おかさんさんの映画レビュー・感想・評価

おかさん

おかさん

映画(1282)
ドラマ(3)
アニメ(0)

時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!(1993年製作の映画)

4.0

ベルリン・天使の詩の続編。詩的な美しさは変わらず。もう1人の天使カシエルがひょんな事から人間としての人生を歩むことになる。前作は希望的ストーリーだったが今作は現実的ストーリーとなっている。すっかり人間>>続きを読む

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.0

大昔鑑賞。今回再鑑賞。
色褪せない。人間愛に溢れている作品。様々な人の心の声を、天使たちが拾っていくのだが、天使たちが人を見つめる眼差し、肩に触れる手の暖かさがこちらにも伝わってくる。全編を通して、子
>>続きを読む

大誘拐 〜クォン・スンブン女史拉致事件〜(2007年製作の映画)

3.9

へジンさん目当てで鑑賞。娯楽映画として、充分楽しめた。このごちゃごちゃ感好き。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

無償の愛の物語。
マルコが好きな物。
ブロンドのお人形、チョコレートドーナツ、ルディが話すハッピーエンドのお話し、ルディとポール。
ルディがクラブで歌えるようになったきっかけのデモテープはマルコがキス
>>続きを読む

コヴェナント/約束の救出(2023年製作の映画)

4.0

これはスクリーンで観なければと思っていた作品。
揺るぎない信念は、時に、武器や暴力も太刀打ち出来ない力となる。
このような命懸けの通訳の存在を知った。アメリカが撤退した今も尚、報復を恐れて逃げ、隠れて
>>続きを読む

ネクスト・ゴール・ウィンズ(2023年製作の映画)

4.0

なんとも純粋な笑いに満たされた、癒しの時間を過ごさせてもらいました。
とにかくポジティブ。信仰心が篤く、ユーモラスに溢れていて、スポーツはまず楽しむことを重視する姿勢。こんなに緩くていいのかと心配にな
>>続きを読む

健康でさえあれば(1966年製作の映画)

4.0

非常に興味深く鑑賞。
この世に存在する全てのストレス要因が大集合。笑。この作品で、人生で受けるであろう諸々のストレスを、経験することが出来る。苦笑(1は除く)半世紀前の作品なんですよね。凄い完成度。参
>>続きを読む

JSA(2000年製作の映画)

4.0

過去鑑賞。トンマッコルヘようこそを鑑賞して思い出す。いつだって、大きな権力の力に翻弄されてしまう。本当に戦いたいと思って戦地に行っている兵士はどれだけいるのだろうか。命をかけて。一部の権力者の野望のた>>続きを読む

トンマッコルへようこそ(2005年製作の映画)

3.8

コメディとファンタジーを含ませていてもやはり戦争映画。対立し合う国の兵士たちが、自分の置かれた立場に翻弄されながらも、お互いに何が大切で、何を守るべきなのかに気付いていく。怒鳴る事なく上手く統制してい>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

-

過去鑑賞。いい意味でニコラスケイジの映画。ラストはとても優しいハッピーエンド

ソウォン 願い(2013年製作の映画)

3.8

日本でも日々ニュースを見ていて、犯罪結果の重大性の割に量刑が軽過ぎるのでは?と思う件が多々ある。この事件も然り。泥酔状態による心身耗弱で減刑?有り得ないわ。この事件が改正のきっかけになったらしいが、、>>続きを読む

悪のクロニクル(2015年製作の映画)

3.7

ザ韓国映画サスペンスですな。
お決まりパターンと言えばそれまでだが、これが韓国映画の良いところ。安心して最後まで鑑賞しました。

シークレット・ミッション(2013年製作の映画)

-

南では当たり前に享受されている生活だというのに、、、北朝鮮の人々の存在意義ってなんなんだろう。韓国だから作れる作品でしょうね。

シークレット・ジョブ(2019年製作の映画)

3.9

外出先の待ち時間用にダウンロードして鑑賞。この作品のチョイスは失敗。ずっとニヤニヤして、完全に変な人状態。絶対有り得ないシチュエーション、ツッコミどころ満載はご愛嬌。非常に楽しく鑑賞出来た。
崖っぷち
>>続きを読む

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たち(2019年製作の映画)

3.7

実在するゲイのアマチュア水球チームをモデルに描いた作品。この多様性の時代、性的マイノリティ関係なし(国によるけど)生きていれば、良いことも悪いこともあるさ。みんな平等にね。

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

4.0

非常に満足。声を出して笑いました。
ヘジン氏は決してイケメンではないが、なんとも言えぬ魅力のある俳優さんですね。コメディの3枚目もちろん、アクションやらせればイケメンに見えてくる笑。出演作品が公開され
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.0

期待以上だった。
歴史を知らなくても充分理解し、楽しめるようになっている。暗いスクリーンの中で展開するストーリーは、ずっとハラハラ、ドキドキ緊張感が半端なかった。非常に満足。ありがとう。

レッスル!(2017年製作の映画)

4.0

低評価のようだが、非常に楽しく鑑賞出来た。登場人物がそれぞれとても魅力的なキャラで、笑いはもちろん、心温まるストーリー。エンドロール中も手を抜いてない笑。

レッド・ロケット(2021年製作の映画)

3.5

フロリダプロジェクトでもそうだったが、不快な気持ちにさせるのが上手い。登場人物が揃いも揃って問題あり。でもおそらくこんな世界も実在するんでしょうね。絶対に関わりたくない世界。

サイレント・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

終末を迎える時の人間模様がどのように描かれるのか、、、と期待したが、、、ただアートくんだけは生に執着し、諦めず生き延びる術を模索して行く。そしてラストへ。結局、人間は未曾有の出来事に直面すると意外に受>>続きを読む

のら犬(2023年製作の映画)

3.8

ここまで登場人物の印象が最初と最後でガラリと変わるなんて。いつでも上から目線で、マウントをとりたがるミラレス。常に受け身のドッグ。ある出来事からその関係性が崩れていく。中盤まで、なんとも気怠い日常が描>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

3.9


黒人として生を受けたという事で、否応無しに背負わされるリスク。そして、女性であったために更に背負わされるリスク。そんな過酷な状況の中で忍耐強く、怒りを胸に秘めながらもひたむきに生きるセリー。人種差別
>>続きを読む

ジェントルマン(2021年製作の映画)

3.9

最高のエンターテイメントだった。脚本が凄い。まさかの結末におぉ〜となった。韓国映画本当に面白い。

アジョシ(2010年製作の映画)

-

過去鑑賞。作品の中でウォンビンがおじさんと呼ばれることに驚愕した記憶。あのビジュアルでおじさんとは、、、

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

3.5

それぞれの女性の立場の、正しくあるべき姿というものにに囚われて、生きづらくなってしまう様が良く描かれていたと思う。
人の心は面の如し。自分の正解を見つけられればラッキーだよ。

>|