marnieさんの映画レビュー・感想・評価

marnie

marnie

映画(599)
ドラマ(120)

キャッツ(2019年製作の映画)

3.0

テイラーの声が素晴らしい、、、
やっぱり舞台で観てみたい、、、

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.3

「めぐり逢い」も大好きなので…❤︎

運命を信じたくなる……。

エンパイア・ステート・ビルの展望台で好きな人と待ち合わせ、人生で経験したいことのひとつです。本当に憧れが詰まっている…

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.9

雰囲気めっちゃすき!
ユリちゃんの部屋とか憧れが詰まってたし
みるめとユリちゃんのふたりの会話が本当に何気なくリアルで聞いてて楽しかった

しかしユリちゃん小悪魔すぎる…

蒼井優も可愛い…

スプラッシュ(1984年製作の映画)

4.2

ん!これ見たことあったわ!

ピュアな人魚のMadisonが可愛い❤︎
最初からグイグイいくところが面白い笑

お兄ちゃん、肝心な所で凄いイイ奴。

レベッカ(2020年製作の映画)

3.8

ヒッチコック版でも思ったことだけど ストーリーが 面白い ! の一歩手前なの……
でも以前見たときよりは 面白いって思ったから またいつか見たら感想変わるのかなとも思う。今度はまたヒッチコック版で挑戦
>>続きを読む

ブーリン家の姉妹(2008年製作の映画)

4.5

弟君が可哀想、、、

アンがフランスでの教養を身に付けて戻ってきて堂々と王を惑わしていく感じが面白かった。

王からの高価な贈り物を何度も返させる技はなかなかだなアン…

クリスティーン(1983年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

車はかっこいい。クリスティーンがボッコボコにされるシーンは勿体なー!って思った……

車より、人格がどんどん変わっていくアーニーの方がサイコパスみがあって怖かった…

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

「スピーチレス」歌うジャスミンがすきだった

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.9

ま〜〜お洒落。
『ティファニーで朝食を』のホセ役の俳優さんが出てきてびっくり。

クレオのお部屋、あんなに広いのにめちゃくちゃシンプル!
無駄なものが一切ないのがフランスっぽい。

友達と車に乗ってる
>>続きを読む

メアリーの総て(2017年製作の映画)

3.0

重く苦しく暗い。

こんな悲惨な経験………メアリーがティーンエイジャーなことが信じられない

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

シャイニングと比べたらシャイニングの方が断然好み。

特殊能力って所をテーマにして少しファンタジー寄りな感じ。

サイコホラーな雰囲気のシャイニングと別物で考えたら面白い。

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.6

解説を読んでから見るのも良し、
見てから解説を読むのも良し。

(私は後者に挑戦しましたが 鑑賞途中から限界で解説読みながら進めました…)


冒頭で「どう行動するかより 何を考えているかの方が 真実
>>続きを読む

エレジー(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

歳上に言われる「君はまだまだこれからだ」とか「未来がある」…
若いから未来があるなんて 誰が保証できる?


コンスエラの肝の座り具合…
デヴィッドに「私はあなたにとって何?」
と問い詰めるシーン。若
>>続きを読む

花様年華(2000年製作の映画)

4.5

雰囲気がすきです 色彩がツボ

チャンのメイクと服が可愛い

男と女の不都合な真実(2009年製作の映画)

3.7

おいポニーテール否定すな!!!

でも面白かった〜笑
このラブコメに似たの他にも見たことある気がするな

いろんな理論や心理学があるけど結局相性。

Tommy/トミー(1975年製作の映画)

3.8

ロッキーホラーショーに並ぶ奇怪なシーン満載。途中見るに耐えないシーンがあって辛かったけど、、、全体的に嫌いじゃない。

トミーの心の声(?)の曲、
See me, feel me, touch me,
>>続きを読む

さびしんぼう(1985年製作の映画)

3.5

百合子ちゃんめちゃくちゃかわいい !

ノスタルジック。

ニーナ ローマの夏休み(2012年製作の映画)

3.0

だらだらしながら、うとうとしながら観るのに丁度良い

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

何も言わないことが良いと思ってた……
適当に愛想笑いしておけば。


とても良い…

秋日和(1960年製作の映画)

3.9

あやちゃんのお洋服が可愛い。
この時代の女性の勤務スタイル見てるのが楽しかったな〜

小道にある定食屋、居酒屋に、地下にある純喫茶。
アパート(?)や登場人物のお部屋、インテリア。見てるのが楽しい〜

しなの川(1973年製作の映画)

3.6

私はただ情熱の末路を知りたかったの。

ーじゃあなぜ追いかけてきたんだ?

先生との思い出を作るため。

『幸せを壊す悪い癖』

なんか分からないけど分かってしまった台詞。

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

5.0

もう大好き

『ティファニーで朝食を』のホリーのような天心爛漫な女の子。でも孤独。
どちらも、「愛を売る女の子」でも「愛を知らない女の子」っていう所も似てるのかな〜

狭いアパートにおっきなベッドがあ
>>続きを読む

八月の狂詩曲(ラプソディー)(1991年製作の映画)

3.8

おばあさんのピカの話は
実際の映像が流れなくても
全てリアリティがあって
背筋がゾクっとした

田舎の夏の風景が
とっても素敵

乾いた花(1964年製作の映画)

4.2

賭場が見つかって
真っ暗な中
村木さんが冴子の手を引いて
部屋に入り
一緒に布団に入って
隠れるシーンが
めっちゃ好き

村木さん、
渋くてかっこいい

加賀まりこはもう妖精
お目目は
黒真珠のような
>>続きを読む

イグアナの夜(1964年製作の映画)

3.6

スー・リオン、『ロリータ』と同じく小悪魔少女の役。またもやおじさんとの絡み。
顔が大人っぽいから、年上に好かれる少女の役が似合う。

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

3.5

夏の夜にぴったしの映画。

食べ物美味しそうだったな〜

>|