まーさんの映画レビュー・感想・評価

まー

まー

2017年以降観た映画をメモ。ホラー以外は何でも観ます。採点は甘々にテキトーです。

オールタイムベスト
①パルプ・フィクション
②スター・ウォーズ
③Love Letter
④トゥルー・ロマンス
⑤ドライヴ
⑥恋する惑星
⑦マッドマックス 怒りのデス・ロード
⑧レザボア・ドッグス
⑨グッド・ウィル・ハンティング
⑩イングロリアス・バスターズ

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

2.0

原作小説は面白いんだろうし、出光の創業者がモデルという事で、それはすごく勉強になった。

ただ、映画としてはダメでしょう、これ。構成も何もあったもんじゃない。感動エピソードの乱れ打ち。その度にいちいち
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

1.5

現在日本映画界最高の若手俳優3人を主役にキャスティングできた時点である程度のクオリティは担保される…はずなのに。どうしてこうなった。

アスファルト(2015年製作の映画)

4.5

フランス映画ってただ純粋に面白い作品が少ないというか、どちらかと芸術性やメッセージ性を楽しむ作品が多くて、それが両立してる作品って今まであまり観たことない気がするんだけど、今作はそれを覆す傑作でした。>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

4.0

名優ジェレミー・アイアンズ。
背中で泣かせられる俳優が他にいるだろうか。
ストーリーは男性と女性では捉え方が違うんじゃないかな。教授の仕掛けたサプライズはうまく行かない描写もあり、それなりのフォローは
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

4.5

色々ダメなんだけど、映画館を出る頃には「あー面白かった!ビール飲もう」となってる不思議な映画。
考えてみると、アン・ハサウェイ演じる主人公そのままじゃないか、この映画自体が。しかもしかも、ラストの決着
>>続きを読む

ニューヨーク・ギャングスター(2015年製作の映画)

2.0

ヴィンセント・ピアッツァ&パトリシア・アークエットのボードウォーク・エンパイアキャストが、マイケル・ピットの「ニューヨーク ザ・ギャング・シティ」と同時期(ゴッティ裁判)に起きた事件を描く…って偶然じ>>続きを読む

MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間(2015年製作の映画)

4.0

ドン・チードルとユアン・マクレガーのバディムービーであり、落ちぶれたミュージシャンのワンスアゲインものでもあるので、マイルスの事を全く知らなくてもバッチリ楽しめる素晴らしい出来に仕上がってます。
ドン
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.5

なんか既視感があるなーと思って観てたら、プリンセストヨトミと同じ座組なのね。脚本も同じ方。戦国パートも大河みたいなチープさは無く、普通に面白かった。

ただ、堤真一さんの信長はどう見ても良い人で、その
>>続きを読む

ニューヨーク ザ・ギャング・シティ(2014年製作の映画)

3.0

マイケル・ピット主演、実話ベースのマフィアものってだけで最高なはずなんだけど、強盗シーンがコメディタッチだったりしてイマイチ乗れなかったです。

アンディ・ガルシアは歳を重ねて大物マフィア感がいい感じ
>>続きを読む

ジェーン(2014年製作の映画)

3.0

ギャヴィン・オコナー監督の西部劇が面白くないわけがない。
という事で期待して観たのですが、普通でした。ザ・コンサルタントやウォーリアーの方が良かったかな。
邦題も良くない。これだとジョン・ウィックとか
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

興行収入がエクソシストを抜いてホラー史上No.1。とか言ってるけど、比較対象はそれじゃない。笑
ホラーが苦手でも全然大丈夫だと思う。本当に悪いのはペニーワイズじゃなくて…我々の身近にもいる○○なんだよ
>>続きを読む

ほしのこえ(2002年製作の映画)

4.0

これはこれで素晴らしいんだけど…
長編リメイクしてくれないかな。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.0

当時観たときは、新海誠がエンタメ方向に振り切って大衆受けする作品を作ろうとしたら、ジブリゴチャ混ぜ感しかなくて大失敗したという印象。

ただ、この作品がなかったら「君の名は。」も無かったのでは…とも思
>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

4.0

新海誠の中で一番好きかもしれない作品。確かに説明不足な感はあるけど、話はそんなに難しくないでしょ 笑

舞台が私の地元青森。背景は完璧です。駅なんてほんと完コピ。
ただ、誰一人訛っていないという(パラ
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.5

私、実はアマチュアですが県大会レベルでは良い成績を収める将棋好きでして…というどうでも良い話は置いておき。

実際の棋士の姿を知っている者としての感想は、役者さんの役作りが完璧だなと。冒頭松山さんが駒
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

映画というのは映画館で見るから映画なのであって、映画館を出ればただの映像コンテンツなんだよ!

という事で基本公開日に観に行くMCU作品。今作も朝イチの回を見てきました。

このシリーズはとにかくロキ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

最高でした!

ヴィルヌーヴ監督の過去作に共通するテーマは、異なる2つの事象(対立していることが多い)が次第に混じり合って最後には境目がわからなくなる(同化する)ということだと思うんだけど、レプリカン
>>続きを読む

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.5

さすが韓国映画はレベルが高い。どのジャンルでも面白い映画を量産してるもんね。日本も見習って国が助成しないと差が開く一方だと思う。

ハリウッドの猟奇殺人もの、セブンやゾディアックに全然負けてない。ラス
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.5

2049の復習に。DVD借りに行ったら全部レンタル中…みんな考えることは同じなのね。笑 映画好きの後輩が貸してくれました。

やっぱりすごい映画。
ストーリーも世界観も凡人では絶対考えつかないし、今こ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

「プライドと偏見」を先に観ることをオススメします。原作でも良いけど、映画の方が良い気がする。
リリー・ジェームズはかわいいなー。ベイビー・ドライバーと本作で完全に恋しましたよ。笑
四姉妹がゾンビをぶっ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

これは確かに賛否が分かれる作品だと思う。
MV出身らしい、それも中島哲也監督以上に定石から外れてるんで、気持ち悪く思う人がいるのも当然かと。
個人的には、最初は戸惑い、中盤からはグイグイ引き込まれまし
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

4.5

最高!
細けえこたぁいいんだよ系映画です。
見所はジョン・バーンサルのポカーン顔w
最後にドサっと伏線回収するのは嫌いじゃない。スカッとした!

イコライザーあたりからこの手の映画が増えてきたけど、個
>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

4.0

WOWOWで久しぶりに鑑賞。何度見ても面白い。70年代ギャングものが大好物なもので。この時代ルチアーノはいなかったのかな。

ノーマン・リーダスがワンシーンだけちょい役で出ててびっくり。イドリス・エル
>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.5

原作未読です。日本のこの手の映画は大抵キツくなるけど、これは普通に面白かった。
時間の流れがきれいに1日で切れるのはおかしくないか?とか色々ツッコミどころはあるけれど、それはエミちゃん側のルールで片付
>>続きを読む

ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ(2015年製作の映画)

2.5

脚本がジョン・ローガンとは思えない退屈なお話。
まあ実話ベースで作家の話となるとこんな感じなのかな。
キャストは素晴らしかった。

そう考えると「バクマン。」は上手だったな、うん。

フェンス(2016年製作の映画)

3.0

アカデミー賞ノミネートも納得の出来。
ただ、ストーリーは全く乗れなかったかな。これほぼ葛城事件なんで、トロイを美化されると正直気分悪い。野球に例えるなら完打率0割台のクソ打者です。

パターソン(2016年製作の映画)

5.0

永遠に観ていたい映画。今年ベスト級。
元々ジム・ジャームッシュ作品は大好きだけど、また色の違うすごい作品を作りやがったな、という印象。こういう構成で作られた作品ってあるかな。作品が「詩」になってるとい
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

5.0

スパイ映画としては微妙。
途中までは「裏切りのサーカス」ぽく重厚かつ上質で、これは好きな感じ!と思ってたのに、結局話がよくわからない&オチがチープで残念な感じに。

ただ、シャリーズ・セロン様の美しさ
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

5.0

昨日WOWOWでジャック・リーチャー観てたら無性にグラン・トリノを観たくなりまして(伝わりますかね?)
今更言うことは何も無く、ほんと最高なんだけど、敢えて言うとすれば、息子さん(スコット)の扱いが今
>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

2.0

リアリティ・ラインをどこに置けばいいか困惑させられる 笑
途中、主人公が告白するシーンで少し飲み込めたけど、その後また不愉快なご都合主義が始まり…結局何を伝えたいかわからないまま。
何も考えず、ウッチ
>>続きを読む

ブラック・ファイル 野心の代償(2016年製作の映画)

2.5

ストーリーはサスペンス物としてまあまあ面白い。ただ、テンポ悪すぎ。途中何度も寝てしまった。


追記
アル・パチーノとロバート・デニーロはいくつになっても、何の役やっても目の奥に狂気を感じるのは過去作
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.5

第一幕を観て、これはまたブラピがナチ野郎どもをブチ殺す愉快な映画だ!ヒャッハー!な気分だったわけですが、途中から、えー…そっちに行くのかー…と。マリオン・コティヤールはまず幸せにならないというのもあり>>続きを読む

ベン・スティラー 人生は最悪だ!(2010年製作の映画)

3.5

邦題見ただけで完全にスルーしてたけど、これノア・バームバック監督だと知ってびっくり。しかもグレタ・ガーウィグって、「フランシス・ハ」タッグだし。てことで、Netflixにて即鑑賞。

モヤモヤしました
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

4.0

ソフト鑑賞でこれほど泣いた映画はいつぶりだろう。
ジュリアン・ムーアとエレン・ペイジはもちろん最高だけど、マイケル・シャノンが素晴らしかった。この人が味方になった時点でもう既に泣いてしまったという。笑
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

緩急のつけ方と役者さんたちの演技が素晴らしかった。若干詰め込みすぎなのと、個人的には松重さんにはもっと活躍して欲しかったけど、全体の出来はすごく良かった。ただ前作ビヨンドまでの説明が全く無いので、観て>>続きを読む

>|