サウザさんの映画レビュー・感想・評価

サウザ

サウザ

レビューは自分向け

映画(344)
ドラマ(25)

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.0

人間の心ってこんな簡単なの
ぺらっぺらで吹いた
映像はたまんねえほど好き

ラブレス(2017年製作の映画)

3.0

自分の親には愛とゆとりがあったことを噛み締めたよね

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.0

”What do you want?”

聞いたところでわからない
本質を見抜く力が試される
常に考えながら観ると楽しい


拷問HowToの応酬
爆音のやつはまじで不快

クラシック音楽の使い方がく
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

文句なしのアカデミー賞!

歴史にタラレバはないので
何が正解かはわからない
だから決断に対する言及は控えるとして・・


極上の映画だった
たまんねえよ

チャーチルに焦点を当てられがちだけど
国王
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.3

サンパウロの青春劇。
猛烈にノスタルジック。
最後のニケツシーンはグッとくる。

カット割りと音楽がセンスの塊。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

Dr.ヒルルク「人はいつ死ぬと思う・・?」のビジュアライズ

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

2人は純愛をただ貫いてる

周りの人々が愛を持って許容するのが素敵
注がれる物体によって姿を変える水のよう

露骨な性描写とクスッと笑えるユーモアが
陳腐な偏愛映画と一線を画してる

ラストは予想外
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

みんな赦されたいんだよな。
いきなりくるラストがナラティブ型映画。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

2.6

まさかの本人出演!

凡人の勇気に焦点を当ててるんだろうけど
うーん、消化不良だなあ。

ヴェネチアからのアムスがハイライト。

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.0

どっちがクレイジーかって話よ。
ギルバートグレイプのジュリエットルイスはどこいった

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

ミュージカルの苦手意識、克服した!!
IMAXであと2回は観たい。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

知らなかった戦慄の一夜。

すごかった。一貫した緊迫感。

人種差別というか、権力の暴走。
力には力を。
これが唯一の防衛策な気がする。

真相は究明されてないらしい。
そんなんで映画にしていいのかは
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.2

いやあ泣いたね。

子どもの友情、遊びに懐古。
伏線も秀逸だなあ。

コンパクトで暗すぎず、あったかスッキリ。

家族って枠組みはいらないとさえ思う。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.0

圧倒的名作。
しびれない男いないと思う。
サックスがいい仕事してる。

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

2.8

断片的で全然楽しめなかった。
子どもには分からない意味の深い物語らしいです。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

3.8

本当に強い人だな。
スピーチ泣ける。
ダンスも全然気にならなかった。

爽やか!

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

2018年のシネマライフは幸先いい!!


一言でいえばパワーvsセンス

トランプ、GAFAへのアンチテーゼと受け取った!
シニカル!

小気味よい音楽と長回し”風”のアクションシーンは前作から引き
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.0

MX4D初体験。

正直、内容入ってこなかった。

レイがライトセーバー振り回す。グルングルンと座席が動く。
え、おれライトセーバーなの?

ベンがマントを脱ぐ。ガタンと座席が動く。
え、おれマントな
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.5

創業ストーリーおもしろい。
他企業のもどんどんやってほしい。

紆余曲折あって、あのスピーチは感動的。

でもやっぱり、ルーニーマーラが偉大。

ぼくのバラ色の人生(1997年製作の映画)

2.8

LGBT先進国のフランスから。
でも舞台は、90年代。
理解が乏しすぎて辛辣。

せめて、家族だけは味方でいてほしい。
本人だけではなく、孤立する家族の苦悩がとてもリアルで印象的。

脈絡のないファン
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.0

誰しも「部屋」つくってるかも。
新陳代謝よくしてかないと。

PK(2014年製作の映画)

3.2

相変わらず、歌って踊ってた。

突飛な設定と社会派テーマ。
問題提起が秀逸で、尚且つおもしろい。
インド発ってのに意義ある。

ムッキムキでボンキュッボンだったー。

怒り(2016年製作の映画)

3.4

みなさん演技がお上手で。

怒りとか、信じるとか
結局、外向きなんだと再認識。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

たまらない!

小さな光を紡ぐ
希望に胸高鳴る

宇宙戦が過去最高にエキサイティング

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.4

間がすばらしかった。

嵐の前の静けさ。
「どーなる?」

「王道か、いや蛇道か」


「自分ならどーする?」



銃声銃声銃声銃声銃声銃声
銃声銃声銃声銃声銃声銃声


心臓弱い人は要
>>続きを読む

>|