ちぃさんの映画レビュー・感想・評価

ちぃ

ちぃ

週末のどっちかは映画館に居ます。

映画(398)
ドラマ(9)

ディーン、君がいた瞬間(2015年製作の映画)

3.6

ジェームズ・ディーンね…観たこと無いんだ…。
写真だけ見てめちゃくちゃ雰囲気あるイケメンだなぁとは思ってたけど。

ミステリアスな俳優のプライベートに迫ったシンボル的な写真と、それにまつわるエピソード
>>続きを読む

アメリカン・ドリーマー 理想の代償(2015年製作の映画)

3.8

好きな2人の出演作なので、消える前に滑り込み。

非常に単純なストーリーなのに、不思議と見入ってしまった。
こういう雰囲気の映画なら、本当ならもうひと捻りふた捻りあるものが好みのはずなんだけど。

>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

異なる民族、異なる信仰を持つ人々が入り乱れて生活する街、ベイルート。
この物語はフィクションだとしても、紛争の火種はこんな風にどこにでもあるんだろう。
中東情勢はからっきしな自分にも、登場人物達の背景
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

「誰にでもお薦めしたい映画なのに、公開規模小さいなぁ。」と言う印象。

これが実話ってのはかなりすごい。
現代でも困難な事を、半世紀も昔に実現したロビンとダイアナ。
周囲に恵まれていたとは言え、リスク
>>続きを読む

真珠の耳飾りの少女(2003年製作の映画)

3.7

以前、本物が日本に来た時見に行ったと思うんだけど、真珠の光沢や陰影が素晴らしかった事以外あんまり記憶に残ってないんだよね…。
その頃この映画も見ておきたかった。

さすがはファインアートを題材にした作
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.7

廃材から自動車を作れる中学生は飛び級で高校でも大学でも行けるのでは…。

よくある類の『少年、ひと夏の冒険』物だなーと思って見てたんだけど、少年2人の生活環境のコントラストが極端なのが印象的。
大人び
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.8

「西側も見ましょうね」という事で鑑賞(時代違うけど)。
あまりにも豪華なキャストと“難解”との評判に恐れをなしてズルズル後回しにしてたんですよね。

いやぁやっぱり難しい!
ゲイリーの役名すら分からな
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

3.6

図らずもスターリン政権にまつわる作品が続いたけど、空気感は対局。

スターリンとその側近達をここまで矮小化して、馬鹿にして、笑い者にしてしまうなんて!
そらロシアで上映禁止になるわ!

ゲラゲラ笑う系
>>続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.9

2018年レビュー100本目になる作品に何を見ようかな〜と考えて、ちょうど鑑賞日にバースデーを迎えたトムハの主演作をチョイス。

ロシア人のいないKGB(の前身)モノ。
そりゃまあいないでしょうけども
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.4

背景と小道具がどことなく古臭くて、「2005年の映画!?90年代の間違いじゃなくて?」ってなってしまった。
(それくらいの時期に地上波放送でよくやってそうな話だし…。)

カラー調整してないからキリア
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.7

【これから鑑賞される方へ】
・仕事のストレスが溜まっている場合は、大きめのタオルを持参するようお勧めします。
・大事な会議の前日のご鑑賞はお控えください。思い余ってすっぽかす可能性があります。
(※体
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

4.3

久しぶりに鑑賞したけど良いわ〜!

最近そこそこ観るようになったけど、本当に恋愛物苦手だった頃から大好きな作品。
『脇が生きてるから(ダウントンのグランサム伯爵が若い!)』とか『ユーモアがあるから』と
>>続きを読む

デイブレイカー(2009年製作の映画)

3.0

“吸血鬼が感染”って、それはもはやゾンビなのでは…?

ウィレム・デフォーが最終的に全部持って行ったのは良いとして、何故これ程まで不毛なストーリーにする必要があったのか。
「打ちのめされる」と言うには
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

え、またなの?
ピム博士に人生狂わされてる人多過ぎない?むしろ様式美なの?
マイケル・ダグラスならしゃーないかぁ〜。
スコットのあまりの愛されキャラっぷりと好対照で本当に面白い。

あの若ダグラスすご
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

案の定映画館の窓口で噛みました。

マーク・ハミルに言わせたい台詞TOP5に入りそうな台詞が出てきて小躍りしたくなった。
あのスッて役に入る所なんて本当さすが!

“外の世界”を知らずに育ったジェーム
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

3.5

「ホット・ファズ」から続いて鑑賞。
こっちはすごーく「スコット・ピルグリム」撮った人の作品だなぁ〜という感じ。つまり意味分かんねぇ!
「ショーン・オブ・ザ・デッド」とのリサイクル感もあり。

お酒は飲
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

カメ止めが「ショーン・オブ・ザ・デッド」以来の傑作ゾンビムービー(と言って良いんだろうか?)と評されているのを聞いて、以前Amazonで3点セットを購入したエドガー・ライト×ニック・フロスト&サイモン>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トリュフォーの「映画に愛をこめて アメリカの夜」を思い出した。
映画を撮る人たちのお話。
監督の乗り気じゃない感じとか、ハプニング連発な所とか。
オマージュ入ってるのかな?

いやー、笑った笑った。
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.4

観終わった瞬間、次の回を観たくなった(レイトショーで次の回無かったけど)。

めっっっっちゃカッコエエ…。
デビーのあの手口真似したい(絶対捕まるけど)し、ルー様のファッション最高…。
りちゃみ殿が珍
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.2

オーシャンズ8公開前に元祖の復習をば…と、ひっさしぶりに鑑賞。

あまりにも豪華なキャスト(ケイシー・アフレックとドン・チードルが出てるの全然知らなかった…)にセンスの良い音楽、シンプルな脚本に隙のな
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.8

べ、別にフォールアウトにブラントがいなかったから観たんじゃないんだからな!
(どちらかと言うと射程の長い◯ー◯ア◯だった…)

そう、そんなミーハーな気持ちで観てはいけない映画だった…。「ママのお腹に
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

「えっおトムさんこんな事まで…?!さすがにCGでしょ?」って半ば祈るような気持ちでメイキングを見て腰抜かしましたわ。
シリーズ6作目、スタントのハードルがどんどん上がって行く…お願いだから無理しないで
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.5

手放しで「あぁ…もう、最高に良いです…」って涙と鼻水で顔ぐちゃぐちゃにして大の字になってしまう感じの映画でした。

愛し愛されることに慣れてない2人。
端から見れば、ぎこちなくて歪な関係に見えるかも知
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

洋館ホラー(Ft.恐竜)

シリーズも5作目。目先を変えてみる事も必要だと思うけど、いかんせん恐竜には人間の建造物のスケールが合ってない。
もっと縦横無尽に暴れまわって欲しいんだよ〜!
3本目に期待が
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

レディースデーだった事もあり、かつてない女性率の高さだった。
終映後一斉に席を立つ観客の中に2・3人紛れていたお一人様の男性客。
彼らの事を思うと涙を禁じ得ないワケですが、意外にも女対男の単純なバトル
>>続きを読む

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.1

キンクス再結成のニュースに「ふーん」って思ってたタイミングで、思いがけずキンクス激推し映画に出会ってしまった(笑)

一般人のお悔やみ記事って、日本だと新聞の地方版に住所・氏名・葬祭場くらいしか情報載
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.7

なぜか人形劇が盛んだった私の地元。
幼稚園くらいの頃よく見に行ってたんだけど、特にお気に入りの演目は「三枚のお札」だった…なんて事をふと思い出した。
多分パペットのビジュアルテイストが似てたんだな〜。
>>続きを読む

最悪の選択 Calibre(2018年製作の映画)

3.9

フィルマークスに載ってるジャクロの出演映画、本国公開済の5作品中4作品がしんどい話なの何とかなりませんか(England Is Mineは未鑑賞)。

ハイランド地方なのかな?荒涼とした風景と作品の空
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.0

(あ…予算増えてる…)
CGが格段に綺麗になってたよね?

波に乗り遅れたのにちゃんと1→2の順番で観られてありがたい。
あー、でも歌覚えて絶叫上映で歌いたかったな〜!カラオケ行くか?

次から次へと
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

おい!アメリカ人どうした!?
これが面白くないだって?
分からない…何故なんだ…。

公開前に言われてた画面の明度は…確かに暗かったけど…IMAXでアレだと通常の3Dは厳しいかも知れんね…。
でも若き
>>続きを読む

ALONE/アローン(2016年製作の映画)

3.6

「実は…」と登場人物に衝撃の過去を語らせるのは劇中1回まで。2回目からは0.1点ずつ減点します。そんなルールの必要性を感じた映画でした。

ワンシチュエーション・ドラマだと思って観るとちょっと要素盛り
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

ジェイコブ・天使・トレンブレイくん主演だし、観ないわけにはいかないと思いながらも、正直「“好奇の目を向けられたり、差別されたりして傷付いた主人公が立派な行動や不屈の精神によって周囲に認められていく話”>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.6

公開日に観たのは良いけど、2の記憶がほとんど消えてて、ブレンダあたり誰おま状態💧復習しとけよって話なんだけど、公開期間空き過ぎなのも一因だと思うよ!
1と2見直してからリベンジするか!?
(公開終了ま
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.4

うーん、ちょっと色々強引な話だったかなぁ。

出てるって知らなかったエイダン・ターナーに不意打ち食らったけども、中世から続くイギリスとアイルランドの確執が良く分かってないからRAFに入隊しただけでそ
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

3.8

夫はアルツハイマー、妻は末期ガン。
同居する息子は定職に就いてない。
そんな悲愴なテーマを底無しに明るく描いたロードムービー。

「半世紀連れ添って、それでもまだお互いに恋してる夫婦って世間にどれぐら
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.6

市民を守る立場の警察官が関わった(虐殺)の真相をスリリングに描いた作品なんだけど、「英語話者のアメリカ人同士でこうも話噛み合いませんかね?」っていうイライラが抑えられなくてダメでした。

警官3人が極
>>続きを読む

>|