みやさんの映画レビュー・感想・評価

みや

みや

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.9

ご長男様信仰、才覚があっても表舞台に出ること厳禁と理解しているからこその嫁の所業、金と権力のある爺様の名誉欲の為に動かざるを得ない人々。
なかなかの息苦しさと居心地の悪さでした。

もっと、大事なこと
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

普段の暮らしで気負わずに困っている人に救いの手を差し伸べる。
それが当たり前になるといい。

主人公が語る未来は切ない。奏でるサズの音色に、難民達が故郷を思い馳せる様子にじわり。
他にもミュージシャン
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.0

自分が生きていくために真実を公にする者。
周りを生かすために真実を飲み込む者。
戦争の傷は深く辛い。
しっとりとゆったりと映画と対峙できる上品な時間。

しかし、ずるい。
ぐーパンチするわ。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.3

とにかく映像が素晴らしくて繰り返し観たい。職人技を感嘆の思いで堪能しました。
三味線に舞う折り紙に心奪われる。

社会的な死を考えてみたり。
闇を抱えた姉妹、何気に好き。

2017年劇場鑑賞100本
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.3

短絡的な行動が、かなり実話に忠実なようで驚き。
うぅすらと笑える気分にはなれんかったな。

人間、結構しぶとい。

永遠のジャンゴ(2017年製作の映画)

3.7

演奏シーンに思わず拍手しそうになる。

マイナーコード禁止、ブルース禁止、ソロは5秒以内、足でリズムとるの禁止、ベースは弓で弾く…等々、ドイツ兵士の前で演奏するための禁止事項がズラリ。
それだけ音楽に
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

これまで観てこなかったので知識ゼロで鑑賞。
故に疑問いっぱい(^^;)

すごい強いじゃん、あの人。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

あなたが存在している事が最高のgiftなんだよ。

夕陽のオレンジに浮かぶシルエットは、本当の親子以上の繋がりを感じる素敵なシーン。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

クセになるアダムドライバーの顔。パターソン以降、可愛くて仕方ない。困り顔好き好き。
カラカラベーコン、たまに食べると美味い。

ポンコツ達が頑張る地味な盗み。
誰も傷つかないから、まあいいよね、とほん
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

冒頭から、何かあるよ、な不穏な空気。
久しぶりにビクッとなるの観た。
想像してたのの、もうひとつ先に話が進んで鬼畜感を楽しめた。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

「何やってるんだろう」

いっぱいいっぱいしてあげた事を数えるのは苦しい。
相手を好きだと言ってる自分を認めて欲しい。
自己中恋愛。

依存、便乗、執着。
チリチリとした懐かしい痛みを感じる。
でも何
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

何が人間たらしめるのか。

ザワザワくる不協和音の中、希望から絶望が入り混じって心が揺らぐ。
デッカードは出なくても…

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.3

とても好きな作品でした。

映画が出来上がっていく過程が興味深く、戦争の絶望と市民の普通の日常が並行して描かれてます。
派手さはないですが、気付けばズルズル泣いてました。

密偵(2016年製作の映画)

3.9

ハシモトの権力の犬な仕事ぶり。お約束のように痛いシーンもあって、まぁ悶えますよね。

敵味方の見分けがつかず混乱。
何かしてる訳ではないのにカリスマ感溢れるイ・ビョンホンの存在感!

2017年劇場鑑
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

4.0

ちょっと疲れた仕事終わりに観るにピッタリ。安定のバディもの。

ドタバタな小ネタに、明るい下ネタ。そこかしこで笑いが起きる劇場内。平穏って素晴らしい。

エンドロールNG集でのロック様がお茶目すぎて可
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.7

低音がズンズンくる映画。
お兄ちゃんバカでしょと思いながらも、あぁやりきれない。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

オープニングの肉感が衝撃。
ハイウェイでのやり取りはヤメテヤメテの連続で辛い。
小説世界に絡めて明かされていく過去から、元夫の受けた心の傷が作家としてのエネルギーになったのだと思う。

大切な人を失う
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.7

後篇はボクシングど真ん中に置いて。
憎くて殴る、愛して欲しくて殴る。内に抱えた思いかぶつかり合ってました。

ロキシー(2016年製作の映画)

3.3

結構な血祭り。
ストーリーは微妙というか、恨む先が違うような…
刺されての叫び声が、サンシャイン池崎に思えてきた。

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

4.3

想像していたお話とは違って面白かった!
7人の個性が上手く表現されていて、1人7役が活きてました。
力一杯のアクションもなかなか。
セロン姐さんよりノオミ姐さん(^^)

遺伝子組み換え作物の影響で多
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

アクションもあるし、騙し騙されもあるのだけど、スパイ映画のしてやったりな爽快さを感じられず。

どこが悪い訳ではないけど、面白くなかったな(^_^;)

愛を綴る女(2016年製作の映画)

4.0

思い込みが激しくて夢見がちで一直線というのに憧れる。
マニュアルだ、取説だ、そんなものじゃなくて、儚くも深い愛のお話。

ガブリエルの狂気を孕んだ美しさが素晴らしい。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

-

予習も兼ねて爆音上映にて。
レプリカントのラスボスが一番人間臭いって(>_<)
次作をあの監督がどうやって表現してくれるか楽しみ。

とはいえ、体調により睡魔に勝てず前半の記憶が危ういのでスコアなし。
>>続きを読む

ポルト(2016年製作の映画)

3.5

心に残している通過点。それがその人の人生をガラッと変えるかもしれないし、心の拠り所として大切にするかもしれない。
自分の思い出も辿る映画。

どの場面も絵葉書のように美しくて、なんだか現実感がなかった
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.6

「殺られる前に殺れ」

絶対好きなやつーと鑑賞したのですが、哀しい男の話でした。
ちょっと期待と違った。^_^;

収監前と後の変貌ぶり、刑務所内のジリジリする緊迫感、男臭さ満載。

どの映画もアメリ
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.9

容赦ない拷問シーンに身悶える。
味覚でどうにかのシーンは好き。
胸糞悪くて最高です。

監禁された理由に対して、復讐の執念すごすぎやしませんか(^_^;)

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.9

武器は斧と牛骨。
爽快じゃないカーアクション(ぶつかって壊れるメイン)
ポンコツ警察。

ほんと、韓国映画の後味の悪さはクセになるわー。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.3

話が進むにつれ、バリカンが愛おしくて仕方なし。リングサイドでパタパタやるの反則(笑)。

もっとボクシングメインかと思ってた。
何故その話があるのか分からない部分も、後編でどうなっていくのか楽しみ。
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.3

クライマックスで鳥肌ゾワゾワした。

早いテンポで繰り広げられる台詞の応酬に引き込まれます。
ロビイストとして打った手が、ピースがはまるように決まる高揚感、あぁそうだったのかと観客までも欺く策略。スク
>>続きを読む

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

3.9

実話ベースだけど、銃撃戦にロマンスに家族愛に結構な盛り具合。んー韓国っぽい。

エンタメに仕上がってるけど、まだ休戦中の北と南。
手放しで楽しいとはなれず、苦くて重いシコリが残る。

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

ちりんちり〜ん

秀でた美しさでごじゃいますー(//∇//)

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

接見するたびに迷っていく様子に、見ているこちら側も混乱。
重なり合うシーンは見応えありました。

食事内容が変わるなど、細かい変化描写も好き。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.9

タイトルばぁーんって出る所が、格好良くて笑えていい。

万能サバイバル死体…扱いが酷い。笑
ツッコミたい諸々を笑いに変えて。ところが笑いだけじゃなかった。
主人公が作るオブジェのクオリティがやけに高く
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

強い意志をたぎらせる眼が脳裏に焼きつく。
どちらを選択しても、解決できない悲しさ。

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

タイトルとポスターだけの興味で見て????となる。

人間も動物もわちゃわちゃしてる。
踊るハヤブサ、宙を舞うモフモフ、飛びたい鶏。
可愛いかと思えば、うわぁってなる不思議な映画。

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.8

淡々と臓器移植に携わる人達。
生きる事も死ぬ事も尊重されていると感じるお話。

感傷的にさせようとしない所がリアルに思えて考えさせられる。
移植シーンも割とリアル。

波が変化してゆくシーンが印象的。

>|