まゆさんの映画レビュー・感想・評価

まゆ

まゆ

映画(69)
ドラマ(0)

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

美しすぎる。
こんな美しいひと夏の経験を過ごしたふたりは、この後どんな人生を送るだろう。

夢に見たいくらい綺麗だった。

es [エス](2001年製作の映画)

2.8

これ、ほんとうにあったことなの?って呆気に取られた。
すごい胸糞悪い!
人間の脳みそ脆すぎ!こわい!

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.7

これすごく好き。

善と悪って、一見善いことしてるように見えても、ある特定の人からしたら悪いことに見えるかもしれないとか、考え出したらキリがないこと。
みんな、自分はいいことをしているつもりになってる
>>続きを読む

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年(2018年製作の映画)

2.9

パッケージに惹かれて鑑賞。
想像していたのとはだいぶ違ったなあ、

でも、終始画面が綺麗でうっとり。
暗い雰囲気漂う映画はやはり惹き込まれます。
ストーリーはあまり覚えてないなあ(笑)

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

最初は、まもちゃんが何気なくかける言葉にウフフッってなるテルコが可愛くて可愛くて、一緒にウフフッっできたのに、最後までみたらただのホラーやん!ってなった(笑)
人間によって抱く愛のかたちが違って、それ
>>続きを読む

野いちご(1957年製作の映画)

3.3

なんか、悲しいけど美しいものを見たような、もやもやっとした気持ちになった。

「生きる屍」「優しくて冷たい人」なんて心に刺さる表現だろう。
優しさだけでは自分も相手も殺してしまうのか〜。
自分を押し殺
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

3.0

すごい難しかった。
キリスト教の知識とかあるともっと観やすかったのかも?
でも罪を償うためにムチを打ち合いながら歩いているシーンは鳥肌たった。

死神とチェスして死に抗いながら、「死ぬ」ってなにか、「
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.7


2時間ずっと映像が美しい。
灰色の空、色があまりない世界の自然が綺麗だった。
雨の影が印象的。

水も火も風も雨も音楽も、ぜーんぶ綺麗。



ノスタルジアって、場所だけでなく時間にも感じるのね。

柔らかい殻(1990年製作の映画)

3.4

なにが真実でなにが嘘なのかわからなくなった


一度信じてしまったら、それを覆すのはとても困難なことで、それがいい方向に向かうのか、はたまた悪い方向へ転がってしまうのかはわからないのだなあ

セスの最
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.6

コナンはほとんど見たことなかったので、あまり期待していなかった。

けど、ストーリーすごい!
ほんとに手に汗握る!!!
なにあのアクション!!!
すごいという言葉しかでてこない!!


誰がかっこいい
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.5

しんちゃんやから、どうせ笑わしてくるやろって気抜いてた。

たしかに爆笑したし、ふざけてたけど、学ぶことだってあった。


正義と悪は紙一重。
自分は正しいと思っていてもそれは単なるエゴなのではないか
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.8

泣いた泣いた!すごく泣いた!

家族とは?大人と子供の違いは?仲間と協力するのは大切?
いろんなことが学べる映画。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.3

今まで親からの愛を一身にうけていたのに、突然わけわからない何者かが来たらそりゃ敵対心燃やすわなあ〜

ティムが は人生ではじめてだれかと協力して目標に向かうという経験をしたと思うけど、確実に成長してい
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

マリーゴールドの金色、死者の国の明るくも暗い色合い、死者たちが纏っているカラフルな服がとても綺麗だった。
「死」という暗いイメージとは反対の色使いがとても印象的だった。

死んだ祖父母をおもいだして泣
>>続きを読む

ノスフェラトゥ(1978年製作の映画)

3.2

ドラキュラって美しいイメージだったけど、外見云々ではなく、吸血行為がエロティックで美しいんだなあ

美しい自然や水面、また、人ではない何者かを示す伯爵の真っ白なお肌が不気味さを増長させていた。


>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.4

不思議な絵で、不思議な世界だった。

人間ではないなにかが主役になるストーリーかと思いきや、やはり人間が世界を作っていくのか〜
人間が飼われる立場だったはずなのに、結局人間が優位に立つ。
知識を持った
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.9

可哀想な人造人間の恋の物語

「可哀想」って言葉はあまり好きじゃないけど、エドワードは可哀想な人だと思った。
エゴで作られたおかげで、自分にも他人にも愛した人にも触れることが出来ず、周りからは気持ちの
>>続きを読む

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.5

ハンニバルのトラウマが歪ませてしまったのか。
愛する人を守ろうとする故の狂気…イイネ

ハンニバルは毎回殺し方が面白くて、見てて飽きない。


青年時代からハンニバル色気ありすぎ。
セクシーだいすき。
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

4.0

愛のパワーってすごいのね…!って感動しそうだったのに、まさかの展開〜!

イかれちゃってる人には、それなりの過去がある場合もあるのか〜ってしみじみ考えてしまった。
同じような人に惹かれてしまうものなの
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

4.0

サイコパスおじいちゃんのはずなのに、ハンニバルがかっこよく見えてしまうのは何故〜
ハンニバルは色々な知識を持ってて、教養もあって、落ち着いていて、欲に忠実ですね。それが素敵。

最後のシーン、ヒェ…っ
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.1

食い入るように観てた。
さすが名作、画面から離れられない。

バーニーとかスターリンみたいな素直で真面目な人は、自分に危害を加えないと信じれるから殺されないんだよね。
わたしはハンニバルから見たらどん
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

ホラーミステリーサスペンス
いろんな要素が詰め込まれてて、今後どうなるの!?ってゆうハラハラドキドキがよかった。

ストーリー自体、かなり面白くてイカれてんなあって思ったりできて楽しく見れた。

この
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.0

なにこれ!?(笑)って感じ
でも、追い詰められたときになにか自分の味方を作り出してしまう人間の弱いようで強いようで難しい本質を見れた気がした。

生と死を超えた友情、なんかすげえなあ。
最後のメニー、
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.1

ネットで解説を見るまでは、ラスト怖すぎぃ!って感想しか持てなかったけど、考察を読んでいくとゾワゾワワッっと鳥肌が立つ!

マーティンが狂っているように見えるし、まあ狂っているんだろうけど、でもそれ
>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.6

最初はストーカーってこんな風に調べあげるんだぁ…って気持ち悪いなぁって見てたけど、途中から おっ?って先がどうなるのかわからないワクワクがきた。
セスは恋する相手を間違えたな〜
ホリー頭いいし、歪んで
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.0

もしかしたら、確率は低いけれど、もしかしたら遭遇してしまうかもしれないサメに対しての恐怖がすごかった。
わたしはオバケとかの存在するかわからないものよりも、サメとかのそこにあるものに対しての方が恐怖を
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.8

赤は赤く、青は青く、色がしっかりとしていて色合いが綺麗だった。
人々の感情を天気で表しているようでわかりやすく、美しかった。

悪者となるストーリー上で都合の悪い人物がおらず、すっきりした物語で終始た
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.1

お姉さん美人すぎる。

映画をみて吐き気を感じたのは生まれて初めてだった。
でも観終わって不快感が残る感じはなかったし、むしろ満足だった。
色合いや音楽の雰囲気、タイミングすべてが好みでよかった。
>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活(2017年製作の映画)

4.0

トウマの自分が誤解していたということを知った瞬間がトリハダだった!すてき!
ナツメの正義感も見習いたいし、アキノリの思いやりの気持ちも見習わないといけないと思った。
ナツメの正義感などもろもろいい所は
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.7

レトロな感じのフィルターでもかかっていたのか、色合いがとても好みだった。

ジョンの成長する上での、自分を受け入れることや家族への思いやり、周りの環境への好奇心など様々な葛藤がよかった。

オチは怖い
>>続きを読む

散り行く花(1919年製作の映画)

4.0

純粋な愛って感じだった。

少女の無理矢理つくる笑顔が儚く美しいと感じた。

安らかな顔で死んだ少女は天国で幸せになれているのかな、前世でなにをしたらこんなに不幸な少女になるんだろうと考えてしまった。
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.7

キチジローの「弱い者はどこに行けばいいのですか」という問いがすごく心にきた。

沈黙したまま、姿も見えず存在しているかもわからない神を自分の身体を犠牲にしてまで信仰し続ける切支丹たちは、何を期待してい
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

観た後の満足感がすごかった。
背筋が凍るホラーじゃなくて、ドキドキハラハラで汗をかいてしまう恐怖でした。

ジェーン・ドウの美しさや、建物の古さや美しさが怖さを増す要因になっているのかな?
すごく面白
>>続きを読む

>|