ちはなさんの映画レビュー・感想・評価

ちはな

ちはな

日々 映画でカタルシス
短期間で終わると思っていたJ・フランコ ブーム続行中♡(若い頃より今の彼が好き)/エズラ・ミラー/X・ドラン

情事 セカンド・ラブ(2007年製作の映画)

3.0

昼メロやね(いい意味で)

ギブアンドテイクで成り立つ関係ではあるんだけど
倫理的にどうなん?っていう話

始まりは 愛する人の為に愛の無いsexをする人妻を善とみるか悪とみるか…

しかし 人って相
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

2.8

設定とか内容的にはシビアな話

淡々と静かに進んでいくので
寝落ち注意ですかね

訪問看護師って男性でも女性の入浴の補助とかするん・・・とかそこまでするん?ってことがいっぱい
デヴィッドは家族以上に
>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

4.3

『ああするしかなかったのよ
今も そう信じてる』

他にも道はあったと思うけど…

マタニティブルーからの育児ノイローゼみたいな話

私が子供を産んだ時 病院の院長の奥様が退院の朝にくれた言葉
「周り
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

4.0

死んでる

もうね 私だったらあの状況98%くらいの確率で死んでると思う
(残りの2%の奇跡を信じたい)

J・フランコ良かったな
頑張ってたな
実話を元に系の壮絶な生還劇

実在の人 かなりはっちゃ
>>続きを読む

マックス、モン・アムール(1986年製作の映画)

2.5

タモさん風に言うと
「んなこたぁない」

エリート旦那の品のいい妻の愛人がチンパンジーて・・・
いや これコメディじゃないからね
このシチュエーション成り立つの?って話
しかも 妻がシャーロット・ラン
>>続きを読む

殺されたミンジュ(2014年製作の映画)

2.9

なんで殺されたんだよォ~

女子高生が殺される訳ですが
そこは実は重要ではない・・・みたいな

すっげー分かりずらい
強いメッセージがあるんだろうけど 途中では理解できないもんだから
なんで同じ人があ
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

2.6

ストーリー的にはなんかダラダラしてるし中途半端な感じ
最初から最後までどんより空気感

しかーし 私の目的はクリステン・スチュワートなので そういった意味では彼女のクールビューティを堪能
好きだわぁ~
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.3

これ違う意味で怖いやつ

見てはいけないものを覗き見しているみたいな気分になった

閉鎖されてる空間は単位が大なり小なり良くないですね
開かれた世界で生きなければ

人が人を支配する事の恐ろしさをじわ
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.3

命を懸けて守りたいものがありますか?


設定がちょっと強引な気もしますが…ゾンビ映画というよりヒューマンドラマとしての要素が強いです

独りではどうすることもできない危機的状況の時 いったい何を優先
>>続きを読む

真夏の素肌(2014年製作の映画)

3.5

なんとも言えない ハイティーン少女の不安定な心
傷ついたり傷つけたりしながらも繋がってる親友

なんでも知ってるような顔してるけどね 世の中には 知らないことがたーくさんあるんだよ

ある意味『禁断の
>>続きを読む

ミス・シェパードをお手本に(2015年製作の映画)

2.9

『カミナリ』風に言わせてもらえば
「お手本には ならねぇなっ!」
って感じでしたけどね

偏屈・風変わりなホームレスのおばあさんと劇作家の交流
実話ベースなんですが ちょっと真似出来ないよな

創作の
>>続きを読む

恋する人魚たち(1990年製作の映画)

3.0

タイトルはかわいいですけどね
なかなかぶっ飛んだ母娘

こんな 家に産まれたくないなぁ
お母さん アウトでしょ
『俺流』が過ぎるでしょ?

でもね なんだかんだ言っても
分かり合えるのが家族なんでしょ
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

3.5

確かに大波ではなかったな

傍から見れば 仲良し老夫婦
子供はなく 大型犬と静かで穏やかな日々・・・と 思いきや

まぁね 夫婦なんてどこの家も何かしらある訳で
私は旦那さんのした事が そんな悪い事と
>>続きを読む

罠 -少女の誘惑-(2015年製作の映画)

3.0

「来るんじゃなかった」

仕事もプライベートも悶々してる男が 若い娘に翻弄される話

この田舎の小娘が なんともいえない
決して美人ではない
けど 可愛げはある
華奢だけと色気はある身体
人気のない雪
>>続きを読む

サード・パーソン(2013年製作の映画)

3.5

3つの話がどう繋がるのか
なかなか分からないし
自分で「これはこういう事?」
「あーだからこうなの?」っていちいち考えながら観なきゃいけない
何よ、結局どうなるん?って引き込まれる感もあるけど まぁ
>>続きを読む

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.3

過去の悲惨な出来事を繰り返さない為にやらなければならないこと

一体誰がやる?

様々な環境 信仰を持った高校生達が教師20年目の担任とコンクールを目指して奮闘する実話ベースの話
コンクールのテーマが
>>続きを読む

ノーマル・ハート(2014年製作の映画)

4.0

映画というかTV作品かな?

この病気は何?
と まだ 世間にAIDSが浸透していない時の話

ただ 恐れるだけで対策もままならず ゲイも疎ましく思われる存在なだけ
仲間や恋人が次々と死んでゆく状況を
>>続きを読む

死刑台のエレベーター(1957年製作の映画)

4.0

ジャンヌ・モロー 追悼

よく出来たストーリーとどこを取っても絵になる映像

ルイ・マル監督 25歳で良くやったなぁと感心してしまう

出てくる人 みんな愚かなんだけど
人間臭いというか
誰もが持っ
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.3

空の旅は大好きだ✈️
CSで『メーデー』とか見てるしね

初心者の頃は「堕ちたら…」みたいな心配よくしてましたが
今では「堕ちるならせめて帰りの便にして欲しい」って思うくらい😅

実際に起きた事故の映
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.6

真実を追い求める新聞記者達が かっこいい話
教会という神聖な場所でこんな事が・・・絶対なんて有り得ないんだなぁ
いろいろな 見えない力や圧力に押さえつけられている人を救えるのはいったい誰か?
実話ベー
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

3.8

今現在 彼氏・彼女がいないと嘆いているそこのあなた!
何も焦ることはありません
ひとは 80・90歳になっても 恋愛できるのだから
・・・なんの慰めにもなってませんが

老夫婦のドキュメンタリー映画
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.2

地獄の監禁生活が終わったはずなのに…

浦島太郎状態のジョイ(母)と未知との遭遇のジャック(息子)
まさかの救出されてからの方が地獄みたいな生活

これは 体験した本人にしか
分からない苦しみなんだ
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.9

公開当時 観にいったのだが
これだけのインパクトありあり作品にも関わらず
殆ど覚えていない
今回 あらためて観て何故か分かった
あまりにも目を背けたくなるシーンが多くて 私の中の防衛本能が記憶から抹消
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.0

ホロコーストのことは いろいろ映画にもなってるし 多少の知識はあるつもりだが
ユダヤ教のしきたりとかはよくわからなくて
そんなに他人犠牲にしてまで
『埋葬』じゃなきゃダメなんですか?っていう思いでした
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

関西 男子高校生の日常

ただ 面白い会話劇・・・で終わらせることも出来るけど
やっぱり 思春期なりの悩みや不安が見え隠れしたりでリアリティーに共感してしまう

『なんで人と人ってうまくいけれんのや
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.0

キャサリン・ゼタ・ジョーンズが好きなのよ
顔が

シングルマザーだった母を亡くしてしまった姪っ子ちゃんが
『リトル・ミス・サンシャイン』のオリーブちゃんってとこもポイントだったけど

ストーリーはま
>>続きを読む

スイミング・プール(2003年製作の映画)

3.0

ビッチ小娘(自由放漫で乳も豊満)vs美熟女(神経質気味だか年の割には綺麗な裸体)・・・かと思いきや
観終わったあと『?』
えっ なになに どゆこと?
もう はてないっぱいでしたが
少し冷静になると
>>続きを読む

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

3.3

まさかの15年振りの続編w

ストーリーは本当にくっだら無いんだけど 私は前作よりこっちの方が好き

もう 前半のカンバーバッチの登場で 腹八分目くらいになっちゃうくらいのインパクト(笑)

今回は
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

3.8

アメコミものとかヒーローものとか 全くもって興味なしなしなのですが コレはちょっと違うよね

評判通りの面白さ

ゲスなのに純愛貫くみたいなギャップがいいんですかね
いや 下ネタやブラックジョークの賜
>>続きを読む

海を飛ぶ夢(2004年製作の映画)

4.3

尊厳死がテーマの実話ベース

生きているって事の定義は息をしているって事?


主人公のラモンは25歳の時 事故で首より下が不随となってしまう
事故から26年間 父と兄家族に甲斐甲斐しく世話をしてもら
>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.0

『君を傷つけないと約束したら ずっとそばにいてくれる?』

8年の時を経ての劇場公開
試写会 行かせていただきました
(シネアーツ試写室 とっても観やすくて好き♡)

ピュアだぜ 全くもってピュア
>>続きを読む

ブエノスアイレス(1997年製作の映画)

4.0

『やり直そう』は殺し文句

同棲愛カップルの成れの果て
すれ違いの腐れ縁が続き
上手くいっていても 喧嘩してても痛々しい関係

エッジの効いた撮影や色使いで
ストーリー的にも万人受けする作品ではないと
>>続きを読む

アメリカン・レポーター(2016年製作の映画)

4.3

『現実を受け入れ 前に進むんだよ』

都会じゃ6点でも 戦場では10点になる
何のことだかわかりますか?

実話ベース
仕事に飢えていた女性レポーターが意を決して戦場レポーターへ
戦場ですからね
当然
>>続きを読む

わんぱく戦争(1961年製作の映画)

4.5

『フニャチン』の一言からえらい騒動に(*゚▽゚)

ようは 村VS村での子供の喧嘩なのですがね
そこから進む展開が秀逸です

思考を凝らした決闘シーン満載(笑)
こどもの可愛らしさあり残酷さありなんで
>>続きを読む

人生は小説よりも奇なり(2014年製作の映画)

3.7

39年の時を経て やっとこ結婚までこぎつけた初老のゲイカップル

もう なんか凄いシチュエーション

結婚した途端 職を失い 住む所も失い 前途多難
彼らを支えてくれる人達はいるにはいるが 住む所を提
>>続きを読む

愛しき人生のつくりかた(2015年製作の映画)

3.2

終始 落ち着いたトーンで じんわりと来る作品

感じたこと
①女は強い
②孫が超絶いい子
③パパ いい人だけど的外れ
この3点でした(*´∀`)


年老いた母(祖母)と息子夫婦とその子供(孫)
三世
>>続きを読む

>|