se7enteenさんの映画レビュー・感想・評価

se7enteen

se7enteen

映画(288)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

アス(2019年製作の映画)

3.6

面白かった

この監督いいね

全体的にセンスが良い

キャスト陣怪演

音楽良かった

opと地下での対峙のbgmは特にいい

独特の動きも相まって不気味さ倍増

オチは途中で気付いた

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.2

予想より面白かった

お互いにサイコ

音楽も映像もいい

撮り方もアート

お陰で静かに進んでいっても退屈しない

引き込まれる感じ

アルマ役のひとちょっとジュリアン・ムーアっぽい

主演陣の演技
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.5

めっちゃ笑えた

結構ブラックコメディ

もっとはっちゃけてもよかった

R18かかるぐらい

字幕翻訳が優秀

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.2

ジェニファー美人

いつも通り前情報なしで観たら…

宇宙船が舞台のラブロマンスって感じ

もうちょいSF寄りだと思ってたから微妙だった

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.2

個人的には終盤の畳み掛けが微妙だった

可もなく不可もなくなどんでん返し系サスペンス

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.3

ノーラン作品っていうだけで無条件で見る

前情報は極力シャットアウトしてた

普通のアクション映画をできる限り難解にしてみた的な

今までのノーランは「複雑で情報量が多い」だったけど

今回は「難解」
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.5

前に見た事あるけどほとんど忘れてたので再視聴

刑事プリいいね

ストーリーは重めなんだけどアクションエンタメ色が強い

この題材ならシリアス寄りが良かったかな

ジェニファー・コネリー美人

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.5

ただのラブコメかと思ってた

意外と色んな要素が絶妙なバランスで入ってて楽しめた

主役3人の演技もいいね

Annaはハマり役

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.5

定期的に出てくる発想の勝利映画

面白かった

色んな人に勧めやすい

ただ

それ以外の感想が出てこない(笑)

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.5

宗教色のある群集劇

なかなか面白かった

キャスティングは地味目だけど粒揃い

撮り方は普通、そんなに凝ってない

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.5

意外と楽しめた

そもそもキューブリック版のシャイニングがキング要素を排除してたから

こっちの方がオリジナルに近いのかな

キング版の続編で、キューブリック版のパロディみたいな感じ

ジャックは上手
>>続きを読む

カジノ(1995年製作の映画)

4.0

何気に初視聴

スコセッシらしいというか

グッドフェローズのカジノ経営版みたいな感じ

キャスティングやそれぞれの演技も素晴らしい

磐石な映画

ただグッドフェローズの焼き増し感は正直ある

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

世界観と映像美で観せる

超世紀末

ストーリーが薄いアクション映画なのに

何故か「濃い」

相変わらずトム・ハーディは顔がよく見えない(笑)

「2」以降のヒャッハーな世界観だから

車両が魔改造
>>続きを読む

クライム・ヒート(2014年製作の映画)

4.0

硬派なクライムサスペンス

淡々とした空気感良かった

トム・ハーディ最高

神経質にキレる感じがハマりすぎ

終盤のカウンター越しの会話のシーンはシビれる

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.2

すげー良かった

別に「良い」実話ではないけど

序盤から終盤までの緊張感ある空気

ハンドヘルド中心のカメラワーク

キリアンも流石

ノーマークの監督だった

邦題は…

言うまでもないかな(爆)

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.3

意外と楽しめた

ちょっと斬新な超能力バトル物

時間や能力に制約があるのがあんまり活かされてないような

あと「その能力ホントに強いの?」てな感じのもあったな

ジェイミーとジョセフは流石のカッコ良
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.5

映像化に向いてないキング作品

CGの進化のお陰でラストでコケなくなってきた

原作読んだのだいぶ前だからほとんど忘れた

もう一度読み返したい

ジェシカ・チャステインってちょっと苦手なんだけど
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.2

いつも通りの2人

とりあえず外れない

普通に楽しめる

チャレンジャー、チャージャー、ブロンコ、インパラ

車のチョイスは絶妙

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

面白かった

正統派のミステリ映画って少ないね

脚本も構成も良かった

アナ・デ・アルマスかわいい

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.7

超久しぶりに視聴

ラッセル・クロウかっこいい

リドリー・スコットらしい撮り方

ただ

最後の決闘の皇帝側の動機?が弱い様な気が…

ホアキン若いな

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.8

ノーマークだったが意外と面白かった

ゴーン・ガールの明るい版的な(笑)

ただエミリーの動機や悪女感がイマイチ

テンポ良くてサクッと楽しめる

エクスペンダブルズ2(2012年製作の映画)

3.3

1は前に見たけど内容は覚えてない

たぶんこれもすぐ忘れる

とりあえずオールスターを楽しむ映画

ヴァン・ダムの蹴りカッコよすぎ

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.0

食人族映画なんて高校生ぶり

てか2010年代になっても作られてることが感慨深い(笑)

グロシーンもいい感じにブレさせたりして誤魔化してる

役者の演技はイマイチ

ヤハ族の村人たちはなかなかなんだ
>>続きを読む

マージン・コール(2011年製作の映画)

4.0

淡々としながらも緊迫感がある

ケビン・スペイシーやっぱいいわ

ザカリーは凄くスポック(笑)

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.2

いつも通りのデンゼル・ワシントン

そしていつも通りのライアン・レイノルズ

普通に楽しめる

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.2

続けて視聴

1作目でネタバレしちゃってるから

「一般人を装った元CIA」感が薄い

イコライザー(2014年製作の映画)

3.5

結構序盤からスーパーエージェント(笑)

もっと勿体ぶるのかと

デンゼル・ワシントンは結構同じ役というか同じ演技続けるね

テリーかわいいなと思ってたらクロエだった

意外とウィッグで分かんなかった
>>続きを読む

キュア ~禁断の隔離病棟~(2016年製作の映画)

3.4

カメラワークや画の綺麗さはなかなか

ストーリーはありきたり?

普通に楽しめるけど先は読める的な?

ラストに近づくとカメラも単調になってく

全体的に惜しい感じ

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.2

前から観たかったやつ

カメラワークや構図凄くいい

音楽不気味

てか全体的に不気味(笑)

なんかこういう映画に惹かれるんだよね

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.0

ヴェノムもそうだったけど

やっぱりヴィランは主役にしちゃうとイマイチ

ジャレットのジョーカーは意外と好き

ちょっとマリリン・マンソンっぽいけど(笑)

ストーリーもイマイチかなぁ

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

4.0

凄くノーラン(笑)

CGに注目行くけどカメラワーク秀逸

助演陣豪華

ケビン・コスナー相変わらず見た目変わんないな

アメコミ系は一通りノーランにリブートしてもらいたい

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

珍しく低予算SFで当たり

リベリオンみたいだな

この監督は低予算でアイディア勝ちするね

逆に金かけたら本領発揮出来なそう

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.2

もはやホラー要素はゼロ

軽く観れるタイムリープ

まあまあ楽しめる

最後のキスシーンでGreenDayの21GUNS思い出した(笑)

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

定期的に出てくるハイスクールホラー

なかなか面白かった

だけどホラー要素はかなり少なめ

主演の人

美人なんだけどショットによってはイマイチに映る

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作よりキャラクター寄り

続編というかサイドストーリー的な

前作の冷酷さというか冷めた感じは薄め

緊迫感は流石

正直…

個人的には求めてたシカリオじゃなかった

イカロス(2017年製作の映画)

3.7

本来の題材も面白い

途中からの路線変更はドキュメンタリーならでは

編集もなかなか

>|