yukoさんの映画レビュー・感想・評価

yuko

yuko

映画大好き♪ 映画観たさに映画館で働いてたことも。
昔観たものから最近観たものまで、手帳と記憶を遡って記録していきたいと思います。

映画(1076)
ドラマ(0)

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.5

2018.4.17 桜坂劇場ホールB

子供たちの健気さも良かったけど、警官のおじさんが良い人すぎて(泣)
字幕版で観たけど、リリー・フランキーの吹き替えも聴いてみたい!

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.5

2018.4.16 桜坂劇場ホールC

まず、石炭の中から真っ黒になって登場する主人公の強烈さ。
(見てるうちにだんだん山田孝之に見えてきた)
もっと重苦しい内容かと思っていたら、クスッと笑えて温か
>>続きを読む

ダンシング・ベートーヴェン(2016年製作の映画)

3.8

2018.4.16 シアタードーナツ

ずっと行ってみたいと思っていたコザの映画館。
カフェスペースのカーテンを開くと、そこにはなんとも素敵なシアタースペースが広がってるのでした。
美味しいドーナツ
>>続きを読む

XYZマーダーズ(1985年製作の映画)

3.5

2018.4.15 桜坂劇場ホールC
ガチバーン映画祭Vol.27
「ハリウッド映画みたいな自主映画 vs 自主映画みたいなハリウッド映画」

サム・ライミ監督。
この映画、昔観たことあったと思う。
>>続きを読む

猟奇!惨殺魔/ザ・ミューティレーター(1984年製作の映画)

3.8

2018.4.15 桜坂劇場ホールC
ガチバーン映画祭Vol.27
「ハリウッド映画みたいな自主映画 vs 自主映画みたいなハリウッド映画」

沖縄国際映画祭まで、ずいぶんと早い前乗りでやって来て、
>>続きを読む

エターナル(2016年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

2018.4.12 シネマパレット

一応ネタバレ投稿にしますが、この映画、かなりニブイ人でも途中で気づいてしまうと思います。しかもかなり早い段階で。
あれ?この人 実は死んでるんじゃない?この子も
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

2018.4.11 DVD

絶叫上映に向けて予習。
見ごたえあり過ぎて何を書いたら良いのかわからないくらい何でもありですね(笑)
絶叫上映が楽しみ♪

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.3

2018.4.11 札幌シネマフロンティア

まぁヒュー・ジャックマンは相変わらず素晴らしいのだけど、
なんか結局サーカスのメンバーに助けられたし、彼らの方が魅力的だった。
特にヒゲの女性が好き。

ラブレス(2017年製作の映画)

3.3

2018.4.9 札幌シアターキノ

離婚が決まっていて、すでに2人とも恋人がいて新しいスタートを切りたいと思っている。
顔を合わせると罵り合い、12歳の息子の存在をなすりつけ合う。
ドアの外で聞い
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.5

2018.4.5 ディノスシネマズ札幌劇場

いやー、グロテスクな人魚だこと!下半身(尾びれ?)長すぎて、海岸を這うシーンなんか人魚というより蛇女!!

いやー、そんな大雑把な手術はないでしょ!!と
>>続きを読む

ライオンは今夜死ぬ(2017年製作の映画)

4.5

2018.4.2 札幌シアターキノ

ジャン=ピエール・レオーの映画は、90年代に何本か観たはず。
こんなおじいさんになってたのか!
でも、とってもいい顔してる。そしてずんぐりと可愛らしい体型。
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.4

2018.4.1 DVD

予備知識ナシで、ただただ強烈なジャケ写に惹かれて観たいと思っていた作品。
意外性の連続で、笑えるところも笑えないところもツッコミどころもいろいろあったけど、いろんな意味で
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.6

2018.4.1 DVD

どうしようもない貧困と一族の掟。
リーのひたむきさと、まだ小さい弟、妹の可愛らしさに胸が痛む。
ティアドロップの存在はとても大切。

イーグル・ジャンプ(2016年製作の映画)

3.5

2018.3.31 DVD

実話だといっても、こんなポッチャリしたメガネのジャンパーはいないでしょ!と思ったけれど、観終わってから調べたら、ご本人本当に太っていて目も悪かったとのことでビックリ。
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

3.9

2018.3.30 Netflix

5つの派閥のどれかに所属しなければならないとしたら、私はどこだろう?
「博学」「高潔」に行けるはずはなく、「平和」にもそぐわないし、「無欲」に行けるような人助け
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.0

記録 1999.5.8 三越名画劇場

とても悲しい映画だったのに、ほっかむりをして壁によじ登ってライトに照らされるシーンがコントっぽく見えて、友達とププッと笑った思い出。

今ちょっとNetfl
>>続きを読む

スノーピアサー(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

2018.3.29 DVD

車窓から凍りついた世界を見ながらお寿司を食べるシーンがシュールだった。

神のエンジンがまさかの手動だったとはね!しかも子供が入ってるとは。
あっ!と声を上げてしまった
>>続きを読む

>|