Megさんの映画レビュー・感想・評価

Meg

Meg

映画(111)
ドラマ(1)

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.5

共産主義者の役をやったコリンファースがとにかくカッコ良かったが、大筋とは関係ない

幻の城/バイロンとシェリー(1988年製作の映画)

2.0

ヒューグラント目当てで観て、バイロンに興味を持つことになった映画
内容は特に脚色もなく実際にあったとされていることを並べているだけなので、盛り上がりは無いけれど、割りと好き

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.2

猫映画と聞いていたので、そのつもりで観た。面白かった。
けど、白龍と丹龍の見分けがつかなかったので筋を勘違いしているかもしれない。あとは春琴が若返った松坂慶子にしかみえなかった

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

4.0

こういうの好き
そして、ミラジョヴォヴィッチがとにかく可愛い

衣装はゴルチエ。包帯衣装にゴルチエらしさを探す

クイルズ(2000年製作の映画)

3.5

怖いよ~
画面は綺麗…なんだけど気持ち悪いよ~

インソムニア(2002年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルですごく期待したのに、まさかの「白夜でずっと明るいから眠れない」で始まったので序盤で飽きた

ロビンウイリアムスがなんか問題起こした後の復帰作で、「もう善人役は似合わないから悪役で復帰」とかだ
>>続きを読む

サイン(2002年製作の映画)

-

疲れすぎて笑いの沸点がとても低いときに観た
始まって5分で荒筋と結末が予想できる程度の内容を、ずっと深刻な顔で演じているのがツボにはまった
こんなに笑った映画はほかにない

ボクシング・ヘレナ(1993年製作の映画)

1.5

キムベイシンガーが「無理」といって降板して訴えられたので有名な映画
「そんなに無理なのか」と期待して観て、「ハア」で終わった思い出

アラクノフォビア(1990年製作の映画)

2.0

蜘蛛が嫌いだけど、眺めの良い部屋にはまっていたので、ジュリアンサンズにひかれて勇気を振り絞ってみる

…怖くなかったよ?

ラビリンス/魔王の迷宮(1986年製作の映画)

3.5

当時のインタビューだったか、映画バンフだったか、ボウイが自身の役づくりで、ゴブリンキングを「中年の危機」だと言っていたのが忘れられず、若作りの衣装も、十代の子供に入れあげる姿も悲しい気持ちで観てしまう>>続きを読む

JFK/最後の真実(1992年製作の映画)

1.0

映画館で寝た唯一の映画なので筋はわからない。
最初にアートガーファンクルかフィルコリンズがエキストラで出てたような。記憶違いかな。

トラヴィアータ/1985・椿姫(1982年製作の映画)

3.5

オペラの映画化。
慌てて原作読んでから観たけど、違う話と思っていい。
椿姫が太くもなく、美人で良かった。

カルメン(1983年製作の映画)

3.6

オペラの映画化
良かったけど、メリメファンとしては、「ホセはこんなおじさんじゃない」と入り込めず

オスカー・ワイルド(1997年製作の映画)

3.5

スティーブン・フライのオスカーっぷりが凄い。さすが生れ変りと言われるだけある。
初めの方でオスカーが声かけてた端役がオーランド・ブルーム。

…以外覚えていない。

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

3.2

こういうの好き
だけど、神木隆之介可愛い、以外覚えていない

シングルス(1992年製作の映画)

3.0

グランジバンドが好きで、ブリジッドフォンダが好きな人向け。
そこにいるだけ演技、のミュージシャンが気になる

>|