鮮烈オープニング。動揺を隠せないラスト。そしてなん
>>続きを読む

妻の秘蜜~夕暮れてなお~(2016年製作の映画)

3.0

明日テストだから夜までデュルケームだ!って思ってたのにピンク映画観ちゃった🌟

ピンク映画に出てくる女の子は成人男性の夢が詰まってるんだろうな〜と思って観てるんだけど、これの天使もえにはびっくりだよね
>>続きを読む

正しいバスの見分けかた(2015年製作の映画)

3.8

ほんっとに失礼を承知で言うんだけど、私中条あやみってモデル人間で演技できないからテンションだけで乗り切るようなキラキラ商業に出まくってんのかなと思ってたんです。けどこれ観て猛省しました、、、凛としてる>>続きを読む

なれない二人(2018年製作の映画)

3.5

うまくできてるなあーと思った。
パズルのピースをパチパチっとハメて行くような脚本だった。

ちゃんと色んなとこで笑えたし面白かったと思う。なんかあんまり覚えてないけど!笑

ウーマンウーマンウーマン(2018年製作の映画)

4.3

こういう童貞芝居が大好きなのでとっても楽しめました!監督とシュミが合うのか、随所で笑えてアラジンのような疎外感を感じることはありませんでした。

ただ、ポスター見たら男と女の交流話かと思うけど、女劇と
>>続きを読む

疑惑とダンス(2018年製作の映画)

2.8

なんなんやろう、食堂で隣のテーブルに座ってるそんなに仲良くない女の子3人組の、本人たちもつまんなさを自覚してる薄い会話が耳にねじこまれてるときの不快感に似てるというか。

みんな理性的じゃないのが嫌だ
>>続きを読む

LOCAL RULE(2017年製作の映画)

3.0

こういう童貞モノみたいな空気大好きだし終始結構笑ってたんだけどなぜかそんなにしっくり来ていない。笑
タイミングが悪かったのかな?

昭和か平成初期か知らんけど東京タワーの回想シーンみたいな古くささに溶
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.5

芸術学の先生がプリクラかドローンでレポート書けとか極端なこと言うから鑑賞。女子大生とおじさんの二重人格を自認してるので結構まよったけどやっぱ私はマスキュリズムおじさんなんだろうな。

めちゃくちゃ良い
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

出た〜〜マスキュリズム表象映画〜〜

全役者の演技力本位で良かったよ〜〜

まあでもぶっちゃけ話4%くらいしか分かってないけど2回観ることは絶対ないので私が映画に☆3つけるってよりは映画が鑑賞者である
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

1.0

☆1だよもうwwwwww
まずアラジン見るたびなんでこんな泥棒全肯定なんだよって思う
ルパンとか怪盗キッドにはなんも思わないけどなんかこれだけは無理、アラジン最初ほんっとにめちゃくちゃなことやっててシ
>>続きを読む

エル・トポ(1969年製作の映画)

4.0

バカでかいテディベアにホドロフスキーって名付けたから一緒にエルポト鑑賞。
ホーリーマウンテン同様全然分かんないですもちろん。
ホーリーマウンテンの方が金かかってた💲
全然分からんけど飽きたりしないのす
>>続きを読む

ピンポン THE ANIMATION(2014年製作の映画)

5.0

尋常じゃねえ
全キャラ全セリフ全シーン好き
かっこよすぎてノックアウトされるシーンが多すぎる
しかしなんといってもオババのヘルシーな「愛してるよ」にはクラクラしますね

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

2.7

キャラクターが全員嫌いすぎて嫌悪感オブ嫌悪感。歯が浮くセリフ言うしなんかカラフルに光ってるしめっちゃ商業少女映画じゃん山戸結希、、、って思ってたしガチで帰ろうかとおもったんだけどグッと堪えて観たら「え>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.5

後半はそんな好きじゃなかったんだけどテーマと設定が良いよね〜〜!徳永えりが恋のツキ的雰囲気でこういう人なのかな〜〜と思ってたら全然ちがくて、めっちゃしっかり者のおしゃれ姐さんだった!

凶悪(2013年製作の映画)

2.5

あれ?なんかすきじゃないなあ笑笑
タカユキのギラギラ憔悴っぷりはすごかった

BROTHER(2000年製作の映画)

4.5

えええめっちゃ面白くない!?アウトレイジの源流感溢れる致死率が最高に好きです。みんなめちゃくちゃかっこいいんだけど寺島進出てくるたびに悶絶した。私が知ってる寺さん史上一番かっこよかった色気がすげーよ、>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.3

気狂ったシーンしかないの最高だね?
何を暗示してんのかわかってないけど笑
あとめっちゃお金かかってるのも笑えた

アメリ界隈で育ったおしゃれ映画好き公言してるやつとかに「めっちゃおしゃれなの〜〜!」つ
>>続きを読む

>|