まっきーさんの映画レビュー・感想・評価

まっきー

まっきー

映画(1169)
ドラマ(1)

その夜は忘れない(1962年製作の映画)

3.7

134 2020/3/24 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

戦後17年の広島。
主人公の記者は終戦記念日特集の取材で被曝者たちに会うも、意外にも明るく元気で新たなネタもなく、記事をボツにして帰京
>>続きを読む

戦争のない20日間(1976年製作の映画)

3.8

132 2020/3/22 シネマヴェーラ
ソヴィエト&ジョージア映画特集

ドイツとの戦争中の休暇の20日間。
戦況を聞かれたり、戦死を告げたり、軍事品工場に激励に行っく中、戦争映画の撮影現場を覗い
>>続きを読む

秋のマラソン(1979年製作の映画)

3.8

131 2020/3/22 シネマヴェーラ
ソヴィエト&ジョージア映画特集

主人公は翻訳家。
デンマークからの客人と毎朝ジョギングするんだけど、浮気相手のタイピスト、昔の教え子で元カノ?の新米翻訳家
>>続きを読む

しとやかな獣(1962年製作の映画)

4.1

130 2020/3/21 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

よく練られた脚本、テンポよく、緩急利かせた見事なブラックコメディ。
限られた空間で工夫を凝らした構図のカットが美しい。
タイトルロールの
>>続きを読む

妻は告白する(1961年製作の映画)

3.9

129 2020/3/21 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

登山中の事故で宙吊りになった際、夫のザイルを切ったのは殺人か緊急避難か。
法廷で裁かれる事件の裏のドロドロ。
泥沼でもズタボロでも美しく
>>続きを読む

刺青(1966年製作の映画)

3.8

128 2020/3/21 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

背中に女郎蜘蛛の刺青を彫られ、男を憎み食い尽くそうとする悪女役もまた、美しく気高くカッコよく、妖艶なのに穢れなく凛としていて、悪態吐いて
>>続きを読む

女は二度生まれる(1961年製作の映画)

3.7

127 2020/3/21 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

美しくてかわいくて品があって、もう釘付け。
色彩設計や構図も美しく、クスクスしちゃうドタバタも少しあったりと話のテンポもよくて、なんかも
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.7

126 2020/3/20 新宿ピカデリー

広瀬すずちゃん、歌までうまいのデス上指差し
贅沢にもスゴイ方々がちょこっとずつ出てて、みんな楽しそうで、大笑いからニヤニヤまで、いっぱい笑ったんデス上指差
>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.8

125 2020/3/20 TOHO新宿

高校時代に男子の先輩が校舎の屋根に登って「俺は三島由紀夫になる!」って叫ぶ事件があったので敬遠してしまい、その後随分経って「潮騒」を読んでその美しくて読みや
>>続きを読む

淪落の人/みじめな人(2018年製作の映画)

4.0

124 2020/3/20 武蔵野館

「最強のふたり」と「あなたの名前を呼べたなら」を足して2で割った感じかなと失礼な先入観を抱きつつ、うんうん、良い話と観ていたら、あの写真で涙ドバーッ
希望あふれ
>>続きを読む

人間の時間(2018年製作の映画)

3.0

123 2020/3/20 シネマート新宿

あまり前情報を入れるのが好きじゃないのでこちらも知ってる監督名とビジュアルとタイトルとで、観念的な作品かなと思って観に行ってしまったので、ビール瓶で殴られ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.5

122 2020/3/19 TOHO日比谷

Mだっけ?Lだっけ?とか
いろいろツッコミたくなるし
ほぼ読めてしまったのだけど
困ったり頑張ったり
千葉雄大くんが可愛すぎて
(特にバディに誘われたとき
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.9

121 2020/3/19 TOHO日比谷

私はその場にいない人の特にネガティブな話が苦手で気になることは本人に言う派なのでこの手の輪の中に入れない💦
世間話といえば、映画か旅行か仕事かその場にいる
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

120 2020/3/18 @Filmarks さんのご招待

黒人男子が成功するにはフィジカルを活かしてスポーツに邁進すべし!と、自身も苦労したからか厳し過ぎる父の呪縛。
抑圧、苛立ちが悲しい事件の
>>続きを読む

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

4.0

119 2020/3/17 ファイナル・カット
TOHO日比谷 IMAX

「1917」の約50年後、「娘は戦場で生まれた」の約50年前のベトナム戦争が舞台、原作は1899年発表の「闇の奥」。
死と隣
>>続きを読む

私はモスクワを歩く(1963年製作の映画)

3.9

118 2020/3/16 シネマヴェーラ
ソヴィエト&ジョージア映画特集

不思議惑星キン・ザ・ザの監督の作品。
地下鉄やワリシイ大聖堂、遊園地などオシャレスポットを舞台に、シベリヤから来た作家青年
>>続きを読む

誓いの休暇(1959年製作の映画)

3.9

117 2020/3/16 シネマヴェーラ
ソヴィエト&ジョージア映画特集

戦地での大健闘の褒美に休暇を得た若き兵士が、道中様々な出会い、そして人助けやトラブルで時間を食われ、せめて一眼だけでもと母
>>続きを読む

田園詩(1976年製作の映画)

3.8

116 2020/3/15 シネマヴェーラ
ソヴィエト&ジョージア映画特集

都会の楽団がリハーサルで滞在する田舎の農村。
牛豚鶏犬に囲まれ
井戸水を汲み上げ
庭で火を焚いて料理を作ったり
老若男女一
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

3.8

115 2020/3/15 シアター・イメージフォーラム

モダニズム建築の宝庫、インディアナ州コロンバスを舞台に、入院した父の見舞いにやってきた韓国人(サーチのお父さん)と、母子家庭の娘が出会い、建
>>続きを読む

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

4.2

114 2020/3/15 シアター・イメージフォーラム

シリアのアレッポでの5年間のドキュメンタリー。
建物を、病院をも爆撃し市民の命を奪う、そこにどんな大義があるのだろう?
街が死んでいった記録
>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

3.8

113 2020/3/15 シネスイッチ銀座

身体が自由に動かない、他の人にできることができない不条理
同じように接してもらったり、1人でできることの喜び

神野三鈴さんの深く熱い母性
明るく強く優
>>続きを読む

卍 まんじ(1964年製作の映画)

3.7

112 2020/3/15 角川シネマ有楽町
若尾文子映画祭

日曜の朝の初回というのに
老若男女大行列。
岸田今日子さんと百合からの四角関係での美しく可憐で狡猾な素晴らしいファムファタール!
196
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

3.8

111 2020/3/14 新宿ピカデリー

壮大なスケールで描く
超人プラバースさまの
超豪華PVか!
ってほど魅力満載。
ストーリーも捻りがあって面白い。
ホレちゃいますよー!

拳銃は俺のパスポート(1967年製作の映画)

3.8

110 2020/3/14 新文芸坐

マーシーとマッチの
♬アンダルシアに憧れて〜
でお馴染みだったので拝見
ヤクザの抗争絡みで追われるヒットマン
最後の対決がめちゃくちゃカッコ良かった
宍戸錠の「
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.9

109 2020/3/14 シネリーブル池袋

超遅ればせながら。
こういうファンタジーは大好き。
建築はまだまだ人をワクワクさせられる、ってとてもステキ。
日本の未来は明るいね。
映画としても、SE
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2019 「イヴの総て」(2019年製作の映画)

3.9

107 2020/3/12 吉祥寺オデヲン

オペラカーテンのような深紅を基調にしたセットと映像を巧みに利用した演出にグイグイ引き込まれた。
イヴ役のリリー・ジェームズが美しく、謙虚な田舎娘から女優へ
>>続きを読む

ガーンジー島の読書会の秘密(2018年製作の映画)

3.8

106 2020/3/9 ギンレイホール

イギリス成分多めで大好き。
リリー・ジェームズが美しい。
価値観て金銭感覚ではなく
知的好奇心と感情面で
共有できるものがあるか
ってことなのよね。
文学と
>>続きを読む

ロバと王女(1970年製作の映画)

3.7

105 2020/3/8 恵比寿ガーデンシネマ

シェルブールの雨傘、ロシュフォールの恋人たちと同じく、監督ジャック・ドゥミ、音楽ミシェル・ルグラン。
カトリーヌ・ドヌーヴがどんな格好でも走ってるだけ
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.8

104 2020/3/8 T・ジョイ PRINCE 品川

昭和っぽいんだけど、今の時代の若者たちに向けた東映作品として大正解。
画力がとても強くてうまいな、と思うところと、説明的過ぎちゃうなというと
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.6

103 2020/3/8 T・ジョイ PRINCE 品川

雨空の下、車で病院に到着する冒頭のシーン、アイデンティティーを思わせる謎めいた雰囲気でワクワクした。
なんか読めちゃうのよね〜というのをコロ
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.9

101 2020/3/7 シアタス調布

当時の記憶が蘇ってきて
冒頭から何度も涙が溢れた。
ニュースで見えていた部分と
見えてなかった現場の混乱と決死の作業。
現場の裁量よりも社内の上層部、政治家な
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.8

100 2020/3/7 シアタス調布

映画スターになりたいというダウン症の子のために企画された作品とは!
可能性を信じて夢を叶えてあげる、ストーリーも最高。
凸凹バディのロードムービーとしても美し
>>続きを読む

さらば青春の光(1979年製作の映画)

3.6

99 2020/3/6 下高井戸シネマ

原題の意味は四重人格。
邦題が抜群にオシャレ。
ロンドン、ブライトン、イーストボーンをミラーだらけの改造バイクで爆走。
モッズVSロッカーの大乱闘、
まさにフ
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.7

98 2020/3/5 恵比寿ガーデンシネマ

アニエス・ヴァルダ監督。
音楽のミシェル・ルグランはピアニスト役で出演も。
劇中映画にはアンナ・カリーナとゴダールも。
シャンソン歌手クレオが病院の検査
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.0

97 2020/3/4 T・ジョイPRINCE品川

死刑囚10人のうち9人が執行され1人が冤罪。
謎、怒りを通り越して恐怖。
圧倒的権力の不平等に大学出たての若手黒人弁護士が挑む。
一進一退を過剰演
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.6

96 2020/3/4 T・ジョイPRINCE品川

ハイジ?フランダースの犬?最後はラスカル?世界名作劇場と「荒野へ」が脳裏をよぎりました。
CGっぽさが気になりましたが、実物ワンコには過酷すぎる内
>>続きを読む

>|