take

take

洋画ドラマ系の鑑賞多め。でもなんでも観ます。好きな作品は何度でも観たい。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.7

完成披露上映会にて鑑賞。

豪華俳優陣と監督、原作。
人類侵略にきた宇宙人。彼らは散歩する。
概念を奪われることはどーいうことなのか。
物事の理解が1つなくなる。それが人類に及ぼす影響は。そして1番大
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.9

ミニオンたちがグルーと別行動でミニオン要素がちょっと物足りないけど、やっぱりかわいかった。
ちょっといろんな問題が混在しすぎてる気もした。

昼顔(2017年製作の映画)

3.1

ドラマ鑑賞後。
俳優陣の熱演に狂気感じたけど、ストーリーはドラマほどでもなくあっさりめ。
不倫を受けた側の心と誰の心にもある醜い気持ちを描きたかったのかな?

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

2.5

子役すごいね。かっこいいね。
ミステリーとサスペンス的には弱め?

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

泣いた。
絶望を知ったリー。兄の遺言で16歳の甥っ子の後見人に。
過去が明らかになっていくとともに心にささるリーの悲しみ。そして甥っ子に対する優しさ。2人の関係性も良い。
ゆったりと静かに心にしみて涙
>>続きを読む

ナインハーフ(1985年製作の映画)

3.0

大人な映画。恋愛に溺れる男女と時間の経過による変化。
撮り方が綺麗。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

愛するということは困難を超える。
こんなに愛し、愛され同じ毎日からの進歩が素敵だった。
動物たちもかわいくて笑いもあって良い映画だった。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.9

試写会。
おもしろかった!ジブリを彷彿させる登場人物の柔らかさと愛しさ。
ハラハラワクワクさせる冒険感。
エンドロールの感謝にほっこり☺️
スタジオポノック第1弾。これからも楽しみ。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.0

感情たちに感情があって複雑だと思った笑
感情だけで行動してるわけじゃないよね。
思い出が捨てられて忘れられるのは切ないし、島が崩れて思い出も一緒に落ちていくのもカナシミ。

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.8

The漢の映画。
マンガや本もそうやけど、剣道は心の葛藤を描かれることが多いな。それだけ磨かれた肉体と心が必要なスポーツなんだろうなと思うとかっこいい。
出てくる女の人が少年漫画や青年漫画に出てくる女
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

ヒーローなのに悪党。悪党なのに世界を救う。
前作が序章かのように今作が素晴らしい!!
シリアスなシーンにもコメディが入るし、かと思えばかっこいいし、LOVEがすごい。

仲間であり家族。
ヨンドゥかっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.8

ヒーローがかっこよすぎない。
戦闘シーンにコメディ入ってる感じ(笑)
シリアスすぎずゆるい感じで観れる。
アイアムグルート。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.5

吹替。
これは文句なし。王道の愛に満ちた物語。
エマ・ワトソンの美しさと音楽のキレイさ。
後半のたたみかけるような感動に心が忙しない。

ああ、でもやっぱり字幕で映画館で観たい。から、もう1回かな。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

字幕版。
自分の劇場を持つことに憧れたコアラ、バスタームーン。動物たちがショーを作るためにがんばる。

おもしろい!…というはより楽しい作品。
知ってる洋楽がちょこちょこ出てきて、ショーでは自然と楽し
>>続きを読む

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.8

モアナの前に。同時上映の短編。
セリフはなし、クスクス笑えて働く生きることのメッセージも良かった。
好き。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

映画館。字幕。
島を救うため海に選ばれたモアナが旅に出る。
おばあちゃんとモアナにもう泣く泣く。
むしろ個人的なメインストーリー。
ヘイヘイの重要さ笑

怪盗グルーのミニオン危機一発(2013年製作の映画)

3.7

グルー家族の物語。
ミニオンズもグルーも三姉妹もルーシーもかわいい

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

エマ・ストーンのかわいさ。
音楽のキレイさ、そして最後にかけての感情が揺すられる想いに涙。
恋愛と夢。
いろんな映画の題名や昔のミュージカル映画を思い出させるシーンがたくさんあってそれも良かった。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.5

映像と音楽のキレイさ。
アニメだけれどカメラワークが良いと思えるカット。
靴がよく映る。
短編だから削ぎ落とされてるけど、2人の背景サブエピソードが気になる。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

神の手を持つ傲慢でプライドの高いドクター・ストレンジ。
事故で負った傷を治すため訪ねた場所で修行に入る。その組織の本当の存在意義とは。
傲慢すぎて前半ほんとうんざりなったけど。体を張って師が見せた1番
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.8

ミスペリグリンにより同じ日をループする、それぞれ異能力を持った子どもたち。
異能力の使い方とかチーム戦みたいなところが良かった。
ループのルールがちょっと1回観ただけじゃ把握しづらいけれど、おもしろい
>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

3.6

潜入捜査官(土竜)の菊川玲二がヤクザの世界で奮闘する第2弾。

気軽に見れるコメディでクスクス笑えた。
役者さんが男も女も体はってて下ネタも多かったけど、アクションシーンはかっこよかった。

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.8

年越す瞬間。誰とどう過ごしますか。
NYの年越しをそれぞれの過ごし方を観る。
1年の終わりは過去を振り返って優しくなろう。と新年はじまってから思ってしまった。
NY行きたい。

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

5.0

金曜ロードショーで久々に鑑賞。
ナウシカの生き物全てに対する慈しみの心が沁みる。
子どもの時に観る感動とまた違う、大人になってまたわかる名作。
手書きの絵のあたたかみ。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

すずが戦時を生きる。
幼き日から戦後まで。
古き良き時代の日本文化と戦時の苦悩、悲しみ、支え合い、立ち直り。
この世界に入り込んでしまった。
心にしみる作品。

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.5

ジュードロウはかっこよすぎるし、キャメロンディアスはかわいいし。
2人の失恋と家交換から始まるそれぞれの運命。
現実を逃避しつつ、新しい世界へ逃げるだけじゃなくそこでの出会いで成長、変化していく2人が
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.5

時系列が難しくて内容はなかなか繋がりをもたせるのがたいへん。何を表してるのかを感じるのもたいへん。
ただ、ずっとアズミ・ハルコの世界に入り込んでた。
ちょこちょこ前にうつった場面に繋がる感じはおもしろ
>>続きを読む

裏切りの街(2016年製作の映画)

3.7

ダメダメでほんとダメな男女。
愛とは。裏切りとは。なんなのか。
池松壮亮くんのダメな男役がほんとハマりすぎてる。
人間は怖い。

疾風ロンド(2016年製作の映画)

4.0

笑撃サスペンスミステリーおもしろかった。たくさんの伏線が繋がっていく感じが良い。
大島優子ちゃんとムロさんのスノボシーンがめっちゃかっこよくてスタントマン使ってないの凄すぎる。
最後にまさかのキュンポ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

5.0

魔法の世界にどっぷり2時間。
映像キレイだし、笑える、切ない。
魔法動物たちのなんと愛しいこと。
ニュート・スキャマンダーはかっこよい主人公ってわけじゃないけど、どこか応援したくなる。
ハリポタファン
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.7

ぼくのおじさん。
ぼくのおじさんは居候です。
ダメダメなおじさん。ぐうたらの典型。なのにかわいく思えてくる。
雪男が大人すぎるのかおじさんが子どもすぎるのか。
おじさんの今後が気になる。

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.0

俳優陣の演技はさすが。
ストーリーの裏切り方も予想外ではあったし、そこはよかった。
ただ、キャラの裏側ストーリーが薄かったというか想像してください的な。何故そーなったのか謎のまま。
あと緊迫感にかけた
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.5

これぞラブコメという雰囲気。
婚期逃す寸前、モテない女子の突然のモテ期。
自分に正直な姿のかわいさとイケメンたち。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

歌と青春。
80年代っぽさといろんな愛と悲しみが詰まってた。
お兄ちゃんかっこいいわ。

怒り(2016年製作の映画)

3.9

まず役者陣の演技に脱帽。
1人1人が気持ちの入りようがハンパじゃない。
つらいシーン描写もあるけど、だからこその最後の本当の気持ちが胸にくるのだと。
信じるか信じないか。

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

3.7

イケメンばっかり。目の保養。
女子の憧れシチュエーションですね。