mash1966さんの映画レビュー・感想・評価

mash1966

mash1966

映画(1987)
ドラマ(91)

さよならくちびる(2019年製作の映画)

2.5

日本のこの手の映画にしては音楽が聴けるレベルなのでそれだけでマシな映画と言える。どんな髪型でもその美貌が損なわれない小松菜奈が素晴らしい。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.0

映像体験としては相当に凄い。それに対してストーリー面はハードボイルドミステリの王道から一歩も踏み出さない弱さなので日本映画にも似た
バランスの悪さが。

累 かさね(2018年製作の映画)

2.0

配役が発表された時は太鳳と芳根ちゃんの役が逆じゃあ?とも思ったが、太鳳が力演でバランスを取っていた。もっとエログロ方向に振れてる方が
好み。

海獣の子供(2018年製作の映画)

2.9

原作のタッチを上手く取り込んだ印象的なシーンも頻出するからアニメ化成功の部類だろうなあ。

サイキッカー 超人覚醒(2019年製作の映画)

2.0

ここまで現実のディストピア化が進んだ今見るにはリアリティの欠片すらなくて辛い出来、そんな映画を2019年に作んなよ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

同級生たちとの何気ない会話が一々イイ。高校卒業映画の新たな古典であろう。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

伝統の乳母映画。本作で主に救われるのが最も多忙なママというのが現代的?

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.0

殿主演だし、こういう本格時代劇はやはり東映に作って欲しかった。

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.7

職人キャンベルが、硬軟どちらもイケる東西の名優ブロスナンとジャッキーと組んだにふさわしい良作。

雪の華(2018年製作の映画)

1.7

岡田恵和でもLDH絡みだとこんなホンを書いちゃうのか。中条あやみは異常に可愛いが。

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

2.0

山田杏奈目当てで視聴。しかし主人公の妹役で余り目立たず、最終盤のギターを抱えた姿はゲロカワだが、映画はよくあるバンド映画

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.1

美少女、山田杏奈の黒髪と鮮血が雪景色によく映えて、その時点でもう
映画として成立している。

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.0

コレは確かに良作。高坂希太郎と吉田玲子という日本アニメ界が誇る名人二人の作品だから当然といえば当然だが。

ディテクティブ:刑事ブラッドリー(2019年製作の映画)

1.5

一件の殺人事件の発生を機に静かな町に隠れていた巨悪の存在が顕に…というベタ過ぎる展開。故に造り手の才覚がモロバレに。この映画ならではのモノが何も無いんじゃあなあ…。

ノー・サレンダー(2018年製作の映画)

2.0

留置所のスコット・アドキンスが解き放たれるまで(要は前半一時間)は退屈だが、後半部に絞って上手く作れば「ウルフ・オブ・ウォー」みたいな人間核弾頭アクションが出来たかも?

大脱出2(2018年製作の映画)

2.0

スライ&シュワの揃い踏みが売りだった一作目から既に微妙だったのにシュワは退場、スライも主役とは言いづらい状態では…。

サイコキラー・ホテル(2017年製作の映画)

2.5

被害者夫婦、サイコ・キラー双方共に感情移入出来るような魅力に欠ける。故に映画も全く面白くない。

ダブル・サスペクツ/ルーベ、嘆きの光(2019年製作の映画)

2.5

WOWOWで「ルーベ、嘆きの光」という邦題で放映。移民の流入で治安が悪化した北仏の寂れた町で奮闘する警官たちをえがく。彼らが頑張っても物事の本質は解決しないので…というありがちな警察ドラマ。

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

2.0

[ヴィジット」「スプリット」でようやく回復した評価をもう全部吐き出したのかシャマランは。

ハード・コア(2018年製作の映画)

2.5

この顔合わせから期待出来る以上のモノが松たか子のカラオケくらいしかない。

乱暴な記録(2019年製作の映画)

2.0

WOWOWでは「乱暴な記録」という邦題で放映された典型的な"野獣刑事”映画。ベタ過ぎて、それなりに激しい事をやってるのに地味な印象に。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

ふんわりした雰囲気で掴みどころがない唐田えりかが何ともカワイイ。同じく何考えてるのか判んない東出昌大とはベストマッチ。二人共どこまで地でどこから演技なのかも判然としないのが面白い。そんな二人を俗っぽく>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

2.5

S.F.要素が中途半端で作品を面白くするまでに至ってない。

Boar(原題)(2017年製作の映画)

2.5

オーストラリアの粗野な田舎者たちが更に田舎に住んでる連中を馬鹿にし捲くる、ネイサン・ジョーンズ、ビル・モーズリー、ジョン・ジャラットと何気にキャストが充実してる豪産アニマルパニック。

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

2.5

「ダイ・ハード」パターンなんでつまんなくはないんだけど、見るからに一人でなんとかしちゃいそうなデイヴと「ダイ・ハード」パターンはミスマッチ。足かせになる娘も血縁じゃなくて弱いし。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.0

褒める人が多いのは判るケド、もうワンパンチor ワンフック欲しかった。

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

2.5

「ロボタック」の頃から観てる芽以ちゃんがタイトルに負けてないいい女ぶりを見せて隔世の感。

希望の灯り(2018年製作の映画)

2.0

どこを取っ掛かりに楽しめばいいのか判んない。

ファイティン!(2018年製作の映画)

2.5

マ・ドンソク版「オーバー・ザ・トップ」なのは判ってたケド延々と続く

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ようやく観られたコレでもう病気の再発もコロナ感染も怖くないぜ。同じく今日WOWOWで観た絶体絶命の窮地からタイムトラベルして脱するという似たプロットの「魔界大冒険」の方がスッキリした。コレはジョーカー>>続きを読む

>|