にしねっこさんの映画レビュー・感想・評価

にしねっこ

にしねっこ

洋画より邦画が好き
邦画好きだけど、MCU大好き
レビューでいちいちあらすじ語っちゃうの、なんなん?

アホ〜ボケーー!!!
wiki見れば分かるねん!

そういう人はフォローしないで結構。
ていうかあらすじ語るのやめろ

映画(544)
ドラマ(1)

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.4

犯人の最終的な目的が分からず、ネットで調べて納得した

少し物足りなかった
デンゼル・ワシントンにハズレ無し
と思っていたけど、これはどちらかというとハズレかな

脚本は良いのだけれど、もう少し「目的
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.5

なんかアレアレアレ…って感じで終わってしまった
軸がしっかりしてない感じ
感情移入出来なかった

「言の葉の庭」を見終わった後と似た感じする

映像が良かったのと、音楽は「君の名は。」よりも良かった
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

2.0

原作は未読
絶対原作の方が良い作品だろう
菅田将暉と桐谷健太の演技が良かった
2人とも関西出身のようで。
菅田将暉の関西弁はなんか違和感あったけど。

スパークスがテレビ出演など、売れていく様が無かっ
>>続きを読む

半落ち(2003年製作の映画)

1.9

原作読んでないけど、原作の方が絶対良さそう

良かったのは伊原剛志が出ていたのと、柴田恭兵がいつ見てもかっこよかった事
伊原剛志の演技、好きですわ
出ている映画にハズレがない、主役は難しそうだけど、脇
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

2.3

今ひとつだった
存在のない子供の貧困や不法労働者の生活を描いていたのだけれど、
ストーリーがただそれだけだった

これよりは「スラムドッグ・ミリオネア」の方が、メインとなるストーリーに貧困を絡めていて
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.0

ミリオンダラー・ベイビー程ではないが、ヘビーな映画だった

人種差別、銃社会を主役のいない群像劇として上手く描いていた

日本人には分かりづらいかな

パッケージがまさかあそこのシーンとは。

次は陽
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

松岡茉優の演技が素晴らしい
最初、原作は漫画かと思ったけど、小説なのね(笑)
ちはやふるの時も広瀬すずよりも
松岡茉優の演技に注目してしまったけど、
素晴らしい女優だ
もっと評価されて欲しいわ

ここ
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.3

公開当時、見に行きたかった作品
子供が見たら、結構楽しめるのではないかな?
時間も短く見やすい

アドベンチャー要素はもう少し欲しかった
宝石以外のお宝発見を。

女優のアニタ・ブリエムさん綺麗ね

守護教師(2018年製作の映画)

2.5

ストーリーは単純
マ・ドンソクというマッチョで
少しおデブなヒーローが活躍する映画

マ・ドンソクが好きだったから楽しめたけど、
この人好きでないと、あまり楽しめないな

新感染を見てドンソクのファン
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.7

こういう戦争映画が見たかった
高評価なのは沖縄の人に大変申し訳ない

序盤、アンドリュー・ガー・フィールドの
あの臆病で頼りない感じで
戦争映画の主役、大丈夫なのか???
って思っていたけど、
主役が
>>続きを読む

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.0

爺さんどもの恋愛も悪くない

見終わった後、もう一度オープニングを見たら、尚良かった

ストーリーは単純
もう少し友情が描かれてれば
良かったなぁと。

有名な役者さんを集めただけ
って感じも否めない
>>続きを読む

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.9

これだけ多くのを上手くまとめたのではないかなと。
2作分くらいのを1つにまとめた感じ
その分、少し慌しかった

他の方には中途半端な感じがあって不評だけれど、自分は面白かった

作品通じて、MJのビッ
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.2

スパイダーマンシリーズ?の中で
1番面白かった

3作ある中で、
2作目が面白いってのは珍しい?
これに続いて良かったのは今のところ、
アメイジング・スパイダーマンの1作目
その次がトムホの2作目
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

2.7

実写映画化、最初のスパイダーマンなのかな?

あまり退屈な所がなく、
うまくまとまっていたと思う

MJは美人だけど、ちょっと老けていたなぁ
そしてビッチ(笑)

メイおばさんがお婆さんだったが、
>>続きを読む

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

2.8

タイトル通りのアメリカンな
お下劣で下品でおバカな映画

家族の絆を取り戻そうとしてるお父さん
家族って良いなと少し思った

クリヘム出ていなければ、
見なかったけど、
クリヘム関係なしに
そこそこ笑
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

3.6

ストーリーはありがちなもので、
最後の方は読めてしまった
ただ、最後の最後は
予期していなかったのでちょっと驚いた

高倉健の電話でやるせない思いを言葉にするシーン
子供が出来た時のシーンがかなり印象
>>続きを読む

アラジン(1992年製作の映画)

3.6

実写版を見てからで良かった

実写がかなりアニメに
忠実に作られていたなぁと

内容はどうしても子供向けなので、
アニメを先に見ていたら、
アニメの方は飽きてしまっていただろう

ジーニーはアニメも実
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

1.6

これでも評価は高い方
このシリーズはお約束の
パニック映画にしか出来ないのか?

毎回、同じような展開で、
2作目くらいから既に飽きてしまっていた

今回のは序盤の火山噴火の場面で人間だけでなく
恐竜
>>続きを読む

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.7

ホースソルジャーよりも前
タリバンとの戦いの最初の話し

戦争映画でこれほど
「死」を感じた事は無かった

4人という少数の偵察部隊だから
それを感じられた
カメラワークがかなり良かったのも◎

アメ
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

2.8

BSでやっていたので。

終盤になって、ようやく面白くなってきた

まぁまぁの作品
ストーリーが少し物足りない

ただ、この最初のが
好きな人が多いのも分かる

自分はもう少しストーリー性があって、
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.6

すごく良くまとまった映画

どの話しも短いながらも
うまくまとまっていて、
出演者皆に感情移入出来た

これだけの群像劇をまとめたのは
監督が良かったからではないか

恋愛映画があまり好きではないので
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

2.3

自分には合わなかったなぁ
簡単な計画のハズが、
どんどんズレていってしまう話

脚本がそもそも自分好みではないかも
日本だとSABU監督が作りそうな映画だ。

コーウェン兄弟、
ノーカントリーもだけど
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.3

天才を描く映画は好き
だけど、どうもラッセル・クロウが数学、理系の人間に見えなくて、
序盤は違和感ばかりだった

自分の固定観念だけど、数学者というと、
エニグマのカンバーバッチのような人を
イメージ
>>続きを読む

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011年製作の映画)

3.3

地上波にて
ワイスピシリーズ初視聴

ワイルドスピードという名に相応しい映画だった

ストーリーはありがちで既視感はあって、
B級チックなところはあったけど、
自分の好きな展開のある映画だった

ロッ
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.2

まぁまぁ面白かった
前作の方が自分的には好み
MCUのスパイダーマンより、
こちらの方が自分は好き

こちらがダークな感じで仕上げてるから、MCUの明るい感じも好きだけど。

エマ・ストーンの演技は前
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.6

サスペンスホラー
見てるところが面白く、
そしてサスペンスらしい、
「最後はどうなるの?」という面白さも◎

怖いというか気持ちが悪い所もあるので、万人にオススメは出来ないが
自分的にかなり良かった作
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.8

評判があまり良くなかったから期待してなかったけど、結構面白かった
映画館に見に行って良かった

20年続いたX-MENシリーズの最後としてはかなり物足りないけど、
愛や絆が感じられた

X-MENシリ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.6

青春学園アクションヒーローもの?

前作がMCUの中で、ブラックパンサーに次ぐ低評価だったので、
あまり期待せずに見に行った

最近、映画用のツイッターアカウントを作ったのだけれど、
結構ネタバレツイ
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.1

全く期待していなかったけど、まぁまぁの映画だった
東野圭吾、好きだけれど、これは読んでいなかった

エピソードがいくつか分かれていて、それが徐々に繋がっていく感じは東野圭吾の小説でも良くある話(新参者
>>続きを読む

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

3.9

ガンガン救助していく話だと思ってたら大違い

ずっと瓦礫のシーン

ただ、このシーンが長かった分、最後にどうなるんだろう?
という期待が高まった

オリバー・ストーン、こういう
ノンフィクションの映画
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

1.9

コメディ好きなのだけれど、1ミリも面白くなかった
そして気持ち悪い

トミー・リー・ジョーンズが演じる事でシュールなバカバカしさを狙ったのだろうけど、全く面白くなかった

でも、不思議なのは、次回作も
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.6

Amazon primeの週末100円にて。
ずっと見たかった
天才子どもの映画。

こういうのが元々好きだったのもあり、かなり楽しめた

家族愛、ヒューマンドラマをうまく絡めて、しかも時間も短く纏め
>>続きを読む

夜の大捜査線(1967年製作の映画)

2.3

黒人差別を描いた、当時としては新鮮な映画だったのだろう

内容はB級映画かテレビドラマの様なもの

全く面白くなかった
撮り貯めていた吹き替えで見たから、尚更そう感じてしまったのかも。

これがアカデ
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.1

アニメ版を見たことなく、全くストーリー知らぬまま見に行った

ストーリーは子どもが楽しむような作りで今ひとつだった
ミュージカルパートがどれも素晴らしく、どれもシーンに合っていてとても良かった

他の
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年製作の映画)

2.3

何回か見たけど、やはり2作目は今ひとつだなぁ
最初のはストーリー、構成がしっかりしていた
今回のは結果も何となく見えてしまっていて、盛り上がりにも欠けていた

テレビドラマ版と1作目のバカバカしさも足
>>続きを読む

デメキン(2017年製作の映画)

2.8

漫画を途中まで見てからの視聴
漫画はまだ半分くらいかな

2時間でまとめるには難しいけど、まぁまぁ良かったかなと
役者の演技とヤンキー映画の迫力は今ひとつ
でも、最後の戦闘シーンはまぁまぁだった

>>続きを読む

>|