TakumiSashoさんの映画レビュー・感想・評価

TakumiSasho

TakumiSasho

批判はせず、よさだけ抽出
点数つけるの苦手です

映画(240)
ドラマ(99)

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

適役、味方役ともにキャラが濃くすごく人間味を感じるキャラクターばかり
いろんな視点で観れる
みんなかっこいい
正義とはなにかという問いかけ
最高だよ
ゴッサムには住みたくない

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.6

ジョーカー見るためにちゃんと見ようということで
アメコミの王道ということでしっかりしたストーリーで誰でも楽しめる
バットマンがなぜバットマンになったのか
人間関係もよい
モノレール乗ってみたい

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.6

カオス
みんな心のどこかで闇は持ってるんだろうし幸せってなんなんだよって美とはなんだって
終盤の情報量おおくてあっという間な後半

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.8

こんだけNetflixでいつでもどこでも観れる時代だからこそ映画館に行きたいよな

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

SF映画として良く作られているし、私たちへの問いかけとしてとてもメッセージ性のある映画としても大変良く作られてると感じた。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.3

近未来SFの描写、技術的なところや街や部屋のデザインにとても魅力を感じた
終盤につれどうなってくの?っていうところやこの映画こその葛藤するシーンが見どころかな

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

若い2人が可愛かった
ドライブしながら音楽聴くのは最高
音楽の使い方が上手いなと感じる映画だった

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.9

邦題、原題を知ってから見ればな〜と
モンパチの小さな恋のうた

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.5

1作めを初めてちゃんと見た
だれが裏切ったのかってとこだよね
ハラハラドキドキ

アルゴ(2012年製作の映画)

3.7

ハラハラする
本当にあったミッションインポッシブル

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

3.4

群集劇
心理描写が少なく背景や過去が気になるしそれゆえにリアルにも感じる

ミュータント・タートルズ(2014年製作の映画)

4.0

おもろいやん!ヒーローもので4人組で連携とるとことかテンション上がる

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

場面転換が分かりやすくずっと集中して見てられる

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.8

まだ小さかったころ母親が私を寝かせてくれる時によく子守唄を歌ってくれた
それを聞くと私は眠り母親がいない世界に行く
少し経ち母親は風邪を引いた時にだけ子守唄を歌うようになった
意識があったりなかったり
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.4

なんか評判が気になって敬遠していたけど面白かった

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.5

映画天国
群衆劇のおもしろさに共通する人と人の繋がりや生と死を美しく見せてくれる
+αの良さもあり!

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.6

おもしろかった
え、こうしないの?って思うところはあった

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

松岡茉優のいろんな表情が見れます
人、自分も持つ欲に気持ち悪いと感じる時期って誰にでもあるんだなって

>|