正行さんの映画レビュー・感想・評価

正行

正行

映画(3067)
ドラマ(3)
アニメ(0)

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

3.5

捕虜デヴィッド・ボウイの美しさに魅了された大尉の坂本龍一。
こんな作品だったのね。

迷霊怪談集(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

若い女優を育ててその女優の若くて美しい顔を手に入れていく。お金では手に入らない若さへの執念。どの国でも同じような題材があるのね。

サバイブ 極限死闘(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

単なるサバイバル作品ではなく、主人公のジェーンが飛行機の中で自殺しようとしていたのがミソ。
墜落後に生き残った隣に座っていたオッちゃんと2人、雪山を歩き登り、おっちゃ
>>続きを読む

ミッドナイト・マーダー・ライブ(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

とにかく、近年脇役の多かったメル・ギブソンが主人公。
マイケル・ダグラスの『ゲーム』と同時上映希望。

ヘイティング・ゲーム 恋とキャリアの必勝法(2021年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

2つの出版社が合併した為に無愛想で几帳面なイケメンと同僚になり同じフロアで働くことになったルーシー・ヘイルの未体験ゾーン2本目。
医者にならなかったと落ちこぼれ扱いす
>>続きを読む

タイム・オブ・ヒーローズ(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

全然似ていないエリートの兄と破天荒な弟。
弟はモテモテ。
ミサイルを1基しか搭載していない戦闘機でテロリストとのバトルを繰り広げるラストは手に汗握る。

ワイヤー・ルーム(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

荒削りで突っ込み感満載だが、新しい形のアクション映画かもしれない。
ブルース・ウィリスが何かカギを握っていそうで握っていないザコキャラで、こんなやつにワイヤールームを
>>続きを読む

マンイーター 捕食(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

いかにも只者ではないなという風貌の男の娘がサメに襲われ、復讐に海に出る。
若者の一人が手を怪我して、海に入るなと言われるのに海に入って血が滲み出すあたり、安定したバカ
>>続きを読む

そして僕は途方に暮れる(2022年製作の映画)

3.5

裕ちゃんのダメ人間振りが最強で面白い。
ダメ人間が生きていけるのは周りの良い人達がお世話してくれるからなのがよく分かる。
前田敦子、中尾明慶、香里奈、毎熊克哉、野村周平、原田美枝子、皆んな良い。
ここ
>>続きを読む

イチケイのカラス(2023年製作の映画)

3.5

映画版の王道、地方住民の苦悩と企業の陰謀、政治家の介入。
みちおと千鶴の仲ってこんなに悪かったっけ?

ルーシーのセックス・リスト(2020年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

セリフは過激だが描写はライトな軽快エッチ作品。
やっていることはバカバカしいが最後の最後まで面白い。
ルーシーがキュート。

コードネーム:バンシー(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

バンデラスよりも娘が大活躍。

VETERAN ヴェテラン リベンジ(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

ナメてたジジイたちは、そんなに最強ではなかったのでイキるのはほどほどに。

ファミリー・プレイ(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

家族だなんだかんだ言ってもお父さんの言うことは絶対。
姉弟の出し物が新鮮。

CHASE チェイス 猛追(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

従来のジェラルド・バトラーであれば、敵が100人だろうが200だろうが安心して観ていられるのだが、今作品では奥さんが行方不明になりあたふた、奥さんの両親に責められあた
>>続きを読む

ヒトラーの死体を奪え!(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

自宅に押し入った謎の男をスタンガンで気絶させ拘束し、おばあちゃんが思い出話しをするところから始まるこの作品、勝手に飲みに行っちゃうやつらとは同じ任務に就きたくないね。
>>続きを読む

スモールワールド(2021年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

誘拐された幼女を追う刑事の11年。
誘拐から数年後、10歳にして既に売春婦としての生活が日常になっている少女は刑事に嘘をついて追跡をかわす。
人身売買組織を追ううちに
>>続きを読む

スナイパー コードネーム:レイブン(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

ロシア兵に妊娠している奥さんを殺され家を焼かれたウクライナの教師が軍隊の訓練を受け凄腕スナイパーに。
ウクライナからロシア兵の駆逐を誓い、スコープの中に元教え子が写る
>>続きを読む

カンフースタントマン 龍虎武師(2021年製作の映画)

3.5

70年代ブルース・リーの栄光と突然の死、そして数年の低迷を経て80年代香港アクション映画の最盛期、スタントマンは危険なスタントをしなければ食べられなかったし、危険なスタントをすることに誇りを持っていた>>続きを読む

非常宣言(2020年製作の映画)

3.5

ジェット機内でのテロ犯人との攻防戦かと思いきや、人間ドラマに重点を置いた作品だった!
愛する人を守るために機内の人達がくだした決断に涙が溢れてしまった。
そして、やっぱりイ・ビョンホンには華がある。

ヨーヨー(1965年製作の映画)

3.5

ピエール・エテックス レトロスペクティブ

タイトルの『ヨーヨー』は主人公の名前。
権利の問題で今まで上映できなかったというのがもったいない。
父親が手放した大豪邸を成長して成功した息子のヨーヨーが買
>>続きを読む

ブラック・サイト 危険区域(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

本日鑑賞した中で1番上がった作品。
世界一危険なテロリストのハチェットが隔離された軍事施設の中で逃げ出し、施設内の人間を1人また1人と血祭りにあげていく。
野放しにな
>>続きを読む

アブソリュート/服従者(2021年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

大学教授が恐怖と絶望を植え付け金髪美女を手懐けていく。
金髪美女にも教授を憎みつつ独占欲みたいなものが芽生えているあたりが洗脳の恐さ。
金髪美女失踪を追う刑事にも妹が
>>続きを読む

VIRUS ウィルス:32(2022年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

動きが速く、力が強く、凶暴でちょっと頭も働くゾンビがたくさん。施設内の母娘を襲う。
最初はいい加減なお母さんと思いきや、体を張って娘を逃がそうとする姿に涙。

CONTROL コントロール(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

未体験ゾーンの映画たち2023

覚醒したアイリーンが夫のロジャーのクローンを次々に殺していく作品。

キャプテン・ノバ(2021年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

環境破壊により荒廃した2050年の世界から2025年にタイムスリップし未来を救おうとするノバ。
政府に追われ、銃で撃たれ重傷を負うノバ。
ノバの協力者のナスはノバ救出
>>続きを読む

地縛霊 5階の女(2020年製作の映画)

3.0

未体験ゾーンの映画たち2023

親友のジーナと義理のお父さんが不倫していたことは分かった。
ベトナムのアイドル映画なのかな。

スランバー・パーティー大虐殺(1982年製作の映画)

3.5

未体験ゾーンの映画たち2023

ジージャン着たおっさんが若者達を次から次へと血祭りにあげていく。
主な凶器は電動ドリル。
悲鳴多め、出血多め、金髪美女多め、オッパイの露出多め。

死を告げる女(2022年製作の映画)

3.5

現実なのか精神的なものなのか心霊なのか観ているものを惑わそうとしているが為か、主人公に感情移入できないまま物語が進み、オチも読めてしまった。

仮⾯ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル(2022年製作の映画)

3.5

バトルロワイヤルの名の通り、龍騎、ナイト、王蛇も参戦。分かりやすいしドキドキワクワクする。
ただ、池田鉄洋さんが出てきた途端、緊張感が無くなった。映画版って、いつもゲストキャストの選定が摩訶不思議。

かがみの孤城(2022年製作の映画)

3.5

既に6人へ同じ説明をしていて7人目のこころちゃんに少々半ギレ気味で登場するおおかみ様。
正体は予想通りだったが、正体のばらしかたが反則級。

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

3.5

ちょっと大きく生まれてしまったが為に戦闘機に追われるは、めちゃくちゃミサイルを撃ち込まれるはで、生まれてからいい事無しの可哀想なラドン。
最期は火山に追い込まれ燃えちゃうという哀しいお話し。

ブラックナイトパレード(2022年製作の映画)

3.5

福田雄一監督だったら、もっと面白くできたのでは?
そろそろ佐藤二朗さんには別の演技をさせてみては?

ケイコ 目を澄ませて(2022年製作の映画)

3.5

作品の迫力、役者の迫力、素晴らしい。
体の大きい三浦友和と体の小さい岸井ゆきのが並んで鏡に向かってシャドーするところ、とても良い。

プライベート・レッスン(1981年製作の映画)

3.5

『永遠女優1960〜70年代編』
子供の頃、ゴールデン洋画劇場で観て、エロだけでなくサスペンス要素も含んでいて衝撃を受けたこの作品をまさか劇場で観ることができるとは。
当時は『エマニエル婦人』の人だと
>>続きを読む

大きな古時計 劇場版(2022年製作の映画)

3.5

17年前の作品だから松田悟志も松本まりかもとても若い。
料理人なのに真っ昼間に買い出しに出掛ける兄と病弱で絵を描いてばかりいる弟が2人でホテルを経営してるとは接客業ナメるな。
病床のおばあさん、ふくよ
>>続きを読む

>|