adamさんの映画レビュー・感想・評価

adam

adam

映画(557)
ドラマ(42)

よこがお(2019年製作の映画)

5.0

言葉にはしたくない、なんともいえない作品だった。横顔を見ただけで、その奥に隠れた全ての像を見たかのようなつもりになる。人が人を見たとき、人生を想像したとき、いつも不完全な上に成り立つものだということを>>続きを読む

アンナと過ごした4日間(2008年製作の映画)

3.7

仕事、家族、信頼、あらゆるものを喪失した男。その喪失感を埋めるためにひとりの女性を愛した、というよりも、ただの過去の贖罪のように見える。もしも本当に愛していたのなら、その愛はもっともっと淋しく、深い傷>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.7

無音電話。"ない"を忘れる。隠れる猫。そんなひとつひとつの物事が面白かった。ナチュラルな色っぽさと暗くてザラザラしたトーンが続く中、ビニールハウスが延々と燃える姿が目が痛くなりそうなくらい焼き付いてい>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

-

昔は好きだった、ジメっとしたこういう邦画、最近はじっと観るのが苦手になってしまってしばらくご無沙汰だったけれど、「こういう邦画」に括られない魅力を演者の中に見つけた気がする。どんな人間にも、ツナキと寧>>続きを読む

甘い罠(2000年製作の映画)

4.0

イザベルユペールの歪んだ美魔女シリーズ?頭の切れる美女が、ひょんな世間話から「自分は取り違えられた子では」と疑い、不穏な家族に自ら迷い込む。平衡を装った人間関係に他者の視線が入ることで静かに何かが剥け>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

共感は全くないけれど、役者の素朴な魅力が溢れていて、ホッとした。

>|