つなよしさんの映画レビュー・感想・評価

つなよし

つなよし

映画(25)
ドラマ(1)

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

万引きをするだの、死体を埋めるだの、子供を連れて来ちゃうだの、それだけを聞いたら悪いことだけど、この人たちはみんないい人だった。
誰も傷つけてないから。
こういう人たちがお金が足りないせいで悪者扱いさ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.1

天気で心が左右されるというのは、最近の曇りや雨ばかりの天気で感じていたことだったのでしっくりきた。
「君の名は」ほど明るくてテンポが良くて分かりやすくはない。少しじっとりしたもやもやがあるような感じだ
>>続きを読む

長いお別れ(2019年製作の映画)

4.4

だんだんと世界が遠くなっていく中で大切なことだけ覚えてるんだなぁと思った。

変わっていってしまうことを嘆いたりしないようになりたいと思った。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.9

ドラマから見ているので最後には結局ダー子が笑うんだろうなと思いつつも、想像つかないラストだった。
赤星がかわいく見えてくる。

キングダム(2019年製作の映画)

4.2

とても迫力があった。
ヒョウが回想で出てくる度に泣いてしまった。夢があった方が生きるのは面白そうだと思った。

でもやっぱり戦は良くないなと思った。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.0

今さらながら鑑賞。
面白いよと周りに言われて見たが、本当に面白かった。ストーリーが重い。出てくるおもちゃもけっこう怖いモノもあった。
キラキラな部分だけでなく怖い部分も描くから見たときの満足感が大きい
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.7

これが世界を救うかもしれない。

どんなモノでもヒトでも究極そうだよな、と思った。すべてのことは何かに関連してしまうから。そう思うとマイナスなこともプラスになるかもと前向きになれる。
希望が詰まった素
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.6

明るい映画だった。
なんでもイエスと言えば人生でやりきれないくらい楽しいことがこの世にはあるな、と思った。世界は遊び場。
カールのアリソンの愛し方が素敵。楽しませようとしてる感じ。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

かわいい。赤ちゃんがベルトコンベアで運ばれている初めのシーンがたまらない。
子犬の方が愛されている危機というのも現実的であった。

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.8

「寂しい時は自分から動け」

卑屈になってないで自分から動いたら暖かいモノは近くにあるんだろうな、と思った。
トニーのようなバカは好きだ。ドロレスの「お手紙ありがとう」は最高だった、、。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.6

・正直に生きろ
・人間なんてできる事よりもできない事の
方が多い
・生きてくなんてめんどうかけてくってこ

・やりたいこと、楽しいことやる
・うそばっかりでいい

人生の生き
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.8

何かを誰かを好きでないと生きてけないよね。
ああやってゼロに戻って再生してくんだな、何もできない奴が何でもできるんだって感じ。
「少し、切ない」

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.7

登場人物全員の気持ちに「知ってるなぁ」と思う部分があった。
自分が浩一のようではないのは、たまたまで、そうさせてくれてるすべてのものに感謝だなと思った。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.7

スターも普通に生きてるんだな、と思った。歌詞がめちゃくちゃいいなと思った。
今日から聴き込む。

日日是好日(2018年製作の映画)

3.4

樹木希林がおもしろかった。
人生っておもしろそうだなと思った。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.0

4DXで鑑賞。
前作とはまた違った背景を背負いながらのアクションで楽しめた。
でも前作の方が興奮したのは、最初だったからか…
3作目の展開もとても楽しみ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

無名の役者さんたちだから、すごく身近に感じた。映画部の同級生を見てるような。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.4

子供のかわいいがたくさん表現されている。駅のシーンはスピード感があってアトラクションのよう。