まーさんの映画レビュー・感想・評価

まー

まー

2017年以降観た映画をメモ。採点は甘々にテキトーです。(2017年262本 2018年276本)

オールタイムベスト
①パルプ・フィクション
②スター・ウォーズ
③Love Letter
④トゥルー・ロマンス
⑤ドライヴ
⑥恋する惑星
⑦マッドマックス Fury Road
⑧レザボア・ドッグス
⑨グッド・ウィル・ハンティング
⑩イングロリアス・バスターズ

映画(589)
ドラマ(7)

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.0

三池崇史監督で実写映画化となればこんなもんでしょう。予想通り。

演じていて恥ずかしかったであろう俳優陣に拍手。虹村兄弟の岡田くんと真剣佑はキツかっただろうな…。おつかれさまです。伊勢谷友介さん、山田
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

5.0

さすが、Mr.パーフェクト、ポール・トーマス・アンダーソン。

完全にこの作品を観るのを失念していまして、Amazonプライムに出るまでスルーしてしまった体たらくっぷりを恥じます。すみませんでした。
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.5

打ち倒す者は強いが、立ち上がる者はもっと強い。

アントマン&ワスプに続き、アベンジャーズ/エンドゲームへの最高のバトン。
エンドゲームへの期待感をマックスに上げつつ、単体でもばっちり楽しめるエンタメ
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

ハネケ作品の中では割と見やすい方じゃないでしょうか。

「愛、アムール」との繋がりとか、超キュートなサイコパス少女とか、イザベル・ユペールのランカシャー・スタイル張りの指折りとか、ハネケ作品特有の厭な
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.0

にゃんこと染谷くんが超カッコよくて意外と楽しめました。

正直、お話はどうかと思う。幻術が入る時点でミステリーでもなんでもないし、幻術の設定がよくわからなかった(スイカの時は「幻術にもタネがあるもんだ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

マインドゲームを超える衝撃。久々の"こんなの観たことねぇ!"案件。
絶対に劇場で、できるだけ大きなスクリーン、大音量で観るべき作品です。

この作品のすごさは言葉では説明できません。
オスカー受賞も納
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

4.0

アンブレイカブルなのはわかったけど、じゃあなんで頭髪はブレイクされたのかという疑問。

やっと地元で公開された「ミスター・ガラス」の鑑賞前に本作を復習鑑賞。

当時は、ヒールがいないとスターは生まれな
>>続きを読む

ラブストーリーズ コナーの涙(2013年製作の映画)

4.5

大好きな作品。「エリナーの愛情」とセットで星5になります。
本作の主演の2人、ジェームズ・マカヴォイ&ジェシカ・チャスティンが「IT」続編の主演と知り、なんとなくテンションが上がったので再鑑賞。

>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.0

監督はパオロ・ヴィルズィ。主演はカナダ人のドナルド・サザーランドとイギリス人のヘレン・ミレン。いずれも名匠であり名優。この座組でフロリダを旅するロードムービー、しかも冒頭にはトランプの選挙演説が流れる>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.5

"失敗作は作り直すしかない。"
劇中に出てくるセリフが特大ブーメラン。

説明台詞と回想が延々と続く展開にうんざり。
VFXも三池クオリティ。廃屋や竜巻などやはりリアルとのつなぎ目が不自然で萎えてしま
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.5

"映画を作るのに誰の許可もいらない"

ロレックスのアカデミー賞スポンサーCMのコピー。まさにこれ。

いやー面白かったです。フィルマのおかげで、例によって完全ネタバレされて観たのですが、お話はもちろ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

5.0

全てにおいて美しい映画でした。
基本ど直球の青春恋愛映画です。

「キャロル」と同様、本作をLGBT映画に括ってしまうのは間違いだと思います。敢えてそこに位置付けるなら古代ギリシャの同性愛を現代に置き
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

2.5

キャメロン&ロバート・ロドリゲス、両者とも大怪我。(あくまで私個人の感想です。)

映像の美しさ、特にアリータの実在してる感はその違和感(アバター感)も含め素晴らしかったです。
アクションも概ね期待通
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.0

ハンガーゲーム程では無いですが、尻すぼみ感がすごいシリーズ。
キャストはともかく、ビッグバジェットなので絵は豪華でそれなりに楽しめました。
ただ、これはもうメイズでもランナーでも無い!笑

メイズラン
>>続きを読む

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

4.5

トランスジェンダーではなくマリーナという一人の女性の物語。
原題のまま「ファンタスティック・ウーマン」でも良かったし、なんなら「ワンダー・ウーマン」でも良かったと思うんです。とにかく強い、かっこいい。
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

2.0

お話は面白いのですが、演出が控えめに言ってもクソダサい。特にあのインタビュー形式の、実質のモノローグはなんなんですか。寒過ぎます。
音楽も只々うるさかったっす。

評価が高い本作を観て確信しました。私
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

5.0

何度観ても同じところで泣いてしまいます。。゚(゚´ω`゚)゚。
というか、結末を知ってるとオープニングで泣いてしまうんですよね。少なくとも4箇所確実に泣くシーンがあるんですよ。(なんかそんな謳い文句の
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

間違い無く当代一の天才映画監督、ウェス・アンダーソン。

黒澤映画の影響を受けている監督はたくさんいますが、ここまで見事なバランスで黒澤映画のエッセンスを取り込み、自身の作家性と融合させることができる
>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

4.0

スモーキン・エースとジョン・ウィックを足して二で割った感じ。大好物です。

というか、序盤の犬の件を見てもジョン・ウィックを意識してるのは明白です。マッツ様のルックもキアヌに寄せてますし。笑

アクシ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

原作未読ですが、面白かったです。

絶賛されているVFXはMCU、特に同じような飛び方のアイアンマンと比べるとだいぶ不自然な感がありつつも、かなり頑張っていた印象です。

シシガミによる一連のテロシー
>>続きを読む

わたしは、幸福(フェリシテ)(2017年製作の映画)

4.0

ベルリン国際映画祭銀熊賞、米アカデミー賞外国語映画賞ノミネートのセネガル映画。舞台はコンゴ共和国キンシャサ。

前半のフェリシテの目には怒りと虚しさしかありません。その言動に全く共感できなくて、正直め
>>続きを読む

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.5

劇場鑑賞以来2度目の鑑賞。
劇場で見たときはゴリゴリのシャマラン信者だったこともあり、めちゃくちゃ面白かったと記憶してましたが…

結末を知っていると恐ろしく退屈な作品ですね。笑
シックスセンスは何度
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.5

素晴らしかったです!大奥どころかハウス・オブ・カードでした。日本版ポスターのキャッチはちょっと違うと思うぞ。笑

衣装、美術が素晴らしいのはもちろんのこと、とにかく撮影が斬新で素晴らしかったです。自然
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

うーん…

全編にわたってアクションは素晴らしかったですし、海中バトルは大迫力かつ新鮮な絵でした。これだけで映画館で見る価値は十分にあると思います。

ただ、これってお話はブラックパンサー(劣化版)で
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

2.0

本作は劇場で観る気満々だったのですが、周りのあまりの評判の悪さに観るのをやめまして、ソフト鑑賞もだいぶハードルを下げて無心で観ました。

良いところもあるけど、とにかく雑でした。うーん…(´-ω-`)
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

天才現る。

アバンタイトルからグッと心を掴まれました。この監督さん、MV出身らしいのですが、随所にそのセンスが出てましたね。中島哲也同様、合わない人にはとことん合わないでしょうが。笑

ストーリーの
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.5

劇場鑑賞をスルーした自分を激しく恥じています。素晴らしい作品でした。

多少なりとも映画作りを学んだ方、携わった方には間違いなく、絶対に響きます。

あと、女性に限らず、仕事観、人生観は普遍的なテーマ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

5.0

完璧です!
なぜ今年の賞レースに入ってこないのか不思議でなりません。(なんで?)

私、ディミアン・チャゼル監督作品はブルーレイを買って何度も観ているチャゼラーであり、ライアン・ゴズリング出演作はほぼ
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

これはこれで面白かったです。
扱っているテーマは「未来のミライ」と全く同じ。妄想大好き描写からのボスベイビー登場でこれは主人公ティムの妄想なんだなと思っていたら、いやはやまさかそう来るとは。
ただ、お
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.5

史上最大の釣り針。
イギリスの司法制度を利用した壮大な釣り針を見事にかわした弁護団が見事。

これ邦題がミスリードですよね。原題のまま「否定」でよかったんじゃないかな。
ホロコーストの存在を争う裁判で
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

5.0

オンライン試写会にて。

最高でした!
これね、オスカー取れるかはわかりませんが(個人的に今まで観た5作品の中ではダントツ)、オスカー取れなくても絶対映画館で観るべき作品です。

プロットは予想通り、
>>続きを読む

ファースト・キル(2017年製作の映画)

2.5

アナキン、久しぶりに見ましたが、フツメンですね。笑

この監督さん、「大脱走2」…もとい「大脱出2」の監督をやるということで、もう不安しかありません。
まあ、本作は脚本が素人レベルなので仕方ない気もし
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

1.0

言いたいことはわかるし、すごいことをやろうとしてるのは伝わるんですが、いくらNetflixでもこれは無い。(デアデビル打ち切りで掌返し)

説明台詞、しかも精神世界の中で延々と語られる神だのなんだの…
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.0

1作目は劇場で観たのですが、2作目以降はこちらの映画館では公開されず…
多分1作目の集客が良くなかったんでしょうな。

今作の目玉であるはずのメカゴジラ。え…こんな感じ⁉︎うーん、発想は面白いけど、求
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

2.5

インフルエンザで意識朦朧としながら見たせいか、いまいちハマらなかったです。
チャレンジングな作風は好感が持てるんですが…

というか、この本ね。原作もきっと同じなんでしょうが、言いたいことはわかるんで
>>続きを読む

タマフル THE MOVIE ~暗黒街の黒い霧~(2011年製作の映画)

3.5

タマフルリスナーなら間違いなく楽しめます。タマフルリスナー以外の方は観ない方がいい…というか観る機会はないか。笑
入江悠監督なので作りはしっかりしてます。

ブルズアイ化する腐れ文具野郎に注目。古川さ
>>続きを読む

>|