miuuさんの映画レビュー・感想・評価 - 13ページ目

  • List view
  • Grid view

めがね(2007年製作の映画)

4.7

浮世離れした世界観でふわふわしていた。
始まった時は感じが悪いくらいのタエコが、終盤には少し角が取れて周りを自然に受け入れる感じがいいなと思った。
死後の世界と考察している人もいて。また違った見方がで
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

5.0

3人の絶妙な距離感が好き。笑えるところもあって、ほのぼのする。お互いを干渉するわけでもなく、ジャッジするわけでもなく、起こることを自然に受け入れる感じ。ただそこにいて、同じ時間を過ごすことを楽しんでる>>続きを読む

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

5.0

群ようこは小説をよく読んでた時期があり興味が湧いて観た。小林聡美の出る作品は穏やかで優しくて時間がゆっくり流れてる感じが好き。

おと・な・り(2009年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

音の映画。壁の薄い家に住むお花屋さんに勤める女性とカメラマンの男性の物語。
生活音とレトロな映像がよかった。
コンビニ店員のデリカシーの無さとしんごの彼女のうるささが少し不快だったけど。
壁越しに2人
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

小説も読んでいたので内容は知っていましたが、篠原涼子が包丁を持ち出すところ、狂気的だけど悲しみとかやりきれなさが滲んでて引き込まれた。

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

2.8

似たようなトラウマを持つ人は観ると苦しくなるかも。タイトルが解せないんですが、どういう意味なんだろう…。

望み(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

悲しいというか辛くて痛い。父も母も妹も、高一も、どの人の気持ちも理解できる。何の覚悟も無しに観て、ズッシリ重たい気持ちにもなり、加害者じゃなかった安堵感もあり。

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

記憶を消せる記憶屋の都市伝説っていう内容は面白そうと思ったけど、最後の真希の自白にその感情全部持っていかれた。真希が自己中過ぎて杏子も遼一もかわいそう…。

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

4.1

漫画は読んでいないです。
口は悪いけどお互い好き同士なのが伝わってきて、たまにクスッと笑えるところもあり、応援したくなった。最後が悲しかったな。

劇場版 ルパンの娘(2021年製作の映画)

4.0

ドラマも観てみたくなった。アクションシーンが多くて、いい意味で特に何も考えず鑑賞できた。

総理の夫(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

凛子のことを考えて自分を犠牲にしても行動するあやかのシーン、女性が働く上での問題を表している。仕事が面白くなってくる時期と結婚出産に焦る時期は被る。出産育児と仕事の両立は周りの協力がないと、並大抵の努>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

流行っていたので、病気で死ぬお涙頂戴系のよくある作品かと思って観ましたが、ラストに少し驚きました。悲しい結末だけど、手紙を残していくところとか、ほっこりする。浜辺美波が本当に可愛い!

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

3.0

現実ではあり得ない病気であまり入り込めなかったけど、まみずが可愛くて明るくて。ファンタジーなロマンス映画。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

高寿にとっての初めては愛美にとっての最後。小松菜奈がなんでここで泣くの?の意味がわかってからすごく泣けた。

恋空(2007年製作の映画)

3.0

内容に深みはないけど、2人の綺麗さで成り立ってた。ただただ、懐かしい。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

夢と現実の狭間で揺れる2人の心境が丁寧に描かれている。テンポよく進んで観やすいけど、結末は切ない。私は好きな展開でした。

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

一週間経つと特定の記憶だけ忘れてしまう川口春奈演じる香織に、山崎賢人演じる祐樹が恋する物語。山崎賢人が健気で切ないのと、邪魔してくる過去の人達にイライラする。これだけ頑張ったのに…この終わり方…でもハ>>続きを読む

にがくてあまい(2016年製作の映画)

-

だいぶ前に鑑賞。美味しそうな野菜と料理、可愛い川口春奈を観る映画。

この子は邪悪(2022年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

不気味な雰囲気で、最初ホラーかと思い。やめようやめようと思いながらも最後まで観られました。南沙良の可愛さと、玉木宏桜井ユキの演技が際立ってた。玉木宏の歪んだ愛というか、方向性おかしい家族観が切なくもあ>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

血を流して倒れるのはちょっと縁起でもないけど。ちえなりのコミュニケーションの取り方が独特で、面白かった。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長く一緒にいて名前すら嘘つかれてたなんて相当ショック。でも過去を知りたくなるのはわかるな。前半のミステリアスな雰囲気から小出が何か犯罪を犯してるのかと思ったけど、悲しい過去は意外でした。由加利の気の強>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時空越える系で1回目わからなくて2回目飛ばしながら観た。複雑な内容だけど素敵な映画。2人の台詞、距離感、言葉選びが自然で好き。ケチの言い合いのシーン、可愛くてほっこりします。

君に届け(2010年製作の映画)

4.0

だいぶ前に鑑賞。恋愛もの好きじゃないから避けていたけど、観てよかった。爽やかな青春映画。王道。この作品を観てから恋愛ものも観るようになったかな。

あやしい彼女(2016年製作の映画)

4.1

明るい気持ちになれる作品。ファッションもレトロで可愛くて癒された。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.0

ありがちな話を丁寧に描いている。気持ちが穏やかになる作品。

空に住む(2020年製作の映画)

-

多部未華子の演技が好きだから観てみたけど、よくわからなくて最後までは観られなかった。

陽だまりの彼女(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

上野樹里可愛かった。ファンタジー感強めで思ってたのと違って少しびっくりしたけど、面白かった。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作は読んでません。内容、重たかった。ケイトウィンスレットの表情の繊細な演技が素晴らしくて。合唱を聴いている時、ハンナの空間だけ静謐な空気に包まれててすごく惹きつけられた。
後半、裁判のシーンでマイケ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

雨の音と映像が綺麗。
最後の方のシーンで、タカオが、大事なことは言わないで自分は関係ないって顔して一人で生きていくんだって叫ぶところが個人的に刺さった。

天気の子(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映像が綺麗。晴れ女し過ぎて弱るシーンが切なかった。

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

5.0

大好きな作品。ドラマも映画も全ていい。可愛い賢二としっかり者のシロさん。周囲の登場人物も素敵。日常の中でみんな少しずつ抱えてる物があるけど、支え合い、思い合うことを、自然に描いている作品。観た後は心が>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

青春!登場人物が全員ピュア過ぎて眩しい。終始可愛い〜頑張れ〜と思いながら観てた。朱里と理央の両親が性格に難有りで少しイラッとした。子どもに対してよくない行動が多い。この親を見てると、家族関係をよくしよ>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

4.0

のんさんの演技がよかった。感情にとにかく真っ直ぐで。温泉旅館、イタリアに行った友達とのシーンは共感する所が多かった。女性ならみんな1度はあるのかなと思い、少し自分の気持ちが軽くなった。何気なく観てみた>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.8

ゲームやらないけどやってみたくなった。FFの世界観がすごい綺麗。ゲームの中でコミュニケーションを取りながら距離を縮めていく父と息子の関係、羨ましくなった。素敵な映画。

|<