七沖さんの映画レビュー・感想・評価

七沖

七沖

ホラー以外はなんでも観ますが、アクション映画が比較的多いかもしれません。

★1 観て後悔した映画
★2 残念ながら期待値を下回った映画
★3 また観たい、期待通りだった映画
★4 BDが欲しいと思える、期待値を上回った映画
★5 スターウォーズの特等席
という感じで点数をつけています。どうぞよろしくお願いします!

映画(274)
ドラマ(0)

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

3.5

〝守備範囲、地球。ヤツらはノリで地球を守る。〟
ワクワクするキャッチコピーだ。ガーディアンオブザギャラクシーのキャッチコピーの元ネタって、もしかしてこれか…?

実は地球には数多くのエイリアンが住んで
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

4.1

キャッチコピーは、〝『クララーー見た目に惑わされるな』〟
ちなみに自分は普通に惑わされた。

母の形見として施錠された卵型の小物入れをもらったクララ。鍵を求めて名付け親のドロッセルマイヤー邸を訪ねたク
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

1.5

〝その〈黄金〉は〈絶望〉すら焼き尽くす〟
アニゴジプロジェクト第三弾にして完結編。黄金=ギドラ、絶望=ゴジラを示した、最大の敵・キングギドラへの期待値が高まるキャッチコピーだ。

メカゴジラシティの作
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

4.0

〝本当の魔法は、あなたの勇気。〟
とても素敵なキャッチコピーだと思う。
夢に向かって行動するのも、人に思いを伝えるのも、人にちょっとした親切をすることであってさえ、勇気が必要になってくると思う。守りに
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

〝春の屋には、たくさんの出会いが待っていた!〟
絵柄が明らかに子ども向けて、劇場スルーしようか悩んだ末に観賞。ストレート過ぎて記憶に残りにくいキャッチコピーな気がするが、ひとりぼっちの主人公が仲間に囲
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

〝それは、人生を変えるステージ。〟
夢はあるけれど、機会に恵まれなかったり、環境のせいで諦めないといけないことがある。そんなすべての人たち(生き物)にもチャンスが巡ってくることを示唆する前向きなキャッ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.9

〝最も残虐な、悪(ダークヒーロー)が誕生する。〟
ホラー・グロに耐性のない自分にとって、恐怖しか感じないキャッチコピー。だが、フタを開けてみると予想外の内容に驚いた。

記者のエディは、非道な人体実験
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.7

〝娘を検索するーーはじめて知る闇〟
子どものことを全て知ることはできない、というニュアンスのセリフが劇中にあるが、まさしくこのキャッチコピー通り。SNSを駆使して真相に迫る様子に固唾を飲む!

娘が失
>>続きを読む

デスペラード(1995年製作の映画)

3.8

〝タランティーノを殺したスゴい奴。10秒に1人を葬る復讐のショータイム。 let's play!〟
なんというか、もっと良いキャッチコピーにできた気がしてならない…。

かつてギャングに恋人を殺され
>>続きを読む

WHO AM I?(1999年製作の映画)

3.7

〝新世紀成龍計画(ジャッキー・プロジェクト)始動!〟
ジャッキーらしい、その場にあった小道具を駆使したアクションがたくさんあって楽しい作品だ。

アフリカでの任務中、アクシデントで記憶を失った特殊部隊
>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.7

〝WHATCHA GONNA DO?〟
主題歌のフレーズを切り取ったキャッチコピー。何気に歌の歌詞をキャッチコピーにした映画って珍しい気がする。

盗まれたヘロインの行方を追うマイクとマーカスのコンビ
>>続きを読む

エアフォース・ワン(1997年製作の映画)

3.6

〝合衆国大統領 ハリソン・フォード〟
インパクト大のキャッチコピー。映画の中身に何も触れていないようでいて、実は映画の本質の7〜8割を表してしまっている名キャッチコピーだ。

大統領専用機エアフォー
>>続きを読む

酔拳2(1994年製作の映画)

3.8

〝酔えば酔うほど強くなる!〟
ウリが分かりやすく、そして内容も気になる、良いキャッチコピーだと思う。

酔拳使いのフェイフォンは、列車で荷物を取り違えたことで国家の名誉を左右する事件に巻き込まれていく
>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

4.5

〝雲の上に、地獄はあった。〟
子どもの時何度も観た作品。大人になった今観ても、全く退屈しない。ストーリーも綺麗にまとまっていて、90年代アクション映画のオススメを訊かれたら真っ先に推薦する一作。

>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.0

〝《ザ・ロック》へ、ようこそーー〟
直球のキャッチコピー。
ジェリー・ブラッカイマー製作の作品にハズレなしと、幼い頃に学んだ作品。

遺族への補償が不十分で恨みを抱いた海兵隊のハメル准将らが、脱出不可
>>続きを読む

スピード2(1997年製作の映画)

3.7

〝スリルと興奮が水上を走る超アクション!〟
90年代アクション映画巡り第2弾。不評が目立つ続編だが、個人的には大好きな作品だ。

アニーとアレックスは豪華客船でクルーズに出かけるが、船の自動操縦システ
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

4.3

〝ラッシュ・アワーは命がけ〟
なんか、サラリーマン川柳みたいで違和感のあるキャッチコピーだ…。
個人的には再上映にあたって公募キャッチコピーで候補の一つとして挙がった〝次、停まりません〟がわりと好き(
>>続きを読む

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

4.1

〝海は立ち上がり 都市は沈む 残るは希望のみ…〟
もし『アルマゲドン』の作戦が失敗していたら…という展開を描いた作品。両作の公開時期がかなり近い(本作の方が早い)のも興味深い。

「僕は映画で育った
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.0

〝集結せよ。地球最期の日、人類60億の明日はたった14人に託された。〟
20世紀末、当時のノストラダムスの大予言により終末ブームが漂うなか公開された、爆発魔マイケル・ベイ監督の超大作。

先日、職場の
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

〝まとめて合格、請け負います。〟
やってることはただのカンニングなのに、こんなにスリリングだなんて…!

特待生のリンは、勉強ができない友人グレースを救うため先生に気づかれないようテストの答案を彼女に
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.3

〝その約束が世界で一番のたからもの〟
悪役はいても、悪人はいない!
心が洗われ、かつ映画的な伏線回収のカタルシスもしっかり味わえる作品だった。

パディントンは大好きな叔母の誕生日に飛び出す絵本をプレ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

〝きっと見つかる、もっといいこと。〟
純度100%のファミリー向け映画だが、完成度は高い。実写と混じっても違和感のないパディントンのCGは必見だ。

喋るクマ・パディントンの故郷が地震で壊滅。パディン
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

〝毎日が、新しい。〟
このキャッチコピーは素晴らしいと思う。毎日繰り返すルーチンワーク的な日常であっても、完全に同じ日などない。文字通り、毎日が新しい日であることを気づかせてくれる。

ストーリー…と
>>続きを読む

アラジン 新たなる冒険(2015年製作の映画)

3.6

〝ランプの魔人とともに、世界を救え!〟
こんなに的外れなキャッチコピー、久々に出会った…!このキャッチコピーを信じて本編を見ると、いい意味でも悪い意味でも裏切られる。

バイトでサンタの格好をして、お
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.0

〝「バーフバリ」の原点。400年の時を越えて甦る、運命の恋。〟
またすごい熱量の映画を観た。この監督の作品は平均テンションが高すぎる。バーフバリは英雄譚だが、本作はラブストーリーがメイン。

王国の勇
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.6

〝僕の春の思い出。彼女の一生の思い出。〟
実写版はいまいちだと感じた(浜辺美波はとても良かった)が、今回のアニメ版は楽しめた。

ストーリーは実写版と同じで、膵臓の病気で余命少ないヒロインと、その秘密
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.6

〝親友のプーがロンドンにやってきた。僕が忘れていた「大切なモノ」を届けるためにーー〟
くまのプーさんに関する知識はゼロで観賞。予告編で分かってはいたが、思っていた以上にぬいぐるみ感がある。プーさんとは
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

4.7

〝黒いソフトにサングラス! 弱いものにはめっぽう弱く 強いものには、すこぶる強い 遂に出現スーパー・ロック・ヒーロー!〟
初めて観たが、すごい映画だ。この映画のジャンルを訊かれたとき、とっさに答え
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.6

〝誰もが驚愕する。これは、わずか31年前の事件--〟
『デトロイト』に心揺さぶられた人は、本作も絶対に心が動かされるのではないだろうか。少なくとも自分はそうだ。

1987年、チョン・ドゥファン大統領
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.5

〝いま…〈死のハント〉が始まる!〟
小さい時にテレビで2を観てトラウマになり、それ以降プレデター関係の映画は敬遠していた。新作も公開されるので、いい機会だと思って原点を初観賞。

ジャングルに要人救出
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

3.0

〝人喰い鮫(シャーク)×巨大竜巻(トルネード)史上最強の瞬間最大風速がついに日本上陸‼︎〟
この一週間『MEGザ・モンスター』に備えてサメ映画ばかり観てきたが、肝心のメガロドンが個人的にイマイチで、こ
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

〝悲鳴ごと、飲み込まれる。〟
普通のサメ映画だと、襲われて食いちぎられる恐怖がある。サイズが大き過ぎると襲われても丸呑みになるから逆に怖くないのでは…?という疑問の答えを求めて観賞。

未知の海溝を発
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

4.0

〝ようこそ、死のスキューバダイビングへ。戦慄の深海パニックスリラー解禁!〟
酸素ボンベの交換や潜水病などダイビングならではの要素があるため、ダイビング経験の有無によって楽しさが変わってくる気がする。
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.7

〝岸はすぐそこ。しかしーーたどり着くことはできない。〟
正統派のサメパニックムービー。サーフィンの波乗り中に現れる黒い魚影にハッとさせられる。

ナンシーはサーフィン中にサメに襲われ、近くの岩礁になん
>>続きを読む

ディープ・ブルー(1999年製作の映画)

3.6

〝恐怖、絶叫、そして…絶望〟
初めて劇場で観たサメ映画。『ジョーズ』で散々懲りたはずなのに、ついつい怖いもの見たさで観てしまう。これがサメ映画の魔力か…。

海上施設にて、アルツハイマー治療薬を作るた
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.8

〝スティーブン・スピルバーグが弱冠27歳で監督した最高傑作!〟
(映画ポスターのキャッチコピーが見つけられなかったので、DVDパッケージのキャッチコピーから引用)
小学生の頃に観て、深刻なトラウマを刻
>>続きを読む

>|