Mshiさんの映画レビュー・感想・評価

Mshi

Mshi

2017年〜観賞リスト

映画(283)
ドラマ(6)

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

昔観たけど再鑑賞

もっと聖書のお話を知っていたらわかることも多くて楽しめたと思うけど、知らなくても十分面白かった。

なかなか目に見える愛ってないけど、主人公がヒロインで初めて勃起して、ヒロインにし
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ダニーボイルの毒ぽさ期待していったら、めっちゃくちゃキラキラ映画でした!子どもが観るのによさそう。

大人はバンドマンの男と付き合うと大変ってことが再認識できる映画なのかな。ジョンレノンのモノマネ芸人
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.5

名刺でのマウンティングが狂わせるきっかけになるなんて、、、でも実際こういう小さいことが意外と人の人生を悪い方にかえてしまう引き金になってしまうことも多いよね。

シンプルでオチはありきたりちゃたりきた
>>続きを読む

スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.8

アメリカの田舎ホラー最高😭

上映会でホラー映画観て脱げ脱げ!と言ってる感じとか、黒人のサツがまた端役かとか言ってるとことか、家族の方が有名になってしまったから私がSNSで有名になるって言っちゃう狂人
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.8

話はいたってシンプルなのに、面白い最高。みんな口数が少ない分、ちょいちょい語る台詞で笑っちゃう。ペニスみたいな拳銃しかないわ!みたいなとこでクスッとした。

ストーリー展開はもオチもまぁありがちなのに
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

4.0

台詞の意味とか、モノがさしてるモノとか、オマージュとか深掘りしたらもっと面白くなるような仕掛け満載だけど、それがわからなくてもめちゃ楽しめる。

コメディ畑の人だけあって、こんなり笑えるホラーを作れる
>>続きを読む

劇場版 そして、生きる(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映像の撮り方や光の入りかたが美しかった!




自然災害、爆発、妊娠、癌、自殺。

物語を動かすための事件が多すぎる。もっとそれぞれのキャラの心の底からの感情の揺れが見たい。

後、一回セックスした
>>続きを読む

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

これが大人目線だと執拗になってしまうところを子ども目線で神とは?信仰とは?という斬り口でストーリーが展開されていくので、明解で重くなりすぎず純粋に観れた。

ずっと笑っている信仰深いお母さんの笑顔の裏
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

ウィルスミスありがとうありがとう。

にしても願いごと3つも叶えられていいな。主人公とかの周りの人もジャファー以外みんないい人で羨ましい。。。女子の働きかた改革もされたしジャスミン王国は職場にしたらよ
>>続きを読む

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

4.0

暴走気味の元田舎者現都会人セロンさんが田舎に帰る→皆んなからいい年なのに痛々しいと叩かれる→それでも生きていく

セロンさん演じた主人公を痛いとかかわいそうと言う人もいるが、子どもができたばかなのにチ
>>続きを読む

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

-

よくありがちな設定ではあるのに、台詞や演出が面白くて飽きない。自分はこんなに長く人と付き合いがうまくいったことないから倦怠期とかよくわからないが、彼氏なしの期間がなくひっきりなしに彼氏がかならずいる人>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

キャラ設定と場所は面白かったです

が、都合よいように進めていくストーリー展開とラストのナレーションで無理やりまとめにかかる感じに置いてけぼりに。

面白そうになる設定がゆえに、もっとキャラの深掘りし
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

-

須賀さん家族は人間味あってキャラ立ちしてるのに、主人公2人がなぜこんないい子?っていうくらいにいい子、特にひながいい子すぎて、偏屈な私みたいな人間からするとAI的に見えてしまった。もっと感情的な2人を>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いい映画にいいゲロ描写あり。

この映画において、吐く飲み込むってすごく大切な描写になってるのですが、なるほどなるほど!

ラストのアレ戻ってくるとこだけやや納得いかないなぁとか思ったけど、でも飲み込
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

-

最後の田中さんの台詞がこの作品の描きたかったことなんだろう。
映画だから時間の関係だと思うけど、セカンドレイプのくだり含め、本田翼のところや主人公など女性の描写をもうちょっと深く掘り下げて欲しかった。

愚行録(2017年製作の映画)

3.9

前半が最高に面白い。架空の大学ではあったけど、ああいうスクールカーストって確実にあるし、実際はこの映画よりもっとエグいのでしょう。

登場人物が全員クズとか言う感想の人にとって、クズってどういう定義な
>>続きを読む

>|