MayukoKandaさんの映画レビュー・感想・評価

MayukoKanda

MayukoKanda

映画(91)
ドラマ(7)

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.9

ストーリーはありがちなかもだけど、作り方があたらしい。全てネットの中。うむ、こんな形で、映画が一本できるんや

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.0

辛すぎて、何も言えない。
ほんの60年前、おばあちゃん達は生きていた時代に、こんな悲惨なことが起こっていたとは信じられない。
でも、そこに眼を背けず、後世に残して行くべき映画です。

「過去を忘れるも
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

言葉は多くないけれど、多くを語りかけてくるようなそんな映画。

今でこそ、このような話はオープンだが、1980年代の設定、というところがまたなんとも言えない奥深さを醸し出しているような気がします。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

よくわからない、上級者向けの映画。(良さをGoogle先生に聞きました)
ただ、松岡茉優ちゃんの演歌はやっぱ好きだなぁ

レオン/完全版(1994年製作の映画)

3.8

友人からの勧めで鑑賞。
ずーっと暗い感じで進むのがなんとも言えない味を出している。
レオンの不器用さが素敵やった。
何度かみたらまたひと味違って見えそうな映画でした

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.8

映像が綺麗。
日本人をすこし悪者にされた気分で嫌だけど、面白い話!

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.6

あまり強いメッセージ性はなかったけど、アカペラ好きにはよかった。
エミリーのお父さんのくだりとかよく分からなかった...

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.1

迫力があった。
そして今回は(前回のよく覚えてないけど)単にスーパーヒーローが世界を救う話でもなかったことがよかったなぁ。

にしても私は黒幕を見つけるの苦手すぎる

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

なんといってもレイチェルが可愛すぎる。
物語としてはありがちなパターンだったかな、、
こうやって、現実にはありえないものを出すことによるコントラストを描いて、ふと振り返らせてくれる

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.5

結構共感しながら観ちゃったなぁ。おもしろい!
映画が一昔前!!って感じ。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

最高でした。
すごく素直で、誠実で、ごく普通のよい少年。彼を囲むいろんな人たちの変化が凝縮された作品。
彼だけにスコープを当てるのではなく、その周りの人の物語にもスコープを当ててるところも良かった。
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

実話に基づいた私の好きなタイプ。
ちょっと気を張るところもあるけど、それもまたリアルなのかな。
2人の友情。言葉ではなく、その空間や雰囲気がそれを生み出してる

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

人種差別、姉妹愛が描かれた作品。
この世界から抜け出したい、と思った主人公だが、そこにある環境はなんとも厳しい。

それにしても、スウェーデン人がイケメン美女すぎてスウェーデン行きたくなる。

怒り(2016年製作の映画)

3.4

私にはちょっとわからなかったなぁ...
宮崎あおいは演技力すごすぎ

>|