toshi-moviesさんの映画レビュー・感想・評価

toshi-movies

toshi-movies

ジャンル問わず何でも見ます。
中でも1970年代の日本映画がいちばん好きです。

映画(1063)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ザ・ハリケーン(1999年製作の映画)

3.5

冤罪で投獄された黒人ボクサーの30年に渡る闘争を描く勇気と感動の実話。一期一会の素晴らしさ、カナダ人グループとの運命的な出会いが全て。1966年ニュージャージー州パターソン。ハリケーン・カーター著『第>>続きを読む

ストレンジャーズ/戦慄の訪問者(2008年製作の映画)

3.5

正体不明の3人組に襲撃された男女の恐怖を描く、実話を基にした不条理スリラー。じわじわと静かに、しかし確実に追い詰められる恐ろしさを実感。午前4時の訪問者。"タマラはいますか?"。レコードのループ。"h>>続きを読む

蘇える金狼(1979年製作の映画)

3.5

表向きは平凡なサラリーマンだが、夜は身体を鍛えて巨大資本乗っ取りを企む男を描くハードボイルド・アクションの傑作。松田優作×角川映画で面白くないわけがない。男の死に様は、そのまま生きざまである。東和油脂>>続きを読む

花宵道中(2014年製作の映画)

3.0

江戸末期の新吉原を舞台に、花魁として生きる女が宿命に翻弄されながらも一途な恋を貫き通す姿を描く時代劇ロマンス。子役時代から見ている安達祐実の成長、二人だけの花魁道中シーンの美しさに感慨無量。天保八年(>>続きを読む

就職戦線異状なし(1991年製作の映画)

2.0

バブル期の四人の大学生たちの超売り手市場就職活動をコミカルに描く青春群像劇。コンプライアンスがない時代は企業も学生も嘘をつく。何でもありだが、今観るともの悲しい。就職杯レース。エフテレビ。S潮社とK談>>続きを読む

ブラインドネス(2008年製作の映画)

3.5

謎の奇病で全人類が失明…。その後に展開される善悪美醜の人間模様をリアルに描くパニック・サスペンス。極限状態で簡単に崩壊する人間の理性や道徳心。寓話的設定の神が人間に与える試練と希望。感染する失明"白の>>続きを読む

アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵(2005年製作の映画)

2.0

アガサ・クリステイーの人気キャラクター"おしどり探偵トミー&タペンス"シリーズの『親指のうずき』の映画化。舞台を現代のフランスに移して展開する小粋なミステリー。美しい田園風景にそぐわない慌ただしさは>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ3(2011年製作の映画)

3.0

18年前の過去に遡って恐怖の根源が明かされる。大ヒット超常現象ホラーシリーズ第3弾。前作までの謎が少し明らかになるが、矛盾点あるのが残念。1988年9月カリフォルニア州サンタローザ。祖母の遺品はVHS>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.5

ある死刑囚の告白を受け、事件を追う雑誌記者の執念と驚愕の真相を描くクライム・サスペンス。人でなしの静(リリー)と動(ピエール)の悪意の両輪がフル可動した惨劇。ただ、その悪意は誰でも持ちうる身近なものだ>>続きを読む

SYNCHRONIZER(2015年製作の映画)

3.0

ヒト同士の脳波を同期させる…。禁断の実験に没入する科学者の狂気と愛を描くサイコスリラー。科学者として息子として、そして異性として越えてしまう一線。KODAMA生理学総合研究所。眼帯型脳波測定器。脳細胞>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

全身美容整形という秘密を抱え、モデルの頂点に君臨するヒロイン・りりこの際限ない欲望と転落のドラマ。沢尻エリカの美しさを再認識。智に働けば角(かど)が立つ、美を極めれば角(つの)が出る。女子がなりたい顔>>続きを読む

エクスクロス 魔境伝説(2007年製作の映画)

3.0

傷心旅行で人里離れた温泉地を訪れた女子大生が、突如豹変した村人たちに襲われる…。田舎に行ったら酷い目に遭った系サスペンス・ホラー。心の準備が必要なジャンル不明なんでもありの怪作。阿鹿里(あしかり)村。>>続きを読む

NEXT -ネクスト-(2007年製作の映画)

3.5

2分先の未来が見える男が、能力を駆使してアメリカを狙う核爆弾テロに立ち向かうSFサスペンス。サスペンス要素たっぷりなのに、人物背景の省略が多いのが残念。フラッグスタッフ行き。好きなものはフランケンとキ>>続きを読む

TAXi(3)(2003年製作の映画)

3.0

アルプスの雪山を舞台に、スケールアップしたカーアクションが展開する人気シリーズ第3弾。ドタバタと悪ノリが目立ち過ぎ、それでも007風オープニングとS・スタローンのいきなり登場は嬉しい。TGVより速いプ>>続きを読む

リーサル・ウェポン4(1998年製作の映画)

3.5

シリーズ最強の敵としてジェット・リーが登場する、人気バティムービーシリーズ第4弾。ド派手アクションに友情・家族愛もプラス、エンドロールの写真にチーム一丸ぶりを感じる。ロボコップの親戚。パパとおじいち>>続きを読む

ビューティフル(2009年製作の映画)

3.5

劇場未公開作品。平穏な高級住宅街の裏側に潜む、陰湿な都市伝説の正体を追う少年が知った衝撃の真実とは…。戦慄のミステリー・サスペンス。正当化された悪意ある噂ほどたちの悪いものなし。胸くそ悪必至のトラウマ>>続きを読む

Hなえっちな変態SMクラブ(1987年製作の映画)

2.5

劇場未公開作品。支払いが滞る家賃の為に、SMやコスプレをウリにした特殊な売春を始めた熟女をユーモラスに描くブラック・コメディ。邦題より原題(parsonal services:個人の奉仕)が作品の意図>>続きを読む

処刑島 みな殺しの女たち(2012年製作の映画)

3.0

劇場未公開作品。女性3人の無人島訳ありバカンスが地獄へと化す…。田舎に行ったら酷い目に遭った系サバイバル・スリラー。男には分からない、"女性は何故3人で旅行するのか"という謎を、女性監督ならではの視点>>続きを読む

バーティカル・リミット(2000年製作の映画)

3.5

世界最高峰K2の雪山で遭難した妹のため、兄が決死の救出に挑むレスキュー・アクション大作。登山家の誇りと使命感の描写、美しい大自然と怒涛の迫力映像に満足度大。モールス信号。爆薬ニトログリセリン。ケツに別>>続きを読む

ぬるぬる燗燗(1996年製作の映画)

3.0

女の肌で温めた究極のぬる燗作りに命を賭けた、居酒屋主人の愛と意地を描く大人の童話。1992年関西テレビ『ドラマドス/ぬるぬる燗燗』の映画化。馬鹿馬鹿しいけど、やってる本人大真面目的コメディ。居酒屋物部>>続きを読む

美代子阿佐ヶ谷気分(2009年製作の映画)

3.0

カルト雑誌『ガロ』で注目された漫画家・安部愼一と、その妻・美代子の生活を赤裸々に描く。自らと周囲を犠牲にする、"私漫画"の無限の可能性と限界の現実。ビー玉は"シュールレアレスム"。コロッケとミンチカツ>>続きを読む

告発の行方(1988年製作の映画)

3.0

J・フォスターがレイプ被害者の女性を熱演。シリアスな問題に真っ向から挑んだ法廷ドラマ。悪意で煽られる集団心理の怖さは、どのシチュエーションでも起こりうる。リアリティある衝撃的なレイプシーンは、"全米の>>続きを読む

グリマーマン(1996年製作の映画)

3.5

元CIA特殊工作員の刑事が、連続猟奇殺人事件に端を発した陰謀に挑むサスペンス・アクション。相棒モノとして絶妙なコンビネーション。磔刑のオチもきちんと締まる。"ファミリー・マン"事件。チベットの数珠。必>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

車椅子の大富豪と自由奔放な黒人青年。二人の心の交流が胸を打つ、実話から生まれたヒューマン・コメディ。普通なら出会うことのなかった二人の邂逅から始まる素晴らしい友情。脇役となる周辺の人々の笑顔が増えてい>>続きを読む

HOME 愛しの座敷わらし(2012年製作の映画)

3.5

盛岡の山村にある築200年の古民家に宿る座敷わらしに導かれ、絆を取り戻していく家族を描く、荻原浩原作のハートフル・ホームドラマ。濃い緑色の自然とほのぼのムード…、心が温かくなる秀作。日栄フーズ盛岡支社>>続きを読む

さまよえる脳髄(1993年製作の映画)

2.5

殺害した女性の瞼を切断する猟奇連続殺人事件が発生。精神鑑定の危うさを浮きぼりにするエロティック・ミステリー。濡れ場シーンが衝撃的な高島礼子の劇場映画デビュー作。脳と人間の行動がテーマだが、核心に触れる>>続きを読む

新釈 四畳半襖の下張り(2010年製作の映画)

2.0

昭和初期東京深川、遊びの限りを尽くした中年男と芸者・曽根子の愛欲と情念。永井荷風作とされる伝説の春本の映像化。ノスタルジーもエロティシズムも感じないのは、麻美ゆまの健康的な肢体と肌荒れのせいか。待合">>続きを読む

暴動 バトル・プリズン(2015年製作の映画)

3.0

愛する妻を殺した悪党に復讐するため、あえて罪を犯し、宿敵と同じ刑務所に潜入した元刑事を描く監獄アクション。個々の場面は緊迫感あるのに、俯瞰すると粗が目立つという勿体ない作品。清掃係のウドの大木。妻から>>続きを読む

シャドー・チェイサー(2012年製作の映画)

3.0

父親がCIA工作員だったことから、国家的陰謀に巻き込まれた青年の決死の戦いを描くサスペンス・アクション。敵味方が分かりにくいうえに、結局国家機密は有耶無耶にされ消化不良。父親は"ゴジラ"。別名トム・キ>>続きを読む

パッション(2012年製作の映画)

3.5

広告業界を舞台にした、キャリアウーマンたちの出世争いと壮絶な復讐劇を描くエロティック・サスペンス。デ・パルマ監督の原点回帰的野心作。画面分割にどんでん返し、そして女の嫉妬と情念と性…世界観を満喫。新型>>続きを読む

覗かれる人妻 シュレーディンガーの女(2018年製作の映画)

3.5

退屈な日常を過ごす人妻と、彼女の生活を覗き見る独身クズ男のインモラルな日々を描くエロティック・ドラマ。主人公のダメさ加減が徹底的、そこに学問をねじ込む監督の力業に感服。量子力学の"シュレーディンガーの>>続きを読む

サボテンの花(1969年製作の映画)

4.0

独身主義の中年男が恋人についたささやかな嘘が、やがてさらなる嘘を呼び、恋の行方も二転三転…。スクリューボールコメディの秀作。ザ・シネマ町山知浩撰。スタッフ・演者のコメディセンスが抜群。全てにおいて無駄>>続きを読む

脱走特急(1965年製作の映画)

4.0

戦争捕虜700人が列車ごと大脱走。奇想天外な脱走劇をスケール満点かつサスペンスフルに描く大活劇。見応えある列車疾走シーンだけでなく、組織のトップとしての苦悩や葛藤が大人の映画を思わせる。牧師さんの偽ド>>続きを読む

ザ・コア(2003年製作の映画)

3.5

人類滅亡危機を救うため、回転停止した地球の核(コア)へと潜る6人の姿を描いたSFパニック・サスペンス。異常現象シーンが衝撃的。自己犠牲の在り方も『アルマゲドン』より個人的に好感。電磁場崩壊。静電気放電>>続きを読む

赤い航路(1992年製作の映画)

3.0

男女の極限下における愛憎劇とエロティシズムを赤裸々に描く衝撃の文芸大作。束縛こそ愛で破滅に向かうのが到着地。深すぎる愛は悲劇にしかならないという大人の教え。イスタンブール行き豪華客船。96番バスの切符>>続きを読む

美人妻白書 隣の芝は(2013年製作の映画)

3.0

隣に越してきた美人妻。ひょんなことから不倫関係に陥るが…。コミカルタッチのエロスドラマ。諸々の出来事は起こったけど、収まるべきところに収まった大人のファンタジー。柴田と芝田。誤配達の荷物はセクシー・ラ>>続きを読む

>|