みーへーさんの映画レビュー・感想・評価

みーへー

みーへー

  • List view
  • Grid view

アグネスと幸せのパズル(2018年製作の映画)

3.4

68点
175

丁寧に描いてある感じは伝わるけど若干薄味かも。それがいい気も。

ホールディング・ザ・マン -君を胸に抱いて-(2015年製作の映画)

3.7

73点
174

良かった。でももう少し自分なりに解釈してみたいから機会があれば原作も読みたい。音楽も良かった。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007年製作の映画)

3.6

73点
173

ミュージカル調好きなのでこれは観やすかった。バッドエンドも作品の雰囲気と合ってたと思う。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.9

78点
172

あまり歌ってないしストーリー的にもネタ切れ感を感じる、、。

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

4.3

85点
171

今回も楽しくいろいろ聴かせてくれた。世代集合とか胸熱。ヘイリーちゃん可愛い。

フェイシング・ザ・ジャイアント(2006年製作の映画)

4.0

80点
170

ゆるゆるとスタートするけど中盤からグッと面白くなるし泣ける。人間ドラマもアメフトも堪能できる良作。

ベイビーティース(2019年製作の映画)

3.6

73点
168

ちょっと期待し過ぎたかも。日本ではウケそうなストーリー。パパがいい味出してて好き。

ラブ・エクスペリメント(2018年製作の映画)

3.3

65点
166

なかなか興味深く観てたのにラストのガッカリ感たらなかった、、。

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)

3.8

75点
165

思ってた感じと違ったけどラストは良かった。ちょっと泣けた。フロリアン監督作品は好みなの多い。

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.5

70点
164

ストーリーより映像を楽しむための作品なのかなと。でも所々クスッとできたりする。小鳥のシーン好き。

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.5

70点
163

可愛らしくてパリらしさ満点の映画だった。ガスパールの人となりがいいなぁ。

CUBE(1997年製作の映画)

3.5

70点
162

こういう映画の良いところは理由も解答もなく考えることや感じることをこちらに残しておいてくれる事だと思う。

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

3.9

78点
161

展開が早い分すっきりして観やすい印象。余韻にも浸れる良作だった。

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

3.5

70点
159

良いストーリーなだけに各々の心の動きとかもう少し描いて欲しかったかも。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

80点
158

コケティッシュで可愛いくてなんとも愛すべきミステリーだった。好きな役者さんがたくさん出てたのも嬉しい。

アーニャは、きっと来る(2020年製作の映画)

4.7

93点
157

これは良い!美しい風景やいろんな立場の人との交流やノアくんの透明感や諸々相まってじんとくる。そして羊飼いになりたくなる。

ベルヴィル・コップ(2018年製作の映画)

3.4

68点
156

オマール・シーが観たくて。それなりに面白いんだけどストーリーがとっ散らかってる感、、。

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.8

75点
155

昔の濃厚な海外文学的雰囲気でかなり好き。ワンシチュエーションでここまで魅せるとはすご過ぎる。

ボーン・レガシー(2012年製作の映画)

3.5

70点
154

ジェレミーだけあって観応え充分。楽しめた。

ハンニバル(2001年製作の映画)

3.5

70点
153

狂気猟奇の代名詞と言えばこの人というくらい凄みがあるのに何故か憎めないレクター博士。

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

3.5

70点  ジョーカー(2回目)
150 100点
151

もう少しテンポ良くてもいいかな。いろんな人がいろいろ絡まっていくのはさすが。

小悪魔はなぜモテる?!(2010年製作の映画)

3.5

70点
149

気負わず軽く楽しめた。エマ・ストーンがとにかく可愛い。

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

3.8

75点
148

はちゃめちゃだけど面白くてハートウォーミング。ダンスバトル良かった!

アウトロー(2012年製作の映画)

3.5

70点
147

トムさん主演なら観ておこうと。なかなか渋くてシリアス。キャッシュじいさんが好キャラ。

グリーン・ゾーン(2010年製作の映画)

3.5

70点
146

ストーリーもすっきりと分かりやすいし骨太で面白かった。

マグノリアの花たち/スティール・マグノリア(1989年製作の映画)

4.0

80点
145

わちゃわちゃしててでも温かい。いろんな世代のいろんな立場の女性たちのひきこもごも。楽しかった。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.8

75点
144

観てるのがしんどくなるくらい生々しかった。その分ラスト20分がとても良かった。

リメンバー・ミー(2010年製作の映画)

3.4

68点
143

焦点を絞りきれてない感。オチをそこに持っていくのはナシかもしれない、、。

リグレッション(2015年製作の映画)

3.4

68点
142

イーサン・ホーク観たさに。題材好きなのに活かしきれてない感じで残念。

ノッティングヒルの洋菓子店(2020年製作の映画)

3.5

70点
141

可もなく不可もなくゆったりと観る向き。どれも美味しそうだし可愛いお菓子ばかりで目の保養。

フロッグ(2019年製作の映画)

4.3

85点
140

面白かった!後半になってガラッと雰囲気が変わってからのワクワクはたまらなかった。セリフじゃなくて映像で語る感じも良かった。

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.8

75点
139

多くは語られていないのに訴えかけてくるものが強い。美しい風景や住まいとストーリーの対照が好き。

>|