ooさんの映画レビュー・感想・評価

oo

oo

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

3.4

分かった。アマデウスもだけど、it's just not the right time for me. また何年か後に見よ

人が衰える姿は怖くて悲しくてちょっと綺麗

アマデウス ディレクターズ・カット(2002年製作の映画)

3.0

まじでずーっと見たくてやっと見れたけど、やっと見れた系ってやっぱ期待しすぎちゃうな。ずーっと見たいけどまだ見れてないバードシットとかも、過度に期待しないようにしなきゃと思った。

よく考えたらモーツァ
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

-

元太と高木刑事が声一緒なの初めて知った。後爆発しなかった。

評決のとき(1996年製作の映画)

4.0

KKKやばすぎ。マシューマコノヒーとサンドラブロック色気やばすぎ。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.3

近未来SF系を楽しめなくて本当に悲しい。設定を飲み込むのに時間かかる。いつからこういうの楽しめなくなったんだろうと思ったけど、思い返せばガンダムもウルトラマンもゴジラも全く見たことないから、ロボットと>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

うううわあ。怖すぎる。全員に見てほしい。
常に相手がどう思うかを考えて行動すればこんなことにはならんかもだけど、それは難しい。過去の自分の言葉が、行動が、未だに誰かを苦しめてるかもしれない。償い忘れて
>>続きを読む

我々の父親(2022年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

グロテスクで興味深い内容だけど、せっかくご本人たちが出てるのに、こういう演出めいたものがある感じのやつ苦手。事件の内容は伝わるけど人の気持ちを感じ取るのが難しい。これならアンビリーバボーとか世界仰天か>>続きを読む

野火(2014年製作の映画)

3.8

不思議な臨場感だった。変だけど何か迫ってきた。

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

-

いったい何人の大人が集まってこんなにぶっ飛んだこと考えてんだろうか。企画会議に参加させてほしい。

カモン カモン(2021年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

正直面白いとは思わなかったんだけど、何か自分にとって特別なものを感じた。この感覚を言語化するのは難しい。
忘れてしまったものや、自分が何かにとても怯えていることや不安でたまらないこと、そういう答えの出
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと極端だけど、まじでこの旦那みたいな人いるから本当に恐かった。

俳優さん素敵だった

ジゴロ・イン・ニューヨーク(2013年製作の映画)

3.4

人に触れる/触れられる幸福は当たり前じゃないなと改めて思った

なんかウディアレンって野田秀樹みたいだな顔とか

シカゴ(2002年製作の映画)

-

個人的に刺さるものではなかったけど、見終わった後に思わず拍手したくなるような凄さだった

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

アドリブ(であろう)箇所の演出どうやってんだろう。すごい。特に人生ゲームふたりでやってる前半

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

メリルストリープがすごすぎて冒頭話入ってこなかった。なんだあのうますぎる訛り。メリルストリープだと知らずに見たかった。てか他の俳優たちも全員すごかった。

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この人がいるとなぜかうまくできないって人いる。自分にとって緊張感を与える存在というか。その人が見てるだけで、喉を縄でぎゅっと締めつけられてるみたいな。だから酒を飲みだすあの奥さんの気持ちちょっと分かる>>続きを読む

ひとりぼっちの二人だが(1962年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

マジックのようなカメラワークと坂本九がすごいけど、もはや坂本九のリサイタル映画か。吉永小百合かわいい。

Blink(原題)(2022年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

看護士の人が素敵じゃなかった

>|