nobikkoさんの映画レビュー・感想・評価

nobikko

nobikko

映画館が好き
なんだかんだで邦画が好き
そして出てきたご飯がすぐ食べたくなる

2016年からの記録

映画(156)
ドラマ(0)

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

おーもーしーろーかったー🤣
最高でした。
主役の二人を筆頭に、皆が全力で演じているのがとっても気持ちよくて、スタッフも大真面目に熱く製作しているのが伝わってきた。
GACKTとふみさん大好きになったー
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

5.0

やっとやっとやっと、観ることができた😭
冒頭5分くらいで、気づいたら口開いて涙がツーと流れていた。
規模ほんとすごい。こんなものが人間に作れるんだね。
ここまで映画な映画はあるのかってくらいオーバーな
>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.0

アニメ版を見た記憶がうっすらある。
実写となるとリアルすぎてちょっと引いていたが、いざ観てみるとダンボがめっちゃ可愛くて愛しかった。
飛ぶシーンも圧巻で、子供たちとの関わりもよかった。
囚われたジャン
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

めっちゃ良かった😍
運び屋がごきげんだから観客もごきげん😚
自然な伏線、クソみたいだけどカッコいい掛け合い、ジジイならではの卓越した返し。シンプルなのに見事な脚本。そして最後はこんなに泣けるとは思わん
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.4

今まで観たインド映画の中で一番泣けた。
ムンニーを見るだけで涙出る。涙腺が壊れた模様。
そして、ナワーズッディーン・シッディーキー演じる記者が登場したとこからグッと面白くなる。
小躍りしてるとことかも
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

ブライアン・メイは本人出演ですか😳似すぎでしょうよ。ライブ・エイドのシーンは大声で歌い拳を突き上げたかった✊
ミュージカルのロックユー気狂いだった頃が蘇り涙と鼻水止まらんし、フレディーのことを知れて良
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.7

毎日毎日、目の前のことで精一杯。
なぜか常にギリギリで急いでいて、ホッと一息をつく暇がないまま日々が過ぎていく。
土日も平日より忙しくて瞬時に月曜日。昔からゆとりが全然作れない。
人と比べまくってモヤ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.3

低評価の割には結構よかったんだけど、くんちゃんの声が全然しっくり来ず⋯
それと、子は生まれたけど自分と違いすぎる生活水準や夫の感じに負の気持ちが沸いてしまった。

犬のゆっこがいい味出してたな。

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.8

ひーおもしろかったおもしろかった😂
豪華すぎる出演者たち。
演技がうますぎる。全力すぎる。
笑いすぎて元気になって帰ってきた。
思い出してニヤつく。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

最の高高高‼︎
初めはちょっと体調も悪かったから本気で出ようかと思ったものの⋯
最後、達成感で涙も止まらんくなった。
映画製作をかじったり、映画業界を知っている人はあるあるたまらん。
こんなに頑張って
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

待ちに待った是枝さんの新作。
優しいけど、厳しい。
ずんと沁みる。沁み入って観た。
垣根の上からのアングルのカットがすごく好きだった。
今日のご飯がカップうどんとコロッケなのは、手抜きでも何でもない、
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

東映じゃけえ、何をしてもええんじゃ。
そんな知らんけどあの時代の東映が戻ってきた。

最の高、呉が熱い熱い。ヒリヒリする。
“ノータリン”って久々に聞いた。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

観終わった後の喪失感といったら( ゚д゚)コンナコトッテ⋯
完結編観るまで絶対死ねん!

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.7

抱っこdeシネマで🐻

シニカルなヒュー様最高😍
カラフルでワクワク。
パディントン、たまにムカつくけど憎めないなあ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

抱っこdeシネマで
トロさん嬉しい
ルークが出てきて胸熱

最後まで見届けなければという使命感

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

是枝監督にしか作れない、とても贅沢な作品だった。
いつものテイストとは違ってサスペンスだけど、優しさがこっそり混ざっていた。

演技がみんな深い⋯

個人的にはいつもの人間ドラマが好きです。

(2017年製作の映画)

3.2

いろいろな光が出てきた。
光を感じることができない人たちも出てきた。
その人たちは光を想像する。
それは、目で見るよりも鮮明に印象深く脳裏に浮かんでくる。

自分にとっての光のイメージは、フィルムを映
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

『人生はビギナーズ』が大好きだから楽しみにしていた。
しみじみよかったなあ⋯

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

正直、理解しきれないまま終わってしまい、後に解説でだんだん分かってきた。
母になった今、もう一度観直したい。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

詩的なのは好きじゃないけど、これはすんっと入ってきた。
最後に同じ価値観で笑うところが大好き。
人生でこういう人との出会いをとても大切にしたい。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

あのシーンはトラウマレベルで観終わってぼーっとしていた。

ミシェル・ウィリアムズほんと好き。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

超大作の意味がわかった。規模がほんとやば!こんなん作れるインドすご!
オープニングタイトルからものすごいカッコよかった。
ハリウッドの歴史ファンタジー物と違うのは、背景を汲み取った歌がついているところ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

エクソシスト+ホラーは普通なら観ないジャンルだけど、評判がヤバくて怖いもの見たさで観たら、怖くて笑うしかなかった。
國村さんはこの先トラウマです。
観終わって、音読みでコクソンとも読めると気づいて、今
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.5

シンプルで淡々とドキュメンタリーのように、ただ現実を伝えていく。
無情な中に人の温かさもある。
泣かそうともしていないのに涙腺崩壊だった。

ケン・ローチ氏、一生着いていきます。