manucaさんの映画レビュー・感想・評価

manuca

manuca

映画(511)
ドラマ(0)

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.0

コンパクトにまとまった。とても良い作品だと思いました。前編を通して柔らかい自然の光につつまれた綺麗な映像でした。ムダのようでムダでないカット。監督のセンスが良いのですね。

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

3.5

子供達の振る舞いがとても自然で。普通の少年が悲惨な争いに巻き込まれていく過程をリアルに感じることができました。

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.0

丁寧にしっかりと人物を見つめて。コクのある作品でした。映像もとても素晴らしかったです。監督のこれからの作品も楽しみ。

復活の日(1980年製作の映画)

3.0

こまかいツッコミは無しにして。角川映画の情熱と野望を楽しもう。劣化する事のないテーマ。興味深いシナリオで飽きさせる事のない2時間半でした。

スリング・ブレイド(1996年製作の映画)

3.5

主人公の過去や脇役たちのキャラクターが物語の中で自然に染み込んでくる秀逸な脚本だと思いました。哀しい物語ではありますが心暖かくなるシーンが散りばめられていました。監督・主演の人コーエン兄弟作品「バーバ>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

完成度の高いエンターテイメント。いろいろなメッセージが詰め込まれているとは思いますが。濃密で素晴らしい娯楽作品だと思いました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

やっと鑑賞。こだわり抜いた演出で60年代の空気を見事に表現していたと思います。映像も音楽も。監督の映画愛・エンタメ愛が伝わってきました。シャロン・テート事件は知っておいた方が楽しめます。最後こう来たか>>続きを読む

ふるさと(1983年製作の映画)

3.5

故郷を失う人たちの気持ちが少しわかる気がしました。とても美しいふるさとの風景でした。スコセッシ作品「沈黙」の長老役だったら迫力あっただろうなーと想像してみる。加藤嘉さんが素晴らしい。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.0

安定感あり。西洋版もののけ姫。音楽と映像は素晴らしい。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.0

ホアキン・フェニックスの魅力満載。ストーリーがもう少し見えてきたら良かった。

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.5

やっと鑑賞。毎度他人に説明できないストーリー展開だけど。この監督の作品は魅入ってしまいます。音楽の使い方が好きです。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.5

監督のチカラと素晴らしい役者たち。最後まで引き込まれて鑑賞しました。淡々と。観客に突きつけられるリアリズムでした。

レジェンド・オブ・リタ(2000年製作の映画)

2.5

当時の東ドイツの色褪せた感じが再現されていました。トラバントが可愛い。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

ホアキン・フェニックスの演技を味わう為だけにもう一度観たくなる。オープニングもエンディングもカッコいい。音楽が素晴らしい。センスいいなー。

ソウル・パワー(2008年製作の映画)

3.5

赤い大地/熱気/汗/欲望/リズム/パワー。「モハメド・アリ かけがえのない日々」とセットの鑑賞をオススメします。JB下品でよかったなー

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.5

寂れた街の閉塞感。多くの人が経験しただろうリアルな時。石橋静河が素敵でした。原作は未読ですがエンディングが違うとか。今度読んでみよう。

夜明け(2019年製作の映画)

3.0

ロケーションが良かった。あんなうらぶれた田舎町に異邦人として暮らしてみたいと思いながら観ていました。鈴木常吉さん演じる工場の職人さんがリアルだったなー

アイアン・スカイ(2012年製作の映画)

3.0

細かい事は気にすんな。なんでもアリのB級感。ガジェットの作りも魅力的。EUの垢抜けない感じも好。面白い作品でした。

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.0

丁寧にゆったりと。とても美しい映像でした。「水」の表現が印象的な良い作品でした。

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.5

普通の家族の2日間をただ淡々と…。素敵な景色や素敵な家で。ヒヤヒヤしたりドキドキしたり。ホッコリしたりジワっときたり。ココロに沁みる台詞も色々ありました。阿部寛の変な存在感が普通じゃないんだよなー。そ>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.5

予習その2。ジョーカーのキャラクターが魅力的。

僕たちは希望という名の列車に乗った(2018年製作の映画)

3.5

国家に翻弄される若者たちの物語。主人公の若者たちのキャラクターや各々を取り巻く環境も丁寧に描かれていました。子供への愛と国家への忠誠(平穏な生活を守るための)を突きつけられ決断を迫られる親たちの心情に>>続きを読む

>|