Megさんの映画レビュー・感想・評価

Meg

Meg

映画(125)
ドラマ(1)

ロバと王女(1970年製作の映画)

3.0

子供の頃、真っ昼間にローカル局でやっていたのを観た記憶があるような無いような、っていう映画。
ロバの皮一匹分はたいした重量だろうに、それを着て走り回れる王女の体力はすごい。
ジャンマレー!って意識して
>>続きを読む

インドシナ(1992年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

学生の時に講堂で観た
Wikiには書いてあるのでネタバレにはならないと思うけど、海軍士官、自殺か他殺かってわからない設定だったような…でも自殺だったらあんなところに手がないと思うの

カトリーヌドヌー
>>続きを読む

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード(2016年製作の映画)

3.5

正義感の強いモーツァルトなんて嫌! と思ったけど、よく考えたらあんまりよく知らなかったので、こういう所もあったのかもしれない
モーツァルトは、私にはロードオブザリングのフロドにしか見えない。ダンケルク
>>続きを読む

ベティ・ブルー/インテグラル 完全版(1992年製作の映画)

4.0

学生の時に観た通常版では、「ベティちゃん、おかしすぎるだろう」と思ったけど、これ観たらもしかしてゾルグの方がちょっと…と思うようになった。

カポーティ(2005年製作の映画)

4.0

"The fact is, you didn't want to"
「ティファニーで朝食を」の原作者が、「冷血」を書くためにした取材を取り扱った映画。
ノンフィクション小説がノンフィクション映画の題材
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

面白かった

私だったらあそこで中に入れない
ジェイコブ、すげー
それに、私だったら彼に言われたら止める
…思い込み激しいのかな、可愛いけど

恋する予感(1994年製作の映画)

3.0

ものっすごい後味が悪いというか、気持ち悪い結末。何年たっても定期的に思い出すくらい気持ち悪い。
。。。主人公の女の子は気づいてたんじゃないのかな、と思った。

28日後...(2002年製作の映画)

3.0

驚かすだけで怖くないB級映画を期待していたのに。。。シリアス系だった。。。

ドラキュリア(2000年製作の映画)

2.0

女優陣が美人揃い。ジェラルド・バトラーが今と別人。ジョニー・リー・ミラー(のデコ)がとにかくかわいい。
。。。って感じか。

ベルベット・ゴールドマイン(1998年製作の映画)

2.0

ボウイに「訴えるぞ」と言われて話を書き直してボウイの人生との類似点を減らした映画。。。の筈ですが、どこがですか。そこまで言われて書き直したのが本当なら、煽ってるのか?バカにしてるのか?ってくらいほぼボ>>続きを読む

チャーチル ノルマンディーの決断(2017年製作の映画)

3.0

タイトル前から泣かせようとしてきた映画
チャーチルの視点からみてるけど、周りは大変だったろうなあ、とか、映画つくったのが20年前だったら嫁の葛藤は描かれなかったろうなあ、とか思う

ゲイリーオールドマ
>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.5

共産主義者の役をやったコリンファースがとにかくカッコ良かったが、大筋とは関係ない

幻の城/バイロンとシェリー(1988年製作の映画)

2.0

ヒューグラント目当てで観て、バイロンに興味を持つことになった映画
内容は特に脚色もなく実際にあったとされていることを並べているだけなので、盛り上がりは無いけれど、割りと好き

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.2

猫映画と聞いていたので、そのつもりで観た。面白かった。
けど、白龍と丹龍の見分けがつかなかったので筋を勘違いしているかもしれない。あとは春琴が若返った松坂慶子にしかみえなかった

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.0

こういうの好き
そして、ミラジョヴォヴィッチがとにかく可愛い

衣装はゴルチエ。包帯衣装にゴルチエらしさを探す

クイルズ(2000年製作の映画)

3.5

怖いよ~
画面は綺麗…なんだけど気持ち悪いよ~

インソムニア(2002年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルですごく期待したのに、まさかの「白夜でずっと明るいから眠れない」で始まったので序盤で飽きた

ロビンウイリアムスがなんか問題起こした後の復帰作で、「もう善人役は似合わないから悪役で復帰」とかだ
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

-

疲れすぎて笑いの沸点がとても低いときに観た
始まって5分で荒筋と結末が予想できる程度の内容を、ずっと深刻な顔で演じているのがツボにはまった
こんなに笑った映画はほかにない

ボクシング・ヘレナ(1993年製作の映画)

1.5

キムベイシンガーが「無理」といって降板して訴えられたので有名な映画
「そんなに無理なのか」と期待して観て、「ハア」で終わった思い出

アラクノフォビア(1990年製作の映画)

2.0

蜘蛛が嫌いだけど、眺めの良い部屋にはまっていたので、ジュリアンサンズにひかれて勇気を振り絞ってみる

…怖くなかったよ?

>|