takeさんの映画レビュー・感想・評価

take

take

洋画ドラマ系の鑑賞多め。でもなんでも観ます。好きな作品は何度でも観たい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

文句なしにスタンディング・オベーションしたいくらい。
映画を観たというよりもショーを観た感覚。
歌唱シーンは何回も鳥肌やったし、サントラ欲しい。
これは映画館で観ないと損する。
また観たいな。

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

舞台挨拶付き、ワールドプレミア。in大阪。
昭和時代を生きてきた大人な男性に特にエロマン(チック)なんだろうな。
熱量はわかるけど、女性にはなかなか理解得がたい。
柄本佑さんの思いきりがすごいし、前田
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.9

ただ不思議な出来事ってだけで済んでしまった感じ。
ラストもなんだかそーなるのかと。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

純愛とファンタジーの世界。
ほのぼの新婚夫婦が住む鎌倉の不思議であったかい共存。
家族愛とキャラと演者の雰囲気が良かった。
明るく切なく愛おしいと思った。
邦画だからCGが残念なのだけが残念。

映画
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.9

やっと鑑賞。
いろんな感情が揺さぶられる。絆の物語。
ベイマックスの優しさに救われる。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

ソーの肉体美と雷神がかっこよかった。
ストーリー的にはもっとvsヘラの部分があった方がよかった気がする。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

序盤の謎がつながっていく。
失恋や悲しみの衝動で記憶を忘れてしまう依頼をする。
記憶は無くしても想いは残る。
どんな記憶も大切で、想いは強いことを改めて感じる作品。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.2

ジャパンプレミア。
前作よりも好き。おもしろい。
笑えるし、かっこいいし、切なくて泣ける。
予想できない結末で胸が締め付けられるようやったけど。キャスト良かった。
北川景子さんはめっちゃキレイやし、前
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

3.1

映画は良かった。撮り方や俳優さんたちの演技が暗めの画面でもキレイだった。
原作も数年前に読了済みで、その時も感じたけど共感ができなさ過ぎて個人的にはのめり込めないのが残念。

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点(2013年製作の映画)

3.2

高田の不死身さと飄々さが気持ちいい。
探偵はドタバタするけど、最後はハードボイルドな部分が姿表す。
最終的にクズの終わり方がなかなかスッキリしないところがあるけどおもしろかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

音楽がすごい!セリフの少ないミュージカルのようで、ミュージカルでは全然ない。
カーチェイスと音楽のミックスでハラハラドキドキした。
ただ、個人的にはジョーとベイビーのやり取りのところが好き。笑
スピー
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.1

ダイアナもスティーブもカッコよすぎ!!
映像美と人間美。
love&peace。
美しいだけではなく、それとともに戦争と人間の醜さも心に刺さったけれど。

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

3.8

あんまり考えずとりあえず楽しい作品。
アクション映画。

ヒーローたちがそれぞれ暴れる暴れる。
ちょこっとだけ見えるそれぞれの闇や背景が次に繋がる感じ。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

相変わらずツッコミどころは満載(笑)
ロキの不死身感。
ソーがだいぶ大人になったなあと。

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.6

最初なよすぎからの進化後の変化(笑)
正義感のキャプテンアメリカと友情があつい。

スターク博士でてきておもしろい。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.3

王道ストーリーだけど、コンプレックスとかこじらせてるなあって感じ。

ハンマーの使い方な(笑)
心のうつりかわりがちょっと忙しないかなあ。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.9

泣ける映画。
周りとの繋がりを大切にして本心を隠して明るく振る舞う山内咲良。
他人に興味がなく、自立している志賀春樹。
正反対でいて異なる優しさを持つ2人が憧れあい、生きる物語。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.8

研究の末にハルクになってしまったブルース・バナー。
理性を失くしても愛する人の声が力を与える。
超人というのがふさわしい肉体と優しい心のギャップ。
愛する人を守るヒーローがやっぱりかっこいい。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

完成披露上映会にて鑑賞。

豪華俳優陣と監督、原作。
人類侵略にきた宇宙人。彼らは散歩する。
概念を奪われることはどーいうことなのか。
物事の理解が1つなくなる。それが人類に及ぼす影響は。そして1番大
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.9

ミニオンたちがグルーと別行動でミニオン要素がちょっと物足りないけど、やっぱりかわいかった。
ちょっといろんな問題が混在しすぎてる気もした。

昼顔(2017年製作の映画)

3.1

ドラマ鑑賞後。
俳優陣の熱演に狂気感じたけど、ストーリーはドラマほどでもなくあっさりめ。
不倫を受けた側の心と誰の心にもある醜い気持ちを描きたかったのかな?

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

2.5

子役すごいね。かっこいいね。
ミステリーとサスペンス的には弱め?

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

泣いた。
絶望を知ったリー。兄の遺言で16歳の甥っ子の後見人に。
過去が明らかになっていくとともに心にささるリーの悲しみ。そして甥っ子に対する優しさ。2人の関係性も良い。
ゆったりと静かに心にしみて涙
>>続きを読む

ナインハーフ(1985年製作の映画)

3.0

大人な映画。恋愛に溺れる男女と時間の経過による変化。
撮り方が綺麗。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

愛するということは困難を超える。
こんなに愛し、愛され同じ毎日からの進歩が素敵だった。
動物たちもかわいくて笑いもあって良い映画だった。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.9

試写会。
おもしろかった!ジブリを彷彿させる登場人物の柔らかさと愛しさ。
ハラハラワクワクさせる冒険感。
エンドロールの感謝にほっこり☺️
スタジオポノック第1弾。これからも楽しみ。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.0

感情たちに感情があって複雑だと思った笑
感情だけで行動してるわけじゃないよね。
思い出が捨てられて忘れられるのは切ないし、島が崩れて思い出も一緒に落ちていくのもカナシミ。

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.8

The漢の映画。
マンガや本もそうやけど、剣道は心の葛藤を描かれることが多いな。それだけ磨かれた肉体と心が必要なスポーツなんだろうなと思うとかっこいい。
出てくる女の人が少年漫画や青年漫画に出てくる女
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

ヒーローなのに悪党。悪党なのに世界を救う。
前作が序章かのように今作が素晴らしい!!
シリアスなシーンにもコメディが入るし、かと思えばかっこいいし、LOVEがすごい。

仲間であり家族。
ヨンドゥかっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.8

ヒーローがかっこよすぎない。
戦闘シーンにコメディ入ってる感じ(笑)
シリアスすぎずゆるい感じで観れる。
アイアムグルート。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.5

吹替。
これは文句なし。王道の愛に満ちた物語。
エマ・ワトソンの美しさと音楽のキレイさ。
後半のたたみかけるような感動に心が忙しない。

ああ、でもやっぱり字幕で映画館で観たい。から、もう1回かな。