toshi-moviesさんの映画レビュー・感想・評価

toshi-movies

toshi-movies

ジャンル問わず何でも見ます。
中でも1970年代の日本映画がいちばん好きです。

映画(953)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション(2014年製作の映画)

3.5

アクション界のオールスター・キャスト"消耗品軍団"シリーズ第3弾。最強傭兵チームへの今回のミッションは、元創設メンバーで大物武器商人の身柄確保。いつもの重量級に若手メンバーが加わって、ハイテク&スピー>>続きを読む

U.M.A レイク・プラシッド(1999年製作の映画)

3.0

人里離れた静かな湖が恐怖に染まる…。体長10メートルの巨大ワニと人間の戦いを描くパニック・ホラー。ワニの造形はよくできているが、コメディとホラーのどっちつかず感が勿体ない。メイン州ブラック湖。森アレル>>続きを読む

濡れた唇(1972年製作の映画)

3.0

愛欲の果てに殺人を犯し逃避行に堕ちる男女を描いた、巨匠・神代辰巳のロマンポルノ第一作。幼稚な思考の破滅型逃亡劇が、やるせない世界観に哀愁を漂わす。金男だけ安定の日常に戻るのか…。古典的煙草屋泥棒。下吉>>続きを読む

パニック・トレイン(2013年製作の映画)

3.5

劇場未公開作品。乗っ取られた運転室、ブレーキ制御不能の暴走列車を舞台にしたノンストップ・パニック・サスペンス。犯人の動機を不明にしたのは、ムーアゲート駅事故(1975年、事故原因は不明)を参考にしたと>>続きを読む

ウィークエンドはパリで(2013年製作の映画)

3.5

長年連れ添った夫婦のパリ旅行で噴出する互いの悩みや葛藤。そして改めて強まる絆をユーモラスに描くラブ・ストーリー。女が抱える現実と男が夢想する未来はどちらも悲観的だ。だから夫婦は支えあえる。古い映画(ゴ>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.0

競技かるたに青春を懸ける高校生の青春を瑞々しく描く二部作の後編。流れが悪い時は、いちばん楽しかった時をイメージせよとは、全ての物事に通じること。現かるたクイーンは、左利きの"音のないかるた"をする女子>>続きを読む

ダーク・プレイス(2015年製作の映画)

3.5

母と姉二人を殺された少女が、28年後、再び事件の真相と向き合い、封印していた記憶を呼び覚ます異色サスペンス。意味がありそうでない登場人物や小物に惑わされる。カンザス一家惨殺事件。殺人事件再検証団体"殺>>続きを読む

コードネーム:プリンス(2014年製作の映画)

3.0

失踪した娘を救出すべく暗黒街に戻ってきた、かつて"プリンス"の異名を取った伝説的殺し屋を描くハードアクション。こだわり感が一切なく、淡々と進行する救出劇。南ギャレストン地区の王子。"ファーマシー"。ミ>>続きを読む

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(2014年製作の映画)

4.0

人間に虐げられた野犬たちが恐るべき牙を剥く、衝撃の社会派アニマルパニック。ブダペストの路上を疾走する250匹の犬、闘犬調教、言語を越えた人と犬の和解…トラウマ必至のシーンが続々。愛犬ハーゲン。雑種犬重>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.0

競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた大人気コミックを実写映画化。文化部だって"友情・努力・勝利"が三大原則。汗をかかない青春はない。東京都立瑞沢高等学校。分梅神社。運命戦。白眼で爆睡がお約束>>続きを読む

死霊高校(2015年製作の映画)

3.5

20年前の惨劇の因果が恐怖を呼び起こす、POV映像を駆使した戦慄の学園ホラー。超常現象だけで済ますことなく、異常な復讐劇を混ぜたのが効果的。ビアトリス高校演劇"絞首台"。ハングマン(首吊り人)。ネブラ>>続きを読む

マキシマム・コマンドー S.W.A.T. vs デルタフォース(2015年製作の映画)

2.5

劇場未公開作品。退役軍人の兄と陸軍仲間が殺されたデルタフォースの狙撃手の復讐劇。清々しいほどの安易なストーリー展開と見せ場なしの肉弾戦。"7つの秘密作戦"の英雄VS絡むと面倒な掃除屋。ビル・オブライエ>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

3.0

スパイ活動の最前線で繰り広げられる「嘘」と「真実」。泥沼化する中東問題を鋭く突く衝撃作。緊迫感と人間の情愛はあるが、全てにおいて深みに欠けるのが残念。イスラム過激派組織指導者アル・サリーム。ヨルダン情>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

5.0

突然町を包み込んだ濃い霧と、その中に蠢く不気味な生物たちの恐怖。生存をかけて奔走する人々を描く驚愕のパニック・ホラー。何が正しい選択なのか…救いようのないラストはトラウマ必至。キング作品の"人間の怖さ>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.5

理想的な家族だったある一家が脆くも崩壊する様を生々しく描く問題作。感情の赴くまま理想を押し付ける父親、思い通りにならない虚しさを象徴するラストシーンは秀逸。葛城金物店。最後の晩餐。いつか一発逆転。コン>>続きを読む

カテキョのセンセ。(2017年製作の映画)

3.5

ハンデを抱えた思春期の青年と美しい家庭教師の不器用な恋愛を描くエロティック・ラブストーリー。なぜかよくコケる女の子という設定が、意外な伏線ということに驚愕。太鼓橋の定点撮影。Every family >>続きを読む

アフター・アース(2013年製作の映画)

3.5

人類が去って1000年後、独自の進化した地球を舞台に、不時着した父子の過酷な運命を描くSF大作。少年の成長物語として父親目線で観ると結構グッとくる。立ち上がって敬礼のエピソードが巧い。ノヴァ・プライム>>続きを読む

蒼い衝動(1986年製作の映画)

3.0

第一次世界大戦勃発により、村の男たちの出征で大きな屋敷の唯一の男になった少年のエロティックな冒険。少年はたった一度の経験で、狡猾な大人の男になる。筆下ろしはウルスラ。バックのお給仕係。ワカメ水。怒濤の>>続きを読む

ブロークン・アロー(1996年製作の映画)

3.5

盗まれた核弾頭の爆発を阻止せよ。男と男の果てしなき闘いを描くノンストップ・アクション。CGじゃない爆発シーンはやっぱり迫力が違う。タイトルの意味は、第4級の緊急事態で"核兵器紛失"を意味する暗号。聖ジ>>続きを読む

ツクシのエロいい話(2012年製作の映画)

4.0

俳優志望のダメ男に尽くして尽くしまくる究極のドMメガネっ娘・ツクシ。二人の間に愛は生まれるのか…。ちょっと切ないラブストーリー。危険な冒険は心に秘めて、普通の幸せがいちばん良い。アンケートの答えが気に>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.5

ネットで犯行予告動画を公開して社会の不正義に対する私的制裁を繰り返す謎の男の真の目的とは…。同名人気コミックの映画化。青春群像劇の傑作になり損ねた勿体ない作品。予告犯シンブンシ。ゲイツ、カンサイ、メタ>>続きを読む

沈黙のアフガン(2016年製作の映画)

3.5

泥沼の戦闘が続くアフガン山岳地帯を舞台に、敵地に取り残された狙撃兵の戦い。アクション控えめドラマ性重視、こんなセガールもあるんだという新鮮さ。疫病神のコンラッド。タリバンのリーダーの義理の娘。「道連れ>>続きを読む

TAXi(2)(2000年製作の映画)

3.0

新感覚のカーアクションで世界中で大ヒットした痛快シリーズ第2弾。日本絡みで親近感はあるが連発するギャグは不発。日本防衛庁長官誘拐事件。彼女の父は将軍。パトカー山積み、戦車も登場。ニンジャ作戦。三菱ラン>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

5.0

首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の決死の逃亡劇。伊坂幸太郎の同名小説を映画化。見事な伏線回収に芸術的美学を感じる。オズワルド。大外刈。黄金のまどろみ。通り魔キルオと整形アイドル。雨水菅と汚水菅。♪一人そ>>続きを読む

ブルークリスマス(1978年製作の映画)

3.5

UFOを目撃した人間の血が青くなる。青い血の人間を迫害、秘密裏に"処理"しようとする体制の恐怖を描く倉本聰のオリジナル脚本を映画化。国家は異質な者を排除して体制を維持する。謀略に巻き込まれた人々の救え>>続きを読む

幸せの1ページ(2008年製作の映画)

5.0

冒険小説作家なのに極度の潔癖症で引きこもりの女性が、少女のSOSメールに促され南の孤島へと旅立つ冒険ファンタジー。原作はベストセラー児童文学「秘密の島のニム」。やさぐれた心を明るく癒してくれる心地よい>>続きを読む

彼岸島(2009年製作の映画)

3.0

行方不明の兄を探して絶海の孤島へやって来た高校生たちの極限サバイバル。ベストセラー漫画を映画化した日韓合作映画。少年漫画テイスト満載だが、明の友人たちの個性や特技が全く活かされていないのが残念。赤い彼>>続きを読む

弾丸特急ジェット・バス(1976年製作の映画)

2.0

超大型原子力バスの処女運行が石油会社の妨害に…。70年代パニック映画のパロディ満載のナンセンス・コメディ。ギャグの作りが雜過ぎて笑うところない。サイクロプス号(全長50メートル重量75トン定員180名>>続きを読む

ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式(2007年製作の映画)

3.5

亡くなった故人を悼む葬式を舞台に、集まった親戚一同の思惑が複雑に交錯して巻き起こる騒動。舞台劇のような小気味良くキレある良質なブラックコメディ。安定剤じゃなくて幻覚誘発剤。3時に帰りたい司祭。ゲイの愛>>続きを読む

ライジング・フィアー(2016年製作の映画)

3.0

劇場未公開作品。世界を震撼させるテロの犯人に仕立て上げられた元海兵隊員の孤独な闘い。多くの国民を救うため、大統領を犠牲にすることは道徳的なのか。ピッツバーグのランドマーク・スナイダービル爆破。テロ組織>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

5.0

演奏して歌うことで結ばれていく心。温かくも切ない出会いを名曲に乗せて綴るラブストーリー。飾られた言葉はいらない二人の自然な絆が素晴らしい。楽器店でのセッションは映画史に残る名シーン。Guy meets>>続きを読む

悦楽交差点(2015年製作の映画)

3.5

貞淑で美しい人妻とストーカー男が織り成す奇妙な性愛模様を、巧みなストーリー展開で描く官能ドラマ。この世には狂気のキモオタストーカー男より恐い女がいる。ラストの口パクが気になる。1000人目は俺の嫁。読>>続きを読む

追跡(1962年製作の映画)

3.0

数々の名作映画に多大なる影響を及ぼしてきた忘れられた傑作サスペンス。ザ・シネマ町山智浩撰。凝った演出なのに展開は陳腐、犯人の意図がわからない。ツイン・ピークスの袋小路。喘息持ちの男。ポップコーンの情報>>続きを読む

善き人に悪魔は訪れる(2014年製作の映画)

3.5

逃亡犯と知らず、見知らぬ男を招き入れた主婦が遭遇する恐怖を描くサスペンス・スリラー。偶然ではない必然の衝撃と母は強し。極めて悪質なインテリナルシスト。クレストン・レーン17。車の盗難防止アラーム。「寝>>続きを読む

ワイルド・マックス(2015年製作の映画)

3.0

劇場未公開作品。南の島のバカンスが悪夢のサバイバルに…。リゾートに出かけたら酷い目に遭った系サスペンス。ストーリー展開は薄いので、美しいバハマの風景と女優さんを堪能する作品。キズメット(運命)に乾杯。>>続きを読む

難波金融伝 ミナミの帝王 キタの女闇金(1994年製作の映画)

3.0

カネを通して社会の闇を照らし、生活の知恵も身につくOVシリーズ第5弾。本作は東西同業者対決、同じ債権債務でも違いがある。民法第174条・一年の短期消滅の時効:飲み屋のツケは一年経ったら払わなくてよい。>>続きを読む

>|