蒼さんの映画レビュー・感想・評価

蒼

読書が好きだけど、映画も好き。
暴力や拷問のシーンがあるものは苦手。

映画(73)
ドラマ(1)
  • 73Marks
  • 73Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

うーん、なんちゅう映画だろ。
これを書けて、映画化できて、ヒットするドイツの状況ってどうなんだろ。
タブー視して触れない考えないでいるよりは、危うさを含めてこんな風に突き放して可視化してしまえる方が健
>>続きを読む

ロング・トレイル!(2015年製作の映画)

4.0

スコット・ジュレク『北へ』を読んでアパラチアントレイルに興味がわいたので観てみた。
アスリートが限界に挑む旅とは、もちろんスタイルはまるで違うものなのだけど、ほのぼの笑えるところもあり思った以上によか
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

キャストがキャストだし、出来すぎの感はあるけれど、安心して楽しめる。
゛良識あるアドバイス゛をしたがる上から目線の男性陣を、最後には押しのけ、きっぱりと、当時の状況としてはチャレンジングな決断を下した
>>続きを読む

グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独(2009年製作の映画)

4.0

もっと風変わりで引っ込み思案な人なのかと思っていたけれど、思った以上にいろんな人と付き合いがあり、友人としておもしろく付き合える人だったのがわかって意外だった。
才能があるがゆえに、表現するにあたって
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.0

渡っただけでなく、何往復もして、曲芸したり寝そべったりも実際にしたんだろうか?そんなにできるもんなの?
まったくクレイジーで、理解はできないし、正直、身近にいて巻き込まれたら厄介だとは思うんだけど、こ
>>続きを読む

カーネギー・ホール(1947年製作の映画)

3.5

70年前か!時代の雰囲気があってよかった。登場する音楽家をほとんど知らなかったけれど思った以上に楽しめたし、ルービンシュタインが見られたのは嬉しい。

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.0

ひゃあ、なかなかすごいブラックユーモア。キューブリックってこういう人なのね、と改めて思った。作られたのがキューバ危機の翌年とのことだけど、公開された時の一般の人の反応はどうだったんだろう?その時期にこ>>続きを読む

CAPA in Love & War キャパ・イン・ラブ・アンド・ウォー(2002年製作の映画)

3.5

キャパを、名前しか知らなかったので見てよかった。ゲルダを失って、キャパの根底には、いつ死んでもいいという、むしろ死に場所を求めるような気持ちがずっとあったんじゃないのかな。だから、望んで戦場に飛び込ん>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.5

本を読んだのはかなり前なので、こんな話だったか、と思った。子供がそんなにキーワードだったんだなあ。ナイーブさを抱えて生きる、二人の力の抜け具合がいい。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2009年製作の映画)

4.0

面白かった。ヨーロッパで、ここまでよく撮ったなぁ。演奏が多くてよかった。

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

4.0

2018/7/18
あぁ、命をかけてこういう行動を起こした人がいたのだな。淡々としているがゆえに迫るものがある。原作も読んでみたい。

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

4.0

2018/7/5
この雰囲気、たまに観たくなる。いろんな人がいて、いろんな人生があるよねぇ。それをシリアスにならずに感じさせてくれるのがいい。ごちそうではない、普通の”ごはん”がしみじみ美味しいという
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

2018/6/28
これほどの才能の持ち主であっても、当然なのだけど普通の”男の子”であり、家族の問題に心を痛めたり、目標を見失ったり、自分を見失ったりするのだなぁ。才能が突出しているほど苦悩も深いと
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

4.0

2018/6/11
インドって本当に傑出した数学者が出るんだなぁ。最終的には認められてよかったけれど、失意の時期は悲しくなる。どういう風に天才なのか具体的にわかりたいけれどわからないのが残念。でも、こ
>>続きを読む

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

4.0

2018/5/28
晩餐会までの話などはまるで覚えていなかったので、観てみてよかった。海亀がやっぱりインパクト大。バベットのプロフェッショナルぶりがなんとかっこいいことか。2姉妹の生き方は現代の目から
>>続きを読む

パッション・フラメンコ(2016年製作の映画)

5.0

2018/5/22
あー、とてもよかった。サラ・バラス、なんてかっこいい人なんだ。今回のツアーはパコ・デ・ルシアが亡くなって追悼の意味もあるのだな。サラ自身が、伝統だけでなく、ある部分は打ち破って進化
>>続きを読む

パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち(2016年製作の映画)

2.5

2018/5/16
思った感じと違った。ドキュメンタリーとしてのストーリーがあるわけではなく、練習風景とインタビューの繰り返し。ある程度バレエやダンサーを知っている人は楽しめるかもしれないけれど、素人
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

3.5

2018/5/14
映像で見るとかなりホラーだ。ハリーの実体感は、小説を読んだだけではここまで身に迫る感じは受けなかったので、さすが映画だと思う。でもなぁ、ハリーとのドラマ部分がメインになってしまって
>>続きを読む

しわ(2011年製作の映画)

4.0

2018/4/18
あー、これきく。胸にせまるものがある。何かを主張するわけじゃないところがいい。この、一定の距離をおきつつ丁寧に作りこむ感じはヨーロッパ的な気がする。日本だったらウェットな要素が入っ
>>続きを読む

ジャッカルの日(1973年製作の映画)

4.0

2018/4/18
小説を読んだので見てみた。個人的にはジャッカルはもう少し若いイメージだったけれど、全体にかなり忠実だった。前段の部分の端折り方は笑えたけれど、映画となるとジャッカルの活動をメインす
>>続きを読む

MERU/メルー(2014年製作の映画)

3.5

2018/3/29
クライマーってすごいなと圧倒されつつも、なぜそんなにまでして登る?という疑問が払拭できないのだけど、個人の欲求や熱望だけじゃなく、いろんなものを抱え、いろんなものを負って登るんだな
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

2018/3/6
50年前にこれを作ったのがすごい。さぞかし斬新だったんだろうなぁ。当時とは少し違った意味ではあるけれど、今でも斬新。展開がゆっくりなので作業しながら見るにはよかった。HALの人間臭さ
>>続きを読む

ミリキタニの猫(2006年製作の映画)

3.5

2018/2/8
なんという映画だろう。ちょっと言葉にならない。ひと一人の人生の奥深さ。リンダとの出会いがなければ、そして911がなければ、戦争に翻弄された彼の人生が知られることもなく、家族の消息を知
>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.0

2018/2/6
拷問シーンがあると知らずに見てしまったので、ちょっと今は気分的に見れなくて挫折。話には興味があるんだけど。残念。

ヴィヴィアン・マイヤーを探して(2013年製作の映画)

4.0

2018/1/31
あー、よかったな、これ。ミステリーの要素もあって。よくぞ見る目と熱意がある誠実な人に発見されたものだ。写真を人に見せることを彼女は望んでいたのか?という点が謎のまま進んでいくけれど
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

2018/1/17
CDは当時からずっと持ってるんだけど、ふと思い出して初めて映画を見た。あー、よかった。鳥肌ものだ。映像で、顔を見て、ほんの少し人生に触れながら演奏を聴くと、また違う。なんてかっこい
>>続きを読む

チョムスキー 9.11(2002年製作の映画)

4.0

2018/1/10
チョムスキーさんってこういう人だったのか。知ってよかった。

コンタクト(1997年製作の映画)

4.0

2018/1/10
1997年というとちょうど20年前。アメリカでは”神”の意識がこんなに染み付いているものなのだなというのが驚きだった。やっぱりキリスト教国家なんだなぁ。そこを揺るがすような出来事に
>>続きを読む

レーサー/光と影(2014年製作の映画)

3.5

2017/11/29
ロードレースの世界は少し知っていたので内容は思った感じだったけれど、女性アスリートの場合はコーチへの依存度が高くなるように思うから、同じドーピング問題でも男性のケースより感情の問
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.0

2017/11/16
ラストはなんとなくは読めるけれど、なかなかすごい話だった。重い話を、こういう設定で、こういうサスペンスにするとは、巧みだなぁと思う。説明しすぎず、淡々と進む感じもよかったと思う。
>>続きを読む

シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

3.5

2017/11/13
さきにオリバー・ストーンの映画の方を見てしまった。この後アメリカで何があったのかまとまってる情報ってないんだろうか。何か変わったんだろうか?国家って暴力装置だよね。きっかけさえあ
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

2017/11/6
そうことだったのか。スノーデンってものすごくまっとうな感覚の人なんだ。『シチズンフォー スノーデンの暴露』も観てみよう。アメリカでは、このあと何か変わったんだろうか?リンゼイもロシ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

2017/11/1
ハリウッドが映画にするとこうなるのか。ちょっと大仰に作りこみ過ぎだなぁ。物理の話は出てこないし、これではイアンが物理学者である意味もあまりない。原作のシンプルかつ深い面白さ(と私が
>>続きを読む

ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの(2012年製作の映画)

4.0

2017/10/23
アート自体は全然わからないんだけど、本当に好きなことをし続けてきた、最高にチャーミングで情熱的なご夫妻がとってもよかった。こいうの、どちらか片方が熱中しても片方は理解できず困惑と
>>続きを読む

>|