鴨さんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

鴨

映画(164)
ドラマ(19)
  • 164Marks
  • 4Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

死に戻りで死の運命を回避せよって内容。
頭がおかしくなりそうになりながらも暗くなりすぎず、B級ド真ん中スッキリさわやかな映画。
主人公が観ていて飽きないいいキャラしてる。
あと不覚にもちょっとじんわり
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.1

夏休み、バカンスを楽しむ家族の前に突如現れる謎の佇む影。
人の形をしてるのに獣のようで人形のようで明らかに異質なアス(私達)。
次に何をしてくるのかわからない表情や動き。
と、不安や緊張を煽るのがとて
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.9

和製エクソシスト。

序盤、結婚、出産と人生の絶頂におけるちょっと痛々しいほどに舞い上がった夫婦とその周囲や、見え隠れする軽薄さなど"普通の人"を描くのがとても巧み。
どんな秘密を抱えてるんだろうどう
>>続きを読む

口裂け女 in L.A.(2014年製作の映画)

1.8

つらい
中〜後半からバカ映画化してからはちょっとすきだけどやっぱつらい

トイレの花子さん 新劇場版(2013年製作の映画)

3.0

よく知るトイレの花子さんではないし恐怖度なんかは弱いけど空回りやなんやでギャグに転化しがちな低予算ホラーの中ではそうならず、ちゃんと作られていると感じた。
真っ当低パワーホラー。

燐寸少女 マッチショウジョ(2016年製作の映画)

3.0

ライトな笑うセールスマンみたいな感じ。
人怖系だけどホラー成分は薄め。
パケの女の子のコスプレ感と序盤の共感性羞恥を刺激する少年はどうにか耐えて最後まで観て欲しくはある。

残穢 住んではいけない部屋(2016年製作の映画)

3.6

ホラーとしての攻撃力は控えめだけど、ミステリーとして観ると、謎が少しずつ解けて収束していく様が面白い。

タイタンの逆襲(2012年製作の映画)

4.0

神vs神の壮大すぎる戦いもいいけど、一番アツかったのはのっけのキマイラ戦。
人よりちょっと丈夫な程度の人の身ひとつで伝説の化物に挑む。
CGの質感もよく、ドラゴンズドグマとかゴッド・オブ・ウォーが好き
>>続きを読む

スマイリー(2012年製作の映画)

2.2

めちゃくちゃ期待出来そうなクリーチャーデザインからのうん……うん……

サプライズ(2011年製作の映画)

3.0

パッケージの動物面が無駄にミステリアスなせいで変に期待をしちゃうけど中身は非常にシンプル。
身構え方さえ間違えなければB級好きなら楽しめるんじゃないかな。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

5.0

ミリタリーチックで殺意しかない、でもスタイリッシュ過ぎないジョンも敵も本当に痛そうなアクションがみどころ。
大好き。

思い出に縋ってようやく生きてる男(元殺し屋)の思い出を奪ってはいけない(戒め)

タイタンの戦い(2010年製作の映画)

3.9

純ファンタジー感溢れるギリシア神話の物語。
vs巨大サソリやvsメデューサは面白かったけどラスボスがあっさりなのが残念。

マッツいいよね……

アドレナリン:ハイ・ボルテージ(2009年製作の映画)

4.2

最高に頭悪い映画がさらに頭悪くなって帰ってきた!(褒め言葉)

毒に続き電気まで克服した人間やめた系ジェイソン・ステイサム。

アドレナリン(2006年製作の映画)

4.0

最高に頭悪い映画(褒め言葉)
止まったらしんじゃうマグロ系ジェイソン・ステイサム。

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

3.8

"このジジイ、かなりヤバい"
じゃねーよ。

「人は見たいものを見る」
その結果がこれだよ!!
切ない。

アイデンティティー(2003年製作の映画)

3.9

不穏なオープニング、不運の連鎖で集まった人々、閉鎖された空間、そして起こってしまった殺人。
"こんなところにいられるか!!"的なベタベタなサスペンスと思いきやの―

アンシーン/見えざる者(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

とりあえずインビジブル的なものではないです。
小さな町で普通の家族が透明になる病に罹っちゃったらどうなるのかという、飽くまでヒューマンドラマ。
そう身構えていれば悪くはないです。

パッケージの煽り文
>>続きを読む

メカニック ワールドミッション(2016年製作の映画)

4.0

前作未視聴でも全く問題なし。

相変わらず工作と環境を利用した戦い方がクール。
ただ、前作ラストで「彼にハッピーエンドはあり得ない」とか「いつか自らの業で驚くほどあっさり孤独にコロされそう」とか思って
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

4.0

今作のジェイソン・ステイサムは暗殺者。

入念に準備し、侵入し、工作する。
クールな仕事ぶりが見所。
そして背負った業の結末にハラハラ。

PARKER パーカー(2013年製作の映画)

3.9

今作のジェイソン・ステイサムは普通に悪人。
強盗だってしちゃいます。
裏切られたらきっちり筋通させてもらいます系ジェイソン・ステイサム。

見どころはジェイソン・ステイサムが無敵じゃないところ。
彼自
>>続きを読む