正行さんの映画レビュー・感想・評価

正行

正行

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.5

ドラマシリーズ、映画2本を経てきているので、既にダー子が困った顔をしていても危なっかしささえ感じない。
映画版では、絶対絶命どうにもならない状況になったら、何ヶ月も前から、場合によっては何年も前から仕
>>続きを読む

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

3.5

予告編でよく観た「かくかくの、かくかくにより・・・」はギャグだとすぐ分かるのですが、全編、笑うところなのか、政界のあるあるなのか微妙。
窪田正孝の一言一言に説得力のある早口秘書は絶品。

マークスマン(2021年製作の映画)

3.5

全くひねりが無く、リーアム・ニーソンの渋みだけに頼ってしまった感が有る。
敵も車1台で追っかけて来るだけだし、お互いツメも甘い。

こんにちは、私のお母さん(2021年製作の映画)

4.0

なんとまあ、途中で涙がボロボロ出てきたよ。
ありがとうお母さん。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.0

途中で拍手が起こった作品は久しぶり。
出演者全員にありがとう。
失敗だらけの魔術師と優しすぎるクモ男の運命やいかに。

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.5

ディカプリオとジェニファー・ローレンスを観ているだけで飽きない。
ストーリーはありきたり。

コレクターズ ~ソウルに眠る宝刀を盗み出せ~(2020年製作の映画)

3.5

予備知識無く鑑賞し、勝手にお宝探しものだと思っていたら詐欺師寄りの作品だった。ドンデン返しのラストはお正月にはちょうど良い感じ。
そうか、ちょっと神経質そうなユン室長は『潔白』の弁護士姉ちゃんだったか
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

4.0

ある秘密が明らかになった時には驚いた!
傷心の時に心配して駆けつけてくれたり、何でも語り合える友人ができただけでも良い人生。

ザ・フォッグ(1980年製作の映画)

3.5

公開当時、あんまり怖くなかったけど、やっぱり怖くなかった。
一番怖いのは神父様の顔。

99.9-刑事専門弁護士‐ THE MOVIE(2021年製作の映画)

3.5

真実にしか興味がない深山には共感できず、敵役かと思っていた南雲こと西島秀俊の心からの叫びに心がジーン。
相棒の杉咲花の役どころが面白い。
しかしながらこの作品のオチ、既に使い古されたものではないか?

雨とあなたの物語(2021年製作の映画)

4.0

積極的にアプローチしてくる二浪仲間のスジン、姉の文通相手に恋をしてしまったソヒ、病気で指先しか動かせない寝たきりのソヨン。
いい娘ばかりでみんな幸せになって欲しい。
まさかまさかのラストの事実。
しか
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.5

誤解の積み重ねで悩むエヴァンに同情するも、思い出の作り話や数多くのメールの偽造で冷めてしまった。

私はいったい、何と闘っているのか(2021年製作の映画)

3.5

何十回も観てきた予告編からはコメディかと思っていたが、かなり重い作品だった。
優しすぎる男、春男。
家庭も仕事も、その決断、その人生は正しかったのか?
少なくとも野球の試合で流しそう麺は不正解。

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.5

前2作と同じテンションを期待すると裏切られる。
中盤の悲劇が悲劇すぎてその後の展開を素直に楽しめなかった。

劇場版 呪術廻戦 0(2021年製作の映画)

4.0

良い作品に仕上がっていると思う。
所々で入る乙骨くんの小気味良い突っ込みが楽しい。同級生3人も最高だ。

レイジング・ファイア(2021年製作の映画)

3.5

とことん正義を貫くドニー・イェンがニコラス・ツェー一派と対峙する。
ドニー・イェンの蹴り姿は、もはや芸術の域。
観ていて切ないストーリー展開、ラストのニコラス・ツェーの言葉に涙。
ベニー・チャン監督ど
>>続きを読む

仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ(2021年製作の映画)

3.5

謎解き的なストーリーと、絶望すら感じる強い敵の出現で、ここ数年で一番面白いライダー映画だった。
バイスのおチャラケ感がほどほどにいい感じ。

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.5

前日にマトリックスのIMAX版を鑑賞したばかりだったので冒頭のシーンから楽しむことができたが、復活させなくてもよかったかな。

ニューイヤー・ブルース(2021年製作の映画)

3.5

どのカップルもみんな可愛らしい。
私も異国の地で恋に堕ちたい。

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

4.5

ためにためて一気に覚醒。三つ巴の闘いに。
しかも見事に騙された。
薄ら笑いを浮かべながら殺しまくる少女の姿に恐怖した。
博士が風吹ジュンにしか見えない。

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.5

デザイナーを夢見てロンドンの学校に入学した田舎娘。この設定とポスターのカッコいいデザインだけで合格点です。
夢が叶わず自殺したお母さんと何か因果関係があるのかななんて考えながら観ていましたが・・・
>>続きを読む

成れの果て(2021年製作の映画)

4.0

日本映画界の宝、萩原みのりさん主演ということで数ヶ月前から楽しみにしていた。
朝ドラ『すずらん』の萌ちゃんを演じた柊瑠美さんがお姉さんというのも良かった。観終わった感想、腫れ物に触るような、観ていて苦
>>続きを読む

ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師(2021年製作の映画)

3.5

1作目があっての2作目だけど、次々に出てくる新キャラと新たなパーティーでの冒険の旅と、1作目よりも面白かった。
嫉妬深く見栄っ張りでおちゃらけた行動ばかりだが憎めない主人公イワンが面白すぎる。
衝撃の
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.5

これは、純くんと三浦さんのお話しでもあり、純くんと亮平くんのお話しでもある。
とにかく、亮平くんの行動や言動により救われたのは純くんだけでなく、純くんを見守る観客も救われただろう。
三浦さんこと山田杏
>>続きを読む

梅切らぬバカ(2021年製作の映画)

3.5

ほっこりする作品だけど、忠さんが責められるシーンは心が痛くなる。
ぎっくり腰の忠さんに弱音を漏らしたり、説明会で力説したり、帰ってきた忠さんに抱きつく加賀まりこさんの姿にジーンときた。
でも、路に飛び
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

3.5

短くまとまっているのは良かったけど前作のほうが面白かったかな。
何で「子供」があんなにヤバくなったのかよくわからんかった。
声での攻撃も良かったけど、あんまり活躍しなかったしな〜。
でもムビチケ3種類
>>続きを読む

唐人街探偵 NEW YORK MISSION(2018年製作の映画)

3.5

東京MISSIONではコンビでランキングに登録されていたタン・レンとの前エピソード。
というか、本来は順番に観るのがベストなんでしょうね。
1位のQも謎のままです。
ラストで真顔のチン・フォンが真相を
>>続きを読む

早春物語(1985年製作の映画)

3.5

角川映画祭6本目

原田知世が思いきり背伸びした役柄を演じているのが微笑ましくもキラキラしていて、友達の仙道敦子との女子トークは観ていて恥ずかしくなるくらい可愛い。
林隆三42歳がハマってしまったのも
>>続きを読む

宮田バスターズ(株)-大長編-(2021年製作の映画)

3.5

レーザー銃を店の在庫全部買い占め、川に捨てる宮田社長切ないな〜。

BECKY ベッキー(2020年製作の映画)

3.5

決して、痛快なアクション作品ではなく、少女の意地でどんどん悪い展開に。
謎も謎のままスッキリせず。

黒い家(1999年製作の映画)

3.5

角川映画祭5本目

初日舞台挨拶並んだ時のことを思い出した。
『ハル』の舞台挨拶の時には皆無だった内野聖陽ファンが多かった。
頭がおかしくなりそうな作品。デートにオススメ。

二代目はクリスチャン(1985年製作の映画)

3.5

角川映画祭4本目

十時切って懺悔しやがれ。
志穂美悦子が美しい。

ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣(2017年製作の映画)

3.5

長身でスリムマッチョな主人公。
終始天然おちゃらけさんで、美女と家をゲット!
2作目はどんな展開になるのか楽しみ。

>|