おぐさんの映画レビュー・感想・評価

おぐ

おぐ

映画(36)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 36Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

良い映画は飽きさせない。最初から最後までずっと面白かった。あとディカプリオが最高

日本海大海戦 海ゆかば(1983年製作の映画)

3.7

主人公が軍楽隊として戦艦三笠に乗り込むというのが新鮮だった。戦闘の激しさがよく描かれている

ドランク・モンキー/酔拳(1978年製作の映画)

3.9

主人公が段々強くなっていくのが良い。修行パートは特に面白かった

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

2.7

話のテンポが良く、タイムスリップしたルシウスが面白い。ただ全体的に少しあっさりとした感じもある。

ALWAYS 三丁目の夕日’64(2012年製作の映画)

3.5

家族の中にもわだかまりがあったり、すれ違いが生じてしまったりするけど、なかなか本心に気付けなかったり。感動とちょっと切なさが入り混じった映画

ALWAYS続・三丁目の夕日(2007年製作の映画)

3.7

前作同様コメディ要素が多く見てて楽しい。1作目も良かったが続の方が感動した

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

3.6

登場人物のキャラが立っていてちょっとした掛け合いでも笑ってしまう。ガサツな部分もあるけれど、おおらかで温かったり時に熱い昭和の時代が感じられた。いろいろな形があるけれど、家族っていいなって思える

モスラ(1961年製作の映画)

3.0

モスラの恐ろしさより、人間のエゴが敵だと感じさせられた。ザ・ピーナッツのモスラの歌は印象的

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

4.2

おばあちゃんがBL!?ってのが気になって観たけど、全体を通して優しさにあふれてる作品で心温まる。観終わった後は心地良い余韻に浸れた

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.5

承認に次ぐ承認で迅速に動きにくい政治、外交関係の難しさなどマイナス面での日本らしさと、それを打破して新たな日本として先に進んでいこうと奮闘する人々の姿が良かった。常識に囚われた人たちが役に立たない非常>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

4.2

流れで嘘つく羽目になったり、勘違いが起こったりして楽しい映画。感動もあった

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.5

前半は失踪の謎が積み重なっていくけど、終盤の種明かしで全貌が明らかになっていくのが面白い

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

4.9

選挙に当選したくないから好き放題やったら逆に支持率あがっちゃったり、不運(幸運?)にも当選に有利な事件が起こったり、悪戦苦闘してるのが面白かった

木曜組曲(2001年製作の映画)

3.5

登場人物それぞれが抱える複雑な感情が情緒を感じた

キサラギ(2007年製作の映画)

5.0

たまに見たくなって何回も見ちゃう。何回見ても笑っちゃう。そして張り巡らされた伏線と回収の気持ち良さ。本当に大好きな映画

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

4.0

抑留の厳しさとそれに負けない仲間たちの想いで感動した

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

4.0

一つの体でも違う記憶、違う性格で生きてたら同じ人間なのか、違う人間なのか

CUBE 一度入ったら、最後(2021年製作の映画)

4.0

脱出できるか生き残れるかっていうのはやっぱり面白い

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

5.0

大友しゅうまさんの映画紹介漫画で知って面白そうだなと思って見た。抜け出せないタイムループから少しずつ仲間を増やしながら協力して頑張るのが面白かった。これ見てから映画鑑賞にハマってしまい、Filmark>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

主人公が死んでやり直すたびにちょっとずつ変わっていくのがいい。笑えるし面白かった

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.0

今見ても、最近はAIの進化もすごいし、起こりうるかもって思っちゃうぐらい色褪せない内容。最後の方は難しい

ソウ(2004年製作の映画)

4.0

登場人物が犯人に踊らされるけど、見てるこっちまで踊らされた気分

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.0

レクター博士の味方だと心強いけど、絶対に敵に回しちゃいけない感がすごい

[リミット](2010年製作の映画)

3.0

こっちは困ってるんだからもっと真剣にやれよ!と思いたくなるけど、これはひでえ、あんまりだよ┐(´д`)┌と思えれば笑える

エグザム(2009年製作の映画)

3.0

誰から脱落するか、誰が残るか予想しながら見ると楽しい。予想は外れた

悪夢のエレベーター(2009年製作の映画)

3.5

密室劇が見たくて見た。後半から真実が分かっていくのが面白い

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.8

大泉洋演じる速水さんのお調子者っぽいけど抜け目ないキャラが好き

カラスの親指(2012年製作の映画)

5.0

派手なアクションは無いのに、騙したり騙されたり?な展開がハラハラしっぱなしで時間があっという間だった