martroniksさんの映画レビュー・感想・評価

martroniks

martroniks

https://www.facebook.com/martroniks
https://www.instagram.com/martroniks/

映画(711)
ドラマ(1)

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

2.4

ゾンビのフォーマットから外れるのは良いけど、普通の会話が出来る程度まで知能が高いのはどうかと思った。コメディとしても、笑いどころが無くてあまり楽しめなかった。
ゾンビ化してからの叫ぶ様な喋り方が、何故
>>続きを読む

ふたりにクギづけ(2003年製作の映画)

3.3

町山さんが「GREEN BOOK」を紹介されていたので、同監督という事で本作を観てみたらとても面白かった。と言うか、ファレリー兄弟を今まであまり注目していなかったので、大好きな「ふたりの男とひとりの女>>続きを読む

シスターズ(2015年製作の映画)

1.3

笑えない下品さとクソつまらない展開、そして魅力の感じられないキャラクター。特にオーバードーズのクソデブ野郎と飲酒運転しさらす主人公は最悪。時間の無駄だった。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

2.7

再鑑賞。
ファミリー向けながら迫力がある演出が効いてて、映画館で観たら楽しいだろうなと思った。CGがチャチさを感じるところも無くもないが、ギリギリ現代にも通用するクオリティだと思った。幼いキルスティン
>>続きを読む

ブラックライダー(1986年製作の映画)

3.3

若いトミーリージョーンズと氣志團みたいな髪型のリンダハミルトン出演の、いい感じにB級な80年代カーアクション映画。
この映画の肝となる「ブラックムーン」という車が、80年代的未来感バリバリのデザインで
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

2.5

全く興味無かったが、娘が行きたいというので鑑賞。
最近のアニメ作品に興味はあれど全く観れてないのでよくわからないが、CGでの表現が凄く美しくて驚いた。ストーリーはとても分かり易い少女の成長譚だけど、死
>>続きを読む

アメリカン・パロディ・シアター(1987年製作の映画)

2.6

く、くっだらねええぇ!!!
けど、意外に笑えた。
87年にしては今でも充分通用する笑い…というか、日本人好みのテイストかも知れない。不謹慎の極みな葬式ネタでくそわろた。
あとキャリーフィッシャーがかわ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

鑑賞後、拍手したいという衝動を抑えてしまったおれは死ぬべき。ああいう時に、周りの状況など関係無しに拍手する勇気や奔放さを身に付けたい。

COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック(2015年製作の映画)

1.3

一番レコードを買っていた時期が90年代前半〜半ばだった自分にとって、バンドとしてのニルヴァーナは良くも悪くも特別な存在ではあったけど、楽曲的には(良い曲もあれば駄曲もあったという意味で)普通だったと思>>続きを読む

スーパーマン(1978年製作の映画)

3.8

ピッチピチの赤パンにマント。そして横分け。
現代の美的感覚には程遠いルックスに前々から魅力を感じられなくて避けていたけど、マーゴットキダーさんが亡くなられたタイミングでのアフター6ジャンクションの特集
>>続きを読む

ゾンビ/ディレクターズカット完全版/米国劇場公開版(1978年製作の映画)

3.6

ハロウィンの時期にもなるとゾンビコスプレの大安売りになる事に前々から嫌悪感を持っていたのでゾンビ映画も意識的に避けていたけど、さすがにこの作品は面白かった。
現代人のメタファー云々という事抜きで、とに
>>続きを読む

聖者たちの食卓(2011年製作の映画)

1.9

「南インドの"黄金寺院"では、宗教も人種も関係なく毎日10万食のカレーが無料で振舞われている」という説明を読んだ時の驚き以上の事を、本編を観ても感じられなかった。
衛生観念的な疑問と意外に水が豊富なん
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

2.1

JSBEとThe DAMNEDの楽曲にはアガったけど、映画としては微妙。というか乗れなかった。
面白くない訳ではないけど特別なものでもないというか、観ても観なくても良い作品かなと個人的には思った。

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

3.3

別居してる実父と継父がライバル関係になるコメディ。マークウォールバーグが超人過ぎてあまりリアリティは無いけど、なかなか楽しかった。個人的には、感電ネタに妙にハマってしまった。あの雑な感じとか最高。
>>続きを読む

生きてこそ(1993年製作の映画)

2.6

1972年に飛行機が高山で墜落した実話をベースにした作品。
生き残りをかけて凄まじいサバイバルをしている。正直、自分なら速攻で心が折れて諦めてる状況だと思うが、人肉を食ったりありあわせの装備(?)で徒
>>続きを読む

テン・カヌー(原題)(2006年製作の映画)

2.5

アボリジナルカルチャーに興味があるので鑑賞。
日本語化されておらず、英語字幕で観るしかなかったので細かいニュアンスが分からなかったのが残念だけど、シンプルなストーリーなので大体把握できた。多分。
なん
>>続きを読む

タイムズ・スクエア(1980年製作の映画)

2.9

「ゴーストワールド」や「ノラ猫の日記」の系譜の、世間からはみ出した女性コンビもの。「テルマ&ルイーズ」みたいな、ロードムービー感もあると感じた。
恐らく当時のNYの街並みをそのまま撮っているんじゃない
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

1.8

2D吹き替えを娘と鑑賞。
アードマンスタジオ作品という事で期待し過ぎだったかも知れないけど、それを差し引いてもやっぱり面白くなかった。
キャラクターの魅力が全体的に薄く脚本はありきたり。ポップで楽しい
>>続きを読む

ナーズの復讐/集結!恐怖のオチコボレ軍団(1984年製作の映画)

2.8

大好物な「学園ヒエラルキー闘争もの」だけど、インパクトは薄めだった。というのも、ジョック側が全く輝いて見えない(ナーズ側の方がよっぽど自由で楽しそう)ので、羨ましさが微塵も感じられずカタルシスがイマイ>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

2.8

90年代感が濃厚な(と思ったら2001年だった)、女性の成長をとても分かり易く描いたコメディ。
とにかくサンドラブロックのポテンシャルの高さがこれでもかと言うくらい炸裂している。少し過剰なくらいの品が
>>続きを読む

サボテンの花(1969年製作の映画)

3.6

「video shop ufo」一本目。
流石の町山さん解説で面白さがすごく深まったけど、難解さは無い作品なので解説無しでもかなり面白いと思う。
とにかく主演女優二人の魅力が炸裂しまくっていて、現代的
>>続きを読む

燃える昆虫軍団(1975年製作の映画)

2.7

町山智浩さんの「video shop ufo」目的で契約したthe cinemaで鑑賞。
あまりパニック物は観ないけど、かなり面白かった。
昆虫に演技をさせているのでいかんせんB級感は拭えないけど、演
>>続きを読む

311(2011年製作の映画)

1.5

未曾有の災害の記録フィルムとしても、ドキュメンタリー作家は野次馬か否かという問題提起としても、どちらの面から見ても弱く、説得力に欠け、なによりつまんねぇ。取材費を少しでも回収したいから作品化したとしか>>続きを読む

ターボキッド(2015年製作の映画)

2.5

惜しい。
世界観、ストーリー、ガジェット、キャスティング、どれも自分的には好みのものばかりだった。
それでもイマイチ盛り上がれなかったのは、アクションシーンの撮り方と演出が良くなかった事に尽きる。かな
>>続きを読む

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

2.8

小学生が大喜びしそうなエログロ下品ネタてんこ盛りのコメディ。こういう作品を作るのは簡単そうだけど、面白くなるかどうかの全てはセンス次第だと思う。そういう意味ではセンスは悪くなく、かなり笑えた。
それに
>>続きを読む

モンスターズ/地球外生命体(2010年製作の映画)

1.7

ギャレスエドワーズが評価されるきっかけになった作品とどこかで聞いたような気がしたから期待が過剰だった。それにしても地味過ぎだと感じたし、この作品ならではと言えるようなポイントが見当たらず、端的に言って>>続きを読む

(1954年製作の映画)

3.3

共感は出来ないけど、ザンパノみたいな奴いるよな〜と思った。粗暴で自己中で取り返しのつかない事をしてしまうけど、どこか優しさも持っている不器用な奴。終盤の展開には、あまりに身勝手で思わず苛立ちを感じてし>>続きを読む

君よ憤怒の河を渉れ(1976年製作の映画)

2.5

中野良子さんが健さんと洞窟でファックした後、身支度を整えに家に戻って大滝秀治とモメて、出て行くのを引き止める秘書にビンタする時のタイミングと音がたまらなく好きだ。
ストーリーは忘れた。

アントマン(2015年製作の映画)

2.8

期待してなかったけど面白かった。
ただ大きくなったり小さくなったりするんだろうと思っていたから、良い方に裏切られた。アリを従えてたり、基本的な戦いは普通の武術を使っている所が良い。 全体的に楽しかった
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.8

ものすごく久しぶりに再鑑賞。
自分的に、いかにも好みそうな作品なのにあまり印象に残っていないのは、サマーのキャラクターが受け入れられない事に尽きる。
価値観が古いのかも知れないし本作が意図する事を汲み
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.5

面白い!
オチがどんでん返しで有名だから逆にオチが読めるみたいな所はあるけど、それでもしっかり面白かった。素晴らしい脚本。キャストもバッチリだし、ノアール的な雰囲気も凄く良い。
難点を挙げるとしたら、
>>続きを読む

はじまりはヒップホップ(2014年製作の映画)

3.1

歳をとってから新しい事にチャレンジするのはとても素晴らしい事だとは思うし、この作品に出てくる老人達のある種の痛快さは観ててとても楽しかった。
でも老人達より、介護士(?)で振付担当のビリーさんの方が気
>>続きを読む

Mr.BOO!ギャンブル大将(1976年製作の映画)

2.9

シリーズの中では比較的めちゃくちゃさが低くておとなしめで、印象的なシーンも少ない(ワニクイズとかドミノ+麻雀の筒子みたいなパイでやるゲームのシーンとかあるけどね)作品だけど、とにかく広川太一郎のフリー>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

おまえはおれか映画以外のなにものでもない。
言うても、ネイディーンは比較的裕福と言えるしルックスが悪い訳でも無いので、「ゴーストワールド」や「ナポレオンダイナマイト」ほど心打たれた訳ではなかった(映画
>>続きを読む

天使の分け前(2012年製作の映画)

2.2

つい最近、ウイスキーにハマり出したので鑑賞。
もっとウイスキーそのものについてだとか蒸溜所でのノウハウが出てくるかと思っていたので、そういう意味では期待はずれだった。
ストーリー展開にも、どうもスッキ
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

1.5

同じ96年公開の「マーズアタック」と内容がほぼ一緒でわろた。でもあっちの方が1000倍好き。

>|