Nanaさんの映画レビュー・感想・評価

Nana

Nana

最近始めたばかりです。
過去観た作品をさかのぼり、
記憶を蘇らせ今更ですが
コチラにレビュー移行中。
少しずつ書き溜めていこうと思います。

✔月に最低3回は劇場鑑賞。
✔ジャンル問わず映画が大好き。
✔無言フォローも歓迎です。

映画(85)
ドラマ(0)

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.5

皆さんのレビューを見ててずっとわくわくしてまして、やっと観てきました!
期待通りの映像美でした。本当に本物と変わりない動物達に終始感動。
わが家でもネコ飼ってますが、ネコ好きの身としてはたまらない仕草
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

5.0

本当素敵な作品!面白かった~!
まず感情剥き出しのセリフの言い合いがめちゃくちゃ賑やかで早口で、全然退屈しない。悪い言い方でうるさい笑
でもそうゆうの凄く好きです。

パットもティファニーも、過去の自
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

5.0

前作から10年…。2010年7月に公開しましたが、ちょうど2010年4月に娘を出産し、育児真最中の私はもちろん劇場には行けないのでDVDレンタルを待ち望んでいたのを思い出します。その後、3に関してはD>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

5.0

本作でジェシーの登場です。
そして本作をはじめて観たのが中学生から高校生になりました。時代の流れ…
友達と、あのおじさんがウッディを磨いて綺麗にするシーンで、
チークをシュッシュってやる所良いよね~!
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

5.0

先月トイ4鑑賞して、トイ・ストーリーシリーズ記録してなかったので思い出に。
公開年は1996年。何度も見てる作品ですが、友達に面白いよ!と言われて、はじめて観たのが当時中学生でした。
キャラクターがと
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

この作品を観たのがちょうど1年前。
泣けるコーナー的な所に置いてあったので気になりレンタルしたのを覚えています。
結果もちろん泣きました。笑
宮沢りえの母親役も素晴らしかったですが、特に杉咲花の演技力
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.0

最高に愛くるしいベイマックス。

娘と劇場鑑賞。
記録用。

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.8

娘と劇場鑑賞。
記録用。

当時娘は5歳だったので、5歳児には難しい内容だと感じました。映像は可愛く楽しんでる様子でしたが…今観せたらきっと違うでしょうね~、また一緒に観てみよ。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.0

”ウォールフラワー”の意味はそういう事か、なるほど。
まず高校生活1日目を迎えたチャーリーのドキドキ感、表情とか、目立たないようにしてるのがすごくリアル。”はみだし者”と公言してるサムやパトリックと仲
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

本作は昨年あたりかな、DVDで鑑賞。
一言いうと…劇場で鑑賞するべき作品だったなと思いました。
期待値がかなり上がっていたので、結果はそれを上回る程ではなかったかな。というのが正直な感想です(劇場で観
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

特典映像で、少年”オスカー役が決まるまで”も本編見終わった後に見ましたが、この子、北京語も喋れる頭の良い少年。あるクイズ番組に出演したのをキッカケに監督に抜擢され、映画は初出演で演技も未経験だったそう>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.5

実話だからもちろん感動しました。
大変苦労されたんだと、観てて辛くなるくらいでした。それでも8年信じて待ち続けるって普通出来ないし、本当に素晴らしいなと思いました。
個人的感想ですが、佐藤健、こういう
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.8

夏にピッタリの、海に行きたくなる様な作品です。モアナが歌う歌が素敵で映像ともピッタリ。モアナの強さと決意が伝わってきて、勇気を貰えます!
モアナは今までにないタイプのプリンセスですよね。娘と鑑賞しまし
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.9

原作未読。「彼女がその名を知らない鳥たち」と同じ”沼田まほかる”のミステリー小説の映画化。
まず美紗子(吉高由里子)の幼少期から話は進んでいくんですが…
もう闇かかえすぎ。怖すぎ。でも吉高由里子ピッタ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

”共感度0%” ”不快度100%”
と言われてましたが私は結構好きなタイプの作品でした。登場人物、皆クズなんですよね笑。でも私の中では共感度0%とは感じなく、そのクズっぷりが逆にリアルというか。面白
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.8

先日、インド映画の「サンジュ」を見て、インド映画は私には合わないのかな~なんて思っていたんですが、本作は皆さんのレビューも高評価ですし、かなり期待していて気になっていた作品でした。

同じ159分でも
>>続きを読む

SANJU/サンジュ(2018年製作の映画)

3.0

これ実話なんですね、破天荒すぎる人生。親の期待と重圧に耐えられなくなって、壊れていき薬物中毒になる様は凄かったです。恐怖感じるくらい完全にイッちゃってる笑。
それよりサンジュ、20代~歳取るまでと、
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.8

とにかくベイビー可愛すぎる。
小学生の娘もクスクス笑ってて、大人も子供も楽しめる作品だと思います。
赤ちゃんが絶対にしない行動したり、ありえないんですけど笑っちゃう。
ムロツヨシ最高。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.8

東野圭吾作品当たりハズレある作品のうち、本作はハズレと感じました…。
劇場で鑑賞しましたが、久々に残念な気分で劇場を後にした記憶です。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.8

Disney/Pixarシリーズどれも好きな作品ですが、私の中でのランク付けは
①トイ・ストーリー
②リメンバー・ミー
③インクレディブル
④モンスターズ・インク
⑤インサイド・ヘッド

本作はトイ・
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

まず、オール広島·呉ロケという事で地元の身としては絶対に外せない作品だと楽しみにしていました。
残念ながら公開初日には行けなかったものの、初日当日はえびす通り商店街で”広島凱旋レッドカーペット”も行わ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

公開から2ヶ月たちようやく劇場で鑑賞した作品。冒頭から鳥肌で、記憶に残る数々の音楽。大好きなミュージカル映画の1つです。

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)

3.5

”実話に基づいた物語”
という事で気になりレンタル。何も情報知らないまま、ある女流作家が犯罪に手を染めていくとの事で、殺人とか何かかなと思っていたけど完全に勘違いでした。派手な演出や曲ではなく、JAZ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.8

カエル男にゾクゾク。怖いけど面白かった。カエル男の正体がまさかの!!
え?嘘でしょ、そーだったん!?と全然気付かずDVD何度か巻き戻して見た記憶。

そして父になる(2013年製作の映画)

3.0

”1977年,沖縄赤ちゃん取り違え事件”
を題材にした是枝裕和監督の作品。

記録用。

ゆずりは(2017年製作の映画)

3.0

何故この作品を観ようかと思ったのは、予告が良くて、めちゃくちゃ泣けそうな感じだったから。でもコロッケ出てる!?の衝撃もありましたよ。笑

新入社員役の高梨(柾木玲弥)が葬儀屋に勤め成長していき、遺族の
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

記録用。

”コード・ブルー”はドラマずっと見てきたので楽しみにしてた劇場版。
勿論感動しましたが、やっぱり私はドラマ派です。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.0

原作”2016年 第13回 本屋大賞受賞”
当時の天皇陛下も鑑賞されていた作品。
久石譲×辻井伸行(ピアノ)

上白石姉妹のピアノの印象は残ってますが、感想はというと…あまり思い出せないので記録用で。

凶悪(2013年製作の映画)

2.9

ノンフィクション小説
”凶悪-ある死刑囚の告発-”

気が滅入ってしまう程、山田孝之がひたすら暗い…。ピエール瀧もやばいし、見た目そうでもないのに、さらに上をいく先生と呼ばれとるリリーフランキーはもっ
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.0

この作品を観てみようと思ったきっかけは山田裕貴くんが出てるから。の理由でした。勿論、菅田将暉も好きですけどね。
何の情報もないまま見始めましたが、登場人物それぞれの人間模様があり、男臭さ感じるストーリ
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.5

まさかの展開でしたが、ラストは菅田将暉の強烈な演技に熱いものを感じました。
物凄い熱量!!!!ラストシーンは涙なしでは見れませんでした。”終わりよければすべてよし”てな感じでラストは本当に素晴らしい!
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.0

まず観終わった後、もう終わり?という程あっという間の130分でした。退屈に感じる事なく冒頭から引き込まれる映像であったり、終盤の会議のシーンから菅田将暉,田中泯さん2人のやりとりには鳥肌が立ちました。>>続きを読む

>|