ShinMakitaさんの映画レビュー・感想・評価

ShinMakita

ShinMakita

映画(741)
ドラマ(30)

孤独の夜(2020年製作の映画)

2.0


インド、バラガード。裕福な地主ヤグビール・シンが殺された。ヤグビールは政界に出るため、五年越しの愛人ラーダと結婚することに決め、その式の直後に寝室で死んだのだ。犯人は屋敷のガンケースからライフルを持
>>続きを読む

カラー・アウト・オブ・スペース 遭遇(2019年製作の映画)

1.6


マサチューセッツ州の僻地マーカム郡。その外れにある父の農場に移り住んだネイサン・ガードナーは、癌闘病中の妻テレサ、ハッパを吸うぐうたら長男ベニー、呪術オタクの長女ラヴィニア、幼い次男ジャックと共に暮
>>続きを読む

リトル・ジョー(2019年製作の映画)

2.0

バイオ企業「プラントハウス」で働く研究者アリスは、夫と離婚し思春期の息子ジョーを育てていた。いま彼女は、相棒クリスと新種の花〈リトルジョー〉を開発している。遺伝子操作で作られるリトルジョーは、厳格な温>>続きを読む

ジョーンの秘密(2018年製作の映画)

1.6

2000年5月、ロンドン。穏やかに暮らす老婆ジョーン・スタンリーが突然保安部の訪問を受け、逮捕された。容疑は国家反逆罪。機密情報を流出させた罪だ…

60年前、ケンブリッジ大学。物理専攻の新入生ジョー
>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

1.2

とあるカフェのマスター、カトウ。店を閉め、二階の自室に戻ると、突然部屋のモニターがついた。画面に映ったのは自分自身。背景は階下の店内だ。画面の中の自分は「二分後の俺」と名乗り、階下に降りてこいと声をか>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

1.7

2014年、リヨン。パリとの往復で多忙な銀行家アレクサンドルは、少年時代の忌まわしい記憶に未だ囚われていた。敬虔なクリスチャンである彼は、幼いころからリヨン教区のカトリック教会に通い、30年以上前はプ>>続きを読む

#ハンド全力(2020年製作の映画)

1.3

熊本県・国武高校のマサオは、仮設住宅暮らしの帰宅部二年生。担任は進路を決めろとうるさいが、マサオの関心はスマホだけ。インスタで何とか「いいね」を稼ぎたいのだ。ある日、中学時代ハンドボール部でみせた3年>>続きを読む

カサノバ ~最期の恋~(2019年製作の映画)

1.1

1760年代ロンドン。パリからやってきたジャコモ・カサノバは、晩餐会でマリアンヌという若い女を見初めた。誘うような態度から、すぐに彼女をモノにできそうだと感じたカサノバだったが、なかなか上手くいかない>>続きを読む

銃2020(2020年製作の映画)

1.2

ストーカーに追われて雑居ビルに逃げ込んだトーコは、ビルのトイレで銃を拾う。シルバーステンレスのフレーム、残弾四発のコルト・ローマンだった。トイレで血を洗い流していた「バーの男」が銃について何か知ってい>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

1.5

80年代、千葉…ツッパリ文化最盛期の頃。軟葉高校の金髪・三橋とツンツン頭の伊藤は、喧嘩最強で鳴らしたコンビだ。彼らが以前戦った「開久高校」では、悪名高い「北根壊高校」が校舎を間借りすることになり、当然>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

1.9

三隅秋子はシングルマザー。幼い息子・周平と暮らしているが、その生活は荒れている。定職にも就かず、家族知人にカネを借り、そのカネはパチンコや男遊びに消えていく。一時期、リョウという男と付き合い、彼がバイ>>続きを読む

Knife + Heart(原題)(2018年製作の映画)

2.2



1979年、パリ。

ゲイポルノ映画の女性プロデューサー、アン・パレツ。彼女自身もレズビアンで、編集担当の女性スタッフ・ルイスとは恋人同士だが、最近仲がこじれ気味。そんな彼女のスタジオには、いつも
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

1.0

夏の甲子園一回戦。出場を果たした埼玉県立東入間高校は、強豪校と当たったため全校生徒で応援することになった。無理やり駆り出された演劇部員・安田やすはと田宮ひかるもとりあえず球場に入り、スタンドの端っこに>>続きを読む

海底47m 古代マヤの死の迷宮(2019年製作の映画)

1.5

メキシコ、ユカタン半島。女子高生のミアは冴えない女の子。ダイバーである父が再婚し、サーシャという異母姉ができたが、サーシャは彼女とあまり口をきいてくれなかった。ある日、サーシャが親友のアレクサやニコー>>続きを読む

追龍(2017年製作の映画)

1.5

1960年。一旗揚げようと香港にやってきたホウたち若者四人組は、地元ヤクザの喧嘩に加勢するなどの半端仕事で生計を立てていた。ある時、大規模な抗争現場で警察に逮捕されたホウは、警察幹部のロックに救われ釈>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

1.8

ニューオーリンズ…
黒人女性警官アリシア・ウエストは母を亡くし、故郷に帰ってきた。17歳の時に離れたこの場所は、すっかり様変わりしている。公営団地は無法地帯と化し、ハリケーンの爪痕も未だ残ったままだ。
>>続きを読む

ブリット=マリーの幸せなひとりだち(2019年製作の映画)

1.9


63歳になるブリット=マリーは専業主婦。子はなく、夫ケントと二人で40年間暮らしてきた。黙々と掃除洗濯をこなし、黙々と料理を作ってきた40年。しかし夫はそんな彼女に労いの言葉も気遣いの言葉もない。不
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

2.9

武田健一は30代のサラリーマン。妻を亡くし、2歳半の娘・美紀と2人の生活を始めたばかり。花形の営業から総務に転属させてもらい、なんとか定時上がりで保育園への送迎もこなす日々だ。くじけそうになりながらも>>続きを読む

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

2.2


大寒波襲来で路上生活者の凍死が相次ぐシンシナティ。公立図書館に勤めるスチュワート・グッドソンは、暖を取りに朝から訪れるホームレスたちにも優しく接していた。しかし、閉館時間の18時には無理矢理にでも彼
>>続きを読む

お名前はアドルフ?(2018年製作の映画)

1.7


小学校の国語教師エリザベトとその夫で大学教授のシュテファン。今日は子供たちを実家に預けて、家で食事会を催す予定である。エリザベトがインド料理の仕込みをするなか、やってきたのはエリザベトの弟トーマスと
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

1.9

2005年、ソウル郊外の都市・天安。
ヤクザ嫌いのチョン・テソク刑事は、刺殺事件現場に臨場する。深夜、ひとけの無い道に停まったクルマの中でメッタ刺しの男の死体が見つかったのだ。上司は通常の殺人事件とし
>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

1.9


グアテマラ…
豪奢な屋敷に暮らすエンリケ・モンテベルデは退役した将軍である。80年代の内戦において軍最高責任者だった彼は、反政府ゲリラ討伐と称しマヤ系先住民の村を焼き払い、大量虐殺者として起訴された
>>続きを読む

悪の偶像(2017年製作の映画)

3.0

自身が属する党の方針にも背き、原発誘致反対を唱える清廉な男ク・ミョンフェ。次期知事選に立候補するのではと噂される人気抜群の議員だ。ある日帰宅した彼は、ガレージで何やら作業をする妻の姿を発見。その傍らに>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

1.1

80年代に作られたオーストリアの低予算映画。気味悪い青年が衝動的に人を殺していくサマをただ漫然と、幼稚なカメラワークで描き続けるだけの作品。衝動的だの心臓に悪いだの、煽りすぎだよ。たしかにショッキング>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.1


1987年、ロンドン郊外の町ルートン。パキスタン移民の少年ジャベドは、詩を書くのが好きな少年。高校に進学したものの、気持ちは憂鬱だ。パキスタン人らしく振る舞うことを強要する家族第一主義の父親に逆らえ
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

1.7



南スーダンで民兵たちが学校を襲撃し、少女たちが誘拐された。ニュースに胸を痛める傭兵四人衆は、元CIAのコプリーから少女たちの救出依頼を受け現地に飛ぶ。しかしこれは罠だった。少女たちが閉じ込められた
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます


セシリアは、光学科学者エイドリアンの妻。しかしあまりのモラハラ・DVに耐えかね、夫と住む豪邸から逃亡した。妹エミリーの手を借り、知人の刑事ジェームスの家に匿われたセシリアだったが、いつエイドリアンが
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2


1994年、ソウル。中学二年の女の子キム・ウニは、クラスでも浮いた存在だった。学歴偏重主義の担任やクラスメイトについて行けず、授業中も大好きな漫画やイラストを描き続ける毎日だ。餅屋を営む両親も、大学
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

1.6

2009年 オハイオ州コロンバス。白人至上主義コミュニティで育ったブライオン(バブス)・ワイドナーは、全身にKKKやネオナチのイラストを彫り込み、グループの中心的存在としてヘイト活動の先頭に立っていた>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

1.8

州北部にある私立大に通うギャツビーは、ニューヨーク育ちの優秀なお坊ちゃま。裕福で上流志向の母に芸術・文学の素養を叩きこまれたが、反発心でギャンブルに才能を浪費している。そんな彼は、目下カノジョのアシュ>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

2.2



グラスゴー。麻薬所持で刑務所に入っていたローズリン・ハーランが出所した。彼女は、無口な娘ワイノナとやんちゃな息子ライルを抱える場末のカントリー歌手だ。母の元に預けっぱなしだった子供2人を引き取り、
>>続きを読む

一度も撃ってません(2020年製作の映画)

2.1

デビュー以来全く売れない作家、市川進は御トシ74歳。妻の年金で生活しながら、未だに小説を書いては付き合いのある出版社に送っているが、本にならず、版権料しか貰えていない。出版社側も、本来なら市川を門前払>>続きを読む

イップ・マン 完結(2019年製作の映画)

2.1

1964年、サンフランシスコ。息子チンの留学準備のためにこの地にやってきたイップ・マン。現地の高校に入学するには中国人街の移民支援団体「中華総会」の推薦状が要ると聞き、総会会長で太極拳師範のワン・ゾン>>続きを読む

NO SMOKING(2019年製作の映画)

2.0

1947年、軽妙洒脱な父と音楽好きな母の間に生まれ、洋楽の洗礼を受ける。

10代前半。周りがギター持ってるし、ボブ・ディランも好きだったしで音楽活動開始。

立教大学で出会った松本隆、大瀧詠一らと組
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

1.9

スペイン、マドリード。32年前に傑作「風味」を撮り、名監督と言われたサルバドール・マヨ。しかし四年前に母が他界、そして二年前に背骨の手術をしてからというもの、全身疼痛と鬱と不眠という三重苦で、完全な隠>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

1.8

モンタナ州の小さな町グリーンヒルズ。ここで保安官補として働くトムは、ある日物置小屋に現れた青いハリネズミと遭遇。喋りだしたら止まらない、しかも音速で疾走するこのハリネズミ、実は宇宙からやってきた生命体>>続きを読む

>|