千足さんの映画レビュー・感想・評価

千足

千足

素直な気持ちで感想を言いたい

映画(76)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

貞子3D(2012年製作の映画)

1.1

ホラーじゃなくてアクション映画。いい加減撮り方変えるか、工夫したらって感じ

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

1.4

評判良かったから期待してみたのに、ただのネタ映画。
笑えるけどホラーとしては観なくていい。
終わり方も次回に続く的なぶん投げで最低

バトル・ロワイアル 特別篇(2001年製作の映画)

1.4

竜也の演技は良いけれど、驚く展開も無いつまらないストーリー。時代的には風刺的だったのかもしれないけれど、後に残らない作品

プレステージ(2006年製作の映画)

2.2

二人の天才マジシャンが血みどろに競い会う作品。
予告は本当に面白そうだったのに、期待外れだった
オチは賛否分かれるだろうけど、個人的には嫌い

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

2.6

シュールレアリズムの作品。要は理解させる気が無い。
長回しの撮影は好みだし、部屋から出る気が無くなるという状態から抜け出す方法もお洒落だけれど、娯楽映画というよりは芸術作品。
芸術もご落胆だけれど

アイアンマン3(2013年製作の映画)

2.4

やっぱりトニーの責任。もうお前がいない方が世界は平和なんじゃないかって思うレベル

アイアンマン2(2010年製作の映画)

2.6

トニースタークというキャラクターはやはり魅力的。だけれどMCUは敵に魅力が薄い。原因はだいたいトニーのせい。もう少し考えてほしい

SING/シング(2016年製作の映画)

3.1

字幕でも吹き替えでも楽しめる。ストーリーは平凡だけれど、音楽は良い。ゴリラの歌唱シーンの演出は良いけれど、父親はもう少し早く来い

アントマン(2015年製作の映画)

1.2

ストーリーもアクションも退屈。MCUの中で一番苦手

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

現実の映像にゴジラのCGが綺麗にマッチしていて、映画館にいたのに緊迫感を覚えた。
怪獣映画の雑なテーマとは違い、リアリティのある作品。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

2.5

金はかかっているし、やはりアクションは邦画の中では抜群。
EXILEで食わず嫌いするには勿体ない

HiGH&LOW THE MOVIE(2016年製作の映画)

2.0

キャラクターや企画。アクションは迫力があって良い。
あきらの演技はやばいけど、殴られる度に回想シーンに入るのは正直ワロタ

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!(2012年製作の映画)

1.9

昔の特撮キャラをリメイクするのが流行ってたせいで、敵がキョーダインになってしまった。
映画だからこそなシーンはあるけど、テレビシリーズに比べるとつまらない

仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ 運命のガイアメモリ(2010年製作の映画)

4.2

平成二期最高の傑作。
仮面ライダーらしい暑いシーンが多く、子供に戻れた作品。
ライダーシリーズへのリスペクトも素晴らしい

劇場版 仮面ライダーキバ 魔界城の王(2008年製作の映画)

2.4

仮面ライダーから離れてしまった作品。
高校生になったときに全部観たけれど、なんだかんだ面白かった。
映画もそこそこ。

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!(2007年製作の映画)

3.2

仮面ライダーに引き戻してくれた作品。イマジンの掛け合いは良いし、健君の演技が何より素晴らしい。
家族で楽しめるホッとな作品

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE(2006年製作の映画)

2.2

カブトは好き。映画は微妙。ストーリーも気持ちがついて行かず、クロックアップされた感じ

劇場版 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)と7人の戦鬼(2005年製作の映画)

3.0

尺があればかなりの良作だった。歌舞鬼の葛藤は涙腺を刺激するし、響鬼とのアクションも至高。
ただやはり尺が足りない

劇場版 仮面ライダーブレイド MISSING ACE(2004年製作の映画)

2.9

面白いけれど、ファイズが大人になってからも楽しめる作品なだけあって劣る。今になって観ると、子供だましな謎解きや演出だと感じた。
最後のシーンが意味不明で好き

>|