オオハシサンさんの映画レビュー・感想・評価

オオハシサン

オオハシサン

映画(518)
ドラマ(45)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.2

面白そうな内容なんだけど、最後まで面白くなってこなかった。意外と映画のテイストが真面目だったのかな

カード・カウンター(2021年製作の映画)

3.6

ギャンブル映画だけどギャンブル臭がしない、人の心を読む人間が一番何考えてるかよくわからん系映画

デューン 砂の惑星PART2(2024年製作の映画)

4.4

なんか凄すぎて感想の整理つかない砂の惑星はやっぱりおもしろい映画

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

3.3

いろんな意味で夢中になれる要素がなかったので、こういう話が好きな人という体質じゃないと観づらいと思う

宮松と山下(2022年製作の映画)

3.2

なんかずっと観てると途中流れてくる音楽が怖いよ

イーグル vs シャーク(2007年製作の映画)

3.9

ポンコツが葛藤してポンコツが希望を持てる結構好きな感じのコメディ

この子は邪悪(2022年製作の映画)

3.3

見終わったらへんてこはへんてこなんだけど、これはこれでという感じの映画

コンプライアンス 服従の心理(2012年製作の映画)

3.4

実際にあった事件系映画なんだけど、事件の内容がヘンテコすぎて興味もってNetflixのドキュメンタリーまで見ちゃった。意外と胸糞

アーカイヴ(2020年製作の映画)

3.4

研究所の箱庭感がよかったからこれはなんかあるんだろうなーとおもって観てたらなんかあった映画

はりぼて(2020年製作の映画)

3.7

途中からもうもはやギャグやんって思えてくる政治家の金の問題を扱ったおもしろドキュメンタリー

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.1

ちゃんとした人たちが作った大手の映画臭がするもので、運命の恋だの語り出しちゃうと、どんな結末であれわたしには退屈なんだなっておもった映画

プライス -戦慄の報酬-(2019年製作の映画)

3.2

ブラックコメディテイストのバカホラーっぽい映画だけど、ほんとうにこういう映画にイライジャウッドのパニックった顔ってあってるとおもう

バニシング:未解決事件(2022年製作の映画)

3.0

フランス人法医学者と韓国の刑事が闇組織の臓器売買の事件を解決していくだけのさっくりサスペンス

バニシング '72(2019年製作の映画)

3.6

映画の雰囲気が結構軽めなのでなんとなくぼーっと観てましたが、終わり方が結構よくてグッときました

ドラえもん のび太の魔界大冒険(1984年製作の映画)

3.7

何回みてもいったん出てくるおしまいのシーンが面白い「こんな怖いテイストで子供を脅してた昔のドラえもんって異常だよ」系名作

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.0

内容がちょっとスピリチュアルすぎてホラーものとしてもサスペンスものとしてもうまく楽しめませんでした

ブラック・ビューティー(2016年製作の映画)

3.2

女同士の小競り合いものなんだけど、なんか映画の雰囲気がスピチュアルすぎてはいりこむのがむずかしかった

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.0

ターミネーター2の正式な続編という触れ込みでやった映画なのに一番安っぽくてわらっちゃう映画

インフィニット 無限の記憶(2021年製作の映画)

3.1

前世の記憶を引き継いでいけるいわゆる超人系人間たちの戦いなんですけど、映画自体が見進めていってもこれといっておもしろくならないんだよね・・・

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

深夜のテレビでなんとなくみても、昼のテレ東でみても、ゴールデンタイムにみても、どのムードでもあってるような気がする詐欺師の騙し合い映画

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.3

ぜんぜんキラキラ映画じゃないどちらかといえばの弱男系映画

私は世界一幸運よ(2022年製作の映画)

3.2

人がみてないとこでドカ食いするとこだけなんか妙に覚えてる心の闇系映画

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.8

野心対する痛みを切々と感じる出てくるキャラクターがおもしろい系のバンドマン映画

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.3

最後のiPodの誕生につながる会話とか嘘くせーとかおもってしまったジョブズ信者が楽しむ用の映画

決戦は日曜日(2022年製作の映画)

3.6

すこしアダムマッケイ臭したけど、選挙はおもしろいというコメディ映画

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.1

なんか見どころであるはずのマンションの仕組みがいまいち面白いと思えなかったJGバラードのディストピアものっぽい映画

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.1

1回みて、こういう話だったのねーという感想以外わいてこない刑事の捜査映画

街の上で(2019年製作の映画)

3.3

なんか昔成田凌に抱いてたぼんやりとしたイメージが具現化されたような映画

あの頃。(2021年製作の映画)

3.5

見終わったときの感想が本当にあの頃はよかったなーになってしまった友情もの映画

凪待ち(2019年製作の映画)

3.3

見終えたあと、西田尚美さんを失ってしまう理由を殺人にする必要があったのかととかいう感想がわいてしまいました

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.2

中村倫也のプロモーションビデオのような多重人格映画

愚行録(2017年製作の映画)

3.5

オバケみたいな人間がたくさんでてくるどんでんモノ

ワイルドシングス(1998年製作の映画)

3.4

悪そうな人間、裏切りそうな人間の配役の見本市みたいな映画

ある男(2022年製作の映画)

3.3

ミステリーのようでミステリーでもない自己主張系映画

>|