小田切さんの映画レビュー・感想・評価

小田切

小田切

Hell ya

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

思っていたより遥かに波乱万丈だった。
内容とは対照的な生活の中に自然に溶け込むインテリアだったり、街並みだったり、ファッションだったり、カラフルな色調が観てて飽きない。
けど期待してたより響かなかった
>>続きを読む

ファッションが教えてくれること(2009年製作の映画)

4.3

とっても好き。時々見せる皆の少女のような目の輝きと、はにかみが全てを物がったてる!!

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.4

こじらせた大人へとか、イケてなくて痛い女子へ、のとか謳ってはいたけど全然そんなんじゃなくてすごいリアルで等身大で…こう感じちゃう時点で俺もこじらせているのか…とかとか、、あーもう面倒臭い。
大好きな友
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.5

これまでのシリーズの中では最もあっさり、スッキリ。毎回見応え抜群の演技バトルも今回は迫力だったり、鬼気迫る感じに欠ける印象。松重豊はとっても良かったけど。
単体としては物足りないけど、シリーズ通して非
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

4.7

最終章に向けて再鑑賞。
全くアップデートされてない古の日本の男達の美学が詰まった傑作。何度観ても面白い!!個人的には何故か初めてパルプフィクションを観た時の衝撃と重ねてしまうんだ馬鹿野郎(マザーファッ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

やっと観れた。こんな事言うと反感買うかもですが、正直今は海外ドラマの方が圧倒的に面白い。故に内容はともかく劇場で観る事に価値のある作品をどんどん増やして欲しい。なんて思ってた矢先にこんな素晴らしい映画>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.7

傑作。
けどやはり歴史を踏まえた創作でありエンタメであるとも感じる。もちらん心を動かされまくる趣のであるのだが、、、そこがスコセッシ!!
ガーフィールド君も、アダムドライバーもスパイダーマンじゃなくカ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

4.5

アメリカンスリープオーバー観た過ぎるのと、同監督作品でずっとジャケカッケェーなーけど低評価だなーとか思ってたのですが、ようやく鑑賞。
結果メッチャ面白かった!!快楽だけのカジュアルなセックスへのアンチ
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.8

少し忘れた頃に鑑賞すんのが丁度良い。何度観ても傑作。
何もかもイケてる、最高にクールな映画!!
最近初期スタートレックシリーズ追っかけてるので、バルカン星からきたダスースベイダーってネタに新たな発見笑

スター・トレック2/カーンの逆襲(1982年製作の映画)

3.7

10年以上前に好きだったアメリカのバンドでリライアント Kってバンドがいたのですが、ここからきてんのかな。と思ったら少し胸が熱くなった。

きみはいい子(2014年製作の映画)

4.4

涙腺を白波が寄せては返すのが続くんだけど、思わぬ所で津波が押し寄せる。
高良健吾のエピソードだけで十分大海原に思いを馳せれるんだけど、やっぱ池脇千鶴みたいな太陽がないとね。

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.7

ノートン君は喋らないでもしっかり演技になっちゃうのがすごいよなー。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.1

エックスメンファンにはいささか残酷な内容でしたな。
ヴィクターの出現に期待していたのですがそれも叶わず。
一撃必殺の展開等ないかわりに、穏やかに情緒に訴えかけてくるような、スルメ作品。

デッドプール(2016年製作の映画)

4.2

エックスメンの流れからようやく鑑賞。
最初の展開から一気に引き込まれるクールな作品。笑
褒めたい所はたくさんあるんですが、それよりも、何よりも、今までエックスメンでは脇役に甘んじていたコロッサスの活躍
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.9

ファーストジェネレーションであれだけすったもんだあったのに冒頭からプロフェッサーとマグニートーが一緒にいたのも解せなかったし、自信家の色男から不慮の事故もなんのその、指導者として新たに立ち上がったマカ>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

3.8

低評価など顧みず、エックスメンへの愛のみで鑑賞しました。確かに「シルバーサムライマジヤベェー!」ぐらいの感性がないとダラダラ進む展開含めて興醒めでしょうが、シンプルにウルヴァリンが、マーベルが日本で撮>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.8

旧三部作が全て巧妙な伏線だったと思わせるくらいの素晴らしい出来。
マグニートーとプロフェッサーXの友情に何度涙したことか!ミスティークも最高のスパイス!
そして何と言ってももマカヴォイとファスベンダー
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

4.0

物語の回収の仕方とかキャラの殺し方とか雑な感じ否めませんでしたが、新たな能力者がゾロゾロ出てくる感じは、ワンピースの新世界のルーキー達の登場のようでワクワクしました笑
ウルヴァリンは置いといて、次は楽
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.0

次作とか全く観る気ないので、謎は深まりつつも、新たな希望を見出す彼等にエールを。
頑張れよトーマス!!

X-メン(2000年製作の映画)

4.0

なんとなくスタトレとエックスメンは本場のナード度が高そうだなーと敬遠しておりましたが。やっぱり面白かった笑しばらく楽しめそうです。
そしてシリーズに後々出てくるマカヴォイがどうやら味方っぽくて安堵して
>>続きを読む

TAXi(1997年製作の映画)

3.7

久しぶりのフランス映画、しかもリュックベッソン。当時は新鮮だったのかな?スゲェー流行ってたし。
けどなんだかどこを切っても魅せられるシーンがなくて散漫で中途半端な印象。主役の俳優さんの現実の生き様の方
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.3

少し疲れるくらいで後半に進んでいっていよいよ飽き始めたくらいで、結婚式に白のタンクトップって最高に強烈なセンスぶっこんできて、あとはもうラストが全てもっていきました。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

4.2

今更ワイルドスピードシリーズを追っかけてるので、しっかりと時系列になぞって鑑賞。なのでユーロミッションの次に観ましたよ。
ハンもラストも胸熱過ぎるのはもちろん、ワイルドスピードに関してはダブルオー、ア
>>続きを読む

>|