まっきーさんの映画レビュー・感想・評価

まっきー

まっきー

ハニーレモンソーダ(2021年製作の映画)

3.8

2021/7/8 丸の内ピカデリー
しゅわきゅん💛スパークナイト

2021/7/10 TジョイPRINCE品川
舞台挨拶ライビュ付

ラウーーールの超人的な美しさだけで釘付けになってしまうわけですが
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.9

2019/6/30 Filmarksさん最速試写

不運な事故、怒りが収まらない父、
大衆の興味を盾に悪意に満ちた槍で襲いかかるマスコミ、
正義の暴走、罵詈雑言の伝染はまるで棘の豪雨。
渦中とはかくも
>>続きを読む

Endless SHOCK(2021年製作の映画)

4.2

3 2021/2/1 舞台挨拶中継付 TOHO日比谷

素晴らしかった!
友人にDVDを借りて衝撃を受け、初めて生で観られたときには驚愕し、それから数年、更に進化してしかも無観客ならではのアングルで観
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.6

2 2021/1/18 @FansVoiceJP 独占最速試写

確かにあややは最強だった。
ハロプロヲタの大人たちの青春わちゃわちゃ物語。
あの曲を聴くと思い出す
共通の趣味を持つ仲間たちとの
ただ
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

4.1

1 2021/1/6 目黒シネマ

初銀幕詣は目黒シネマ、
至福の170分。
美学と孤独、友情、感涙。

バクラウ 地図から消された村(2019年製作の映画)

3.7

236 2020/12/29 シアター・イメージフォーラム

ブラジルの小さな村、何か事情を抱えながらも力を合わせて生きる村人たちがドキュメンタリー風に描かれているなぁと思いきや、急展開。
儀式を思わ
>>続きを読む

ヒトラーに盗られたうさぎ(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

235 2020/12/26 シネマ・ジャック&ベティ

チェコ、スイス、フランス、イギリス、と逃延びた
ドイツのユダヤ人一家のお話。
原作を読んでいなかったので、もっとひどい目に合うのではと
冷や冷
>>続きを読む

ジャン=ポール・ベルモンドの 恐怖に襲われた街(1973年製作の映画)

3.6

234 2020/12/26 シネマ・ジャック&ベティ

緊張感、筋肉いじり、面白かったけど、
もう少し事件自体の闇を掘り下げてほしかった。

滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie(2020年製作の映画)

3.8

233 2020/12/17 新宿ピカデリー

舞台作品の映像化、ではなく映画化。
しかも主演を務めていた方が監督。
導入的に登場させた少年と美女のくだりは着地点が見えないけど
舞台機構、演目、出演者
>>続きを読む

海の上のピアニスト(1998年製作の映画)

3.9

232 2020/12/21 目黒シネマ
いつの世も心に響く作品。
素敵なお伽噺のようで、音楽への愛と友情が熱い。
モリコーネ最高!

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

3.8

231 2020/12/16 ユーロスペース
日芸映画祭「中国を知る」

故宮での絢爛豪華な即位式、ジョン・ローンの美しさ、圧巻。
清王朝最後の皇帝で満州国皇帝となった愛新覚羅溥儀の波瀾万丈な生涯。
>>続きを読む

泣く子はいねぇが(2020年製作の映画)

3.8

230 2020/12/10 新宿ピカデリー

秋田のナマハゲ、色々な想いやハプニングを乗り越えて受け継いできたのが滲み出てる。
「泣く子はいねぇが」がこんなに切なく響くなんて。
大賀くん、人が良いけ
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.7

229 2020/12/10 バルト9

中村倫也を7倍楽しめる最高の作品。
展開や回想シーンでのパズルのピースの繋ぎ方とかも好き。

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.8

228 2020/12/8 バルト9

孤独、痛み、差別、不安、恐怖、善い人との別れ、自尊心の蹂躙、嫉妬、悪意の芽生え、人間の辛苦の幅と奥深さ。
情報不足、余裕のない中では部外者は原則排斥。
「生まれ
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

3.6

227 2020/12/7 丸の内ピカデリー試写

先日目黒シネマで犬童一心監督版を監督のトーク付きで久しぶりに観られた幸せの余韻で少し混乱。
別物ですね。
眩しいくらいキラキラのてんこ盛りキラキラ
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.8

226 2020/12/6 新宿ピカデリー

むか〜し観たと思うけどスクリーンでは初、ほぼ初見の感覚。
お馴染みのテーマ曲とブルース・リーの高めの掛け声がマッチしすぎてテンション爆上がり。
武道大会に
>>続きを読む

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

3.7

225 2020/12/6 新宿武蔵野館

シャガールのようなポスターに惹かれて観てみたら、ワンシーンワンカット、引き画のパンフォーカス、構図、色彩が美しく、どこかおかしげな人間の営みを綴った写真集の
>>続きを読む

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

4.0

224 2020/12/6 シネマカリテ

良いに決まってると思ってたけど、見せ方もオシャレ、内容も学ぶところも多く、エンドロールで音楽の力と愛に泣かされた。
中古車売ってたのよねーってそれはドリーム
>>続きを読む

ポルトガル、夏の終わり(2019年製作の映画)

3.5

223 2020/12/5 早稲田松竹

余命宣告された女優が家族を集めて…って、どこか既視感。
イザベル・ユペールがいつも通りだからかな。
儚げで美しく艶めいた微笑みの裏に色々なものを秘めた感じ。
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.7

222 2020/12/5 早稲田松竹

アルモドバルの自伝的作品。
赤と水色、緑、ベルベット、インテリアや衣装の色彩、構図が眼福。
武田鉄矢が言ってたけど、挫けそうな時に励ましてくれるのは過去の頑張
>>続きを読む

王になった男(2012年製作の映画)

3.7

221 2020/12/5 ヒュートラ渋谷

黒澤明の「影武者」を思わせ、キャラクターの異なる2人の演じ分け、生まれた境遇、教育や身分がもたらす中身の違い、芽生える忠心など展開も面白い。
宮廷に仕える
>>続きを読む

切腹(1962年製作の映画)

4.1

220 2020/12/3 神保町シアター

天下泰平と武士の没落、切腹の美学と現実の死。
緩急、対比、不条理、お見事としか言いようのない大傑作。
スクリーンで観られて幸せ。
1962年当時、仲代達矢
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.6

219 2020/12/3 テアトル新宿

ジョジョがよぎった。
軍国教育も宗教も、純真な子供は信じてしまう。
人間は考える生き物で、過去を記憶し、未来を憂う。気まぐれに降りかかる幸や不幸の理由を知り
>>続きを読む

さくら(2020年製作の映画)

3.5

218 2020/12/2 新宿ピカデリー

北村匠海くんと吉沢亮くんが兄弟でしかも2人でお風呂だなんて!子役兄弟もめちゃイケメンで将来楽しみ〜とか、軽く吹っ飛ぶ展開。
ショーパン生足健康的な身体と裏
>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.8

217 2020/12/1 Tジョイ・PRINCE品川

熱くて熱くて熱くて切ない。

わが青春に悔なし(1946年製作の映画)

3.7

216 2020/12/1 国立映画アーカイブ
生誕100年 映画女優 原節子

美しいお嬢さまが恋を貫き強く成長する物語。
同一人物かと目を疑うほどの紆余曲折。
顧みて悔いのない生活、最後の清々しい
>>続きを読む

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.7

215 2020/11/29 新文芸坐

2003年に実際に起こった事件。
こういう映画で更なる不要な戦争が無くなって欲しい。
とりあえずイギリスの危機には、レイフ・ファインズ!

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.6

214 2020/11/29 新文芸坐

ある殺人事件が戦時中の暗い過去を炙り出す法廷ミステリー。
戦争という特殊な状況下の出来事を乗り越えるのは難しい。
主人公周りのサイドストーリーが少し多すぎたか
>>続きを読む

君の誕生日(2018年製作の映画)

3.8

213 2020/11/29 シネマート新宿

「ペパーミント・キャンディ」と「オアシス」の2人と聞いて、その他情報はいれずに鑑賞、大号泣&嗚咽。
繰り返し観たいのは前2作だけど、涙の量ではダントツか
>>続きを読む

滑走路(2020年製作の映画)

3.6

212 2020/11/28 テアトル新宿

忙殺…忙しいと心を亡くす。
主人公が終始追い詰められているようで息も胸も詰まる。
イジメという名の暴行や強要(犯罪)、人格否定が植え付ける恐怖や自己否定の
>>続きを読む

ニワトリはハダシだ(2003年製作の映画)

3.6

211 2020/11/28 シネマヴェーラ

原田芳雄&倍賞美津子夫婦、主題歌は宇崎竜童の「生きてるうちが花なんだぜ」なんて、「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の続編ね。
ヤクザと警
>>続きを読む

建築と時間と妹島和世(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

210 2020/11/28 ユーロスペース

こんな気持ち初めて。
お願いですから編集し直してください!
製作が大阪芸大とのことで、実際にキャンパスを利用している方々への学内紹介なら撮り下ろし映像繋
>>続きを読む

音響ハウス Melody-Go-Round(2019年製作の映画)

3.8

209 2020/11/28 ユーロスペース

歴史的な観光史跡に行った時に何も知らない子供はあまり感じなくても、歴史を知っていると重みや気配を感じ取ってしまうような、名演、名盤が数多く生まれたスタジ
>>続きを読む

生きちゃった(2020年製作の映画)

3.8

208 2020/11/27 ユーロスペース

泣いちゃった。
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」で、言葉にできない何とも言えない感情をとてもうまく表現してて大好きになってしまった大賀くん。
言葉にでき
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.8

207 2020/11/24 武蔵野館

実際の事件を基にしたお話。
開発費回収のための知財保護と医療費負担の問題。
コミカルに仕上げたのねと思いきや、ドラマティックな展開に目頭が熱くなった。
ジェネ
>>続きを読む

ウィッカーマン final cut(2013年製作の映画)

3.8

206 2020/11/23 アップリンク吉祥寺

ニコケイ版を観てたので展開は知ってたけど、ミステリー調ではなく、とてもイギリスっぽい空気感、「GODSPELL」っぽい歌と音楽、一見のどかだけどどこ
>>続きを読む

>|