ミキオカさんの映画レビュー・感想・評価

ミキオカ

ミキオカ

映画(166)
ドラマ(0)

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.8

これが実話だなんて、凄い女性が居たもんだと驚嘆した。
女性軽視発言には私も敏感なので、共感を覚え応援した。
素敵な女性に素敵な旦那様!そして素敵な子供たち。良い映画です。

はちどり(2018年製作の映画)

3.5

「わたしたち」に出てくる子が同じような役で笑った。
良いとの評判で観に行ったが、期待し過ぎた感はある。
あんな家族嫌だ、あんな学校の先生嫌だ、出てくる人々皆嫌な奴ばかりで萎えたが、塾の先生だけが救いだ
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

3.6

今や母親役もこなすスカヨハの若き時代の作品。JKのスカヨハが見れる!可愛いかったな〜

こういうJK沢山いる。実際私もこういう類の人間だし、理解出来るんだけど、歳を重ねた今見ると、イライラしてしまうね
>>続きを読む

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.7

エドワードノートンが凄い俳優なのは周知の事実だが、また改めて、素晴らしい監督兼俳優なのだと思い知らされた。

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

3.7

人形が彼女って、普通は引く。
なのに義姉が優しい。町の人たちも優しすぎて泣けた。
あんな町に住みたい。
ラースを好きな女の子が居て嬉しかった。

わたしたち(2016年製作の映画)

3.1

子供たちの狭い世界、優劣をつけたい嫌な世界。小中学生のこういう感じ、ほんと嫌いだった。
幼い弟の言葉、良いね。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8

最近クリスチャンベイルもお気に入り俳優となった。ダークナイトを去年鑑賞し、ジョーカー役にばかり目が行っていたが、バットマンがベイルだとはその時は知らずに鑑賞。
バットマンのルーツが解るから観た方が良い
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

前作同様面白かった。
タロンとエルトンジョン?!
思いの外、エルトンジョン出て来たので笑った。ジュリアンムーアも最高。笑

裏切るヤツ多くて、どいつもこいつも疑って見てしまった。
そしてカントリーロー
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

自分からは観ない作品だけど、評価も高いし勧められたので観てみた。スパイ系はどっちかと言うと好き。
面白い。スーツのカッコいい人出て来た!と思ったら呆気なく殺されてびっくり。この1作で結構お腹いっぱいに
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.6

アガサクリスティーのようだなと観ていたが、なるほどアガサクリスティーに捧げた渾身の作品だったのか。笑

看護師役の女優さん、見たことあるような?と思ったら、「秘密のキッス」のアナだったんだ。雰囲気違う
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

3.8

最初から最後まで飽きる事なく鑑賞。
警察とマフィアの抗争劇かと思えば、父親や兄との確執、家族愛に触れ、復習の鬼となったホアキンの熱演が観れた。

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.6

キャサリン・ゼタ・ジョーンズ久しぶりに見た。相変わらずお美しい。でも残念ながら近年は映画出てないようですね。

ハッピーエンドのラブストーリーもまた久しぶり。素敵な気持ちになったな。

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

4.0

ヘビメタ聴かないけど、そんな事は関係なく、頭空っぽにして大笑い出来る作品。
こういうコメディ大好きです。また観たいな。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.5

「わたしは、ダニエル・ブレイク」未鑑賞。この映画を撮った人だと言うと、「あぁ、重たいやつだ…」と伝えられた。
実際、鑑賞後の心はずっしり重く、やるせなく、世の中の不条理に腹が立ち、自分の境遇と重なる部
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.6

是枝監督がカトリーヌ・ドヌーヴ主演でイーサンも出演の映画を撮った!と耳にした時から観たくて仕方なかった作品。やっと観れた。

ドヌーヴ有りきです。存在感が凄い。
日本人監督だけどフランス映画みたい。
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.9

カッコいい。“男のロマン”だね。
奥様と息子が素敵だった。

前情報なく鑑賞したが、何となく、死んでしまうのかなぁ、、、と感じた。
レース中かと思ったらそうではなかったが。

マット・デイモンは誰もが
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.6

シアーシャの演技は素晴らしいと思うが、内容的には田舎娘のよくある出来事のような…
以前は注目などされなかったが、一旦都会に出て帰ればチヤホヤされる。注目されればその状態の中で優越感を味わいたい。
心美
>>続きを読む

虐待の証明/ミス・ペク(2018年製作の映画)

3.4

実話ということだが、鑑賞しながら松雪泰子×芦田愛菜のドラマ「Mother」を思い出した。

こんな出来事が韓国だけでなく日本でも耳にする事件で、今日も新聞に同じような案件が載っていた。

虐待されて育
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.3

事実に基づいた話だなんて、殆ど素人の役者だなんて、こんな悲惨な町が今も尚存在してるなんて、衝撃、悲惨、そして凄い作品。

カメラワークも良い。数年に一度は見返したい作品だ。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.8

長尺だと感じた。
ちょっと期待し過ぎたかな。

車中で騒ぐ場面はヒヤヒヤドキドキ。
タイラーは自業自得。堕落したのは父親のせいだとも感じるが、本人の意思の弱さが招いた悲劇。あんな彼氏嫌だ。父親とは打っ
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2013年製作の映画)

3.8

ハリウッド版がどんなものか興味津々で鑑賞。韓国版より評価は低いが、こちらの方がねっとりした雰囲気が無く観やすかったように感じた。
リメイク版も全然あり。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.9

衝撃的作品としてはかなり脳裏に焼きつき胸糞だが、ラストの真実には驚愕。凄い作品だ。

怒涛の展開は面白いのだが、目を覆う場面が多過ぎて、4.0台の評価が出せなかった。

それでも韓国映画を代表する作品
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.6

「オールド・ボーイ」を超えると聞き観てみたが、、、私的には超えてると感じることは無かった。

ただただ変態映画。
でも、これがもし邦画だったらもっと気持ち悪い作品になったんだろう。
韓国映画だからこそ
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.7

凄く楽しみにしていた作品だったが、近くの劇場での公開が残念ながら無く、prime amazonでレンタル購入。
衝撃が強すぎてなかなかレビューが書けなかった…

あれ?インド映画か?と思う程急に踊りだ
>>続きを読む

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.8

公開時、劇場まで観に行った作品。
放送されたので再度鑑賞。

2度目の鑑賞だが、まだ理解不能。笑
けれど、号泣。笑

主な声は有名な俳優が担当しているが、全く違和感が無い。が、音楽を担当しているバンド
>>続きを読む

秘密のキッス(2014年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

"男には秘密があった"とワクワクさせて置いて、特に驚きや捻りも無く見た事ある様な恋愛ストーリーだった。

HIV感染者とHIV陽性と嘘をつき近づいたルポライターの話。ただ、女の子がとても前向きで可愛い
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.6

犬の輪廻転生物語だった、、、

年老いたイーサンが想像と違ったけど、また出逢えて良かった。

ブンミおじさんの森(2010年製作の映画)

2.5

死ぬ間際だと何でも受け入れられるのか、、、??

こういう系は理解不能。

ザ・ブック・オブ・ヘンリー(2017年製作の映画)

4.0

想像を超える急展開にハラハラドキドキ。
面白かった。そして泣いた。

子供3人、其々凄く良い。

パリ、嘘つきな恋(2018年製作の映画)

3.5

素敵な恋物語だったけど、音楽もスポーツも出来て美人って、そりゃ障害なんて気にならないよね。
プレイボーイが素敵な女性と出逢えて良かった。あんなディナーの演出、味わってみたいね。

ニューヨーク東8番街の奇跡(1987年製作の映画)

3.5

奇想天外のSFファンタジー。笑いあり涙ありのほっこり作品。

立ち退きで嫌がらせを受けるビルに住人たちを救う小さなUFOたちが可愛くて面白い。ガラクタ集めて子供産んだり、ハンバーガー焼いちゃうんだから
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

4.2

トムハンクスもメグライアンも大好きな俳優なので、大昔に鑑賞してるはずだが、すっかり記憶の彼方になってしまったので、放送ついでに鑑賞。

こんなシチュエーションある?!って位、女にとってはドキドキする事
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.1

まさに、体当たり。
綺麗な場面も勿論あるが、ただただ堕落した男の欲望物語。

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.3

また鑑賞するかと言えば「観ない」けど、面白い展開が次々と起こるので飽きずに観れた。

あんな破茶滅茶なスタッフで結婚式って、日本じゃ有り得ない。それにフランスの結婚式ってあんなに長いの?!招待された方
>>続きを読む

ペイン・アンド・グローリー(2019年製作の映画)

3.7

かなり久しぶりにバンデラスを観た。
アクションのイメージが強かった彼が、こんなに渋い素敵な叔父様になってたなんて!

元恋人と再会した時の切なさや何とも言えない感情が痛い程伝わった。回想シーンでの子供
>>続きを読む