okimeeさんの映画レビュー・感想・評価

okimee

okimee

クライモリ デッド・パーティ(2012年製作の映画)

3.1

タ、タイトルww

なんだ、三兄弟たち、年に一度町に出られる日があるんだね!

若者たち、ゲスい。。

三兄弟も、ただ殺すことより、いかに被害者がいやな気分になるか、に重きを置いているように思う。
>>続きを読む

クライモリ デッド・ビギニング(2011年製作の映画)

3.4

仕切り女め〜!
定番が盛り込まれており、楽しめます。

あの黄色いトラック、好きだわ。。
あれ?でも、あれは1作目で乗って持ってかれちゃったよね。でも2作目に登場してたね。
時系列があっていないのか、
>>続きを読む

クライモリ デッド・リターン(2009年製作の映画)

2.9

もー!クライモリいろいろあって騙されそうになる....

えっ!前作の、あの赤ちゃん?
大きくなったねぇ〜

え、、ヒザ、めっちゃ簡単に切れるやん。ほんとにあんななの?
察知できるようになっちゃったタ
>>続きを読む

クライモリ デッド・エンド(2007年製作の映画)

3.3

そういや、前回の時も思ったけど、この人たちは何で殺してるんだっけね。
食べるのか。。

今回はカメラもマイクもあんなにある!
それなのに、、、あまり活かされてない気が。。
軍人もナイスファイト!

>>続きを読む

クライモリ/間違ったターン(2003年製作の映画)

3.3

めっちゃシリーズあるのね。。

初めのイケメン、最近まで見倒してたデクスターのクインだ。

定型だから仕方ないけど、森の中のキャンプにいくのに、タンクトップはやめてくれ。(ランボー以外で)

そしてな
>>続きを読む

三眼ノ村 輪廻の章(2008年製作の映画)

-

AN 4本目。

前作は、今作ありきで撮られていたのだな。
ですが、残念ながら、最後のネタばらしのところを目をつむってしまっていた(寝ていた)ので、すごく残念。

他の方のネタバレコメント読ませていた
>>続きを読む

三眼ノ村 黒魔術の章(2005年製作の映画)

3.5

AN 3本目。

いやー、多分タイ独特だと思うんだけど、
この4重にも5重にも「実は」「実は」「実は」「実は」を重ねてくる感じ。
好きだわー。(でもただのやり過ぎなんだよね)


というか、高校生の間
>>続きを読む

屋敷女 ノーカット 完全版(2007年製作の映画)

3.6

AN 2本目。

突っ込みどころは満載なんだけど、
もうそれ以上に痛くて、全身の力ぬけるぬける。。
椅子の上でもだえるもだえる。。

やだー、、もう、、、
てゆうかサラ、、すごすぎる。。度胸やばい。
>>続きを読む

人肉村(2020年製作の映画)

3.3

AN 1本目
かあちゃん、最強だったんだろうな....

最後の方、ワンカットでもう死んでる、ってのが良かった。
オックスフォードだけが人肉食か?

THE MOLE(ザ・モール)(2020年製作の映画)

-

NHKの世界のドキュメンタリーかなんかで見た。
それの、本チャンですよね。
配信かかるの待機。

アミューズメント・パーク(1973年製作の映画)

3.7

こ、こわい。。歳をとることをみんなが怖がるのがリアルにわかった。

日本でも、事故物件(孤独死)になるのをきらって、高齢者の一人暮らしは入居先が決まらない、という問題がある。
ホームレスが殴り殺された
>>続きを読む

PITY ある不幸な男(2018年製作の映画)

3.7

妻の死に備えて、完成度の高い歌を作ったところ、すごい。
枕に抱きついて眠るところは、少し感動もした。

でも、ガスとクッキーのところは、ムンクの叫びのようになって見てたし、
615号病室はゾッとした。
>>続きを読む

キャンディマン(2021年製作の映画)

3.7

始まる前から、鏡文字で各社のロゴ、バーン!

底なしの天井に霞のように落ちる高層アパート・高層ビル。

出て来る人達が芸術家ばっかりだから、画面がいちいちしゃれてる。
構図もしゃれている。

エンドロ
>>続きを読む

キャンディマン(1992年製作の映画)

3.6

上映中のキャンディマンが続き物だときいて。

これは、こわい。
というか、彼女がかわいそすぎてみててつらい。
オープニングの俯瞰で文字が高速道路を走るのすき。
人種差別が根底にある。

「俺を信じるか
>>続きを読む

自由を我等に 4K デジタル・リマスター版(1931年製作の映画)

3.7

おもしろい。
ジャック・タチのセットみたい。

番号で管理されるのは工場でも同じ。
飛ばされる紙幣と山高帽。

90年前か!

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

世の中がDUNEを見た人と、DUNEを見ていない人にわかれるなら、私はDUNEを見た人です。

小説原作読んで、待ってたよー!
確かにこれは色んな監督が手をつけたくなるし、実現が難しいよね。。さて、、
>>続きを読む

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

3.8

世の中がONODAを見た人と、ONODAをまだ見ていない人にわかれるとするなら、私はもうONODAを見た人だ。
(そして明日はDUNEを見た人になる)

まず思ったのが、カメラが昔の日本映画みたいに感
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

3.6

赤裸々に修道士の少年色や男色や、卑怯な色欲、変態性、異端、貧しいものからの搾取を描く。

「信仰と狂言の差はわずかしかない」
「我々のバラは名もなきバラ」

迷路図書室、さいこう。

ショーン・コネリ
>>続きを読む

草の響き(2021年製作の映画)

3.6

監督、東出くん、奈緒の舞台挨拶付き。

・ラッキーピエロのTシャツを普段使いしている(東出くんはジムで、奈緒は部屋着に)
・ほぼ順撮り(しかも時系列)なので、回想シーンを最初に撮影した
・演技をしない
>>続きを読む

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

3.7

もう、カンバーバッチのヤツれ方がこわい!!

キューバ危機はこうして回避されたのか。。知らんかった。。
ほんとに市民の力で変えられたんだ。。

ボリショイでみる最後の白鳥の湖、感動した!
「まさかロシ
>>続きを読む

コレクティブ 国家の嘘(2019年製作の映画)

4.0

闇が深すぎるし、なんかあちこちに入り組みすぎてる。

それは最後、選挙で病院や医者がかなり優遇されたマニフェストをだしたらこれまでにない得票をしたことに明言されている。。

理事の育成学校からしてだも
>>続きを読む

恐るべき子供たち 4Kレストア版(1950年製作の映画)

3.5

原作を読みたい。

中..学生....?
というのは、昔の映画では定番なので、まあそこは仕方ないにしても。
Diorのモデルでも地位が低いのか。。

寝て、しまいました。

カナルタ 螺旋状の夢(2020年製作の映画)

4.0

でた。アヤワスカ。(友達がやって人生変わってた....

天然のアヤワスカをキメているツァマライン。
ほかにも、マイキュアというのもあるようだ。その儀式で、ナンキがかなり受け入れられているのだとわかる
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

さんざん待たされて予告も沢山見たので、もう見た気になってて、もはや見るつもりなかったんだけど、時間的に丁度良いのでポイント消化でみてしまった。


やっぱり予告より本編ですね!おもしろかったです!
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.1

今回は、はっきりとわかる形でさんまさん堂々登場やね!
でもわかったよ!1番初めのピエロよね!

仮装舞踏会、憧れるのわかるよ〜
でも日本人はやっぱ馴染まないんだよね。。

色々と伏線が見えてきた時点で
>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

4.2

たしか親指しゃぶりって意味よね。

いもうとー!
妹が優秀すぎる!!

サッカーで服を脱ぐシーンは声が出そうになったし、「やったね!」と言いたかったし、かなり勇気がいったことだろう。
海のシーンもあん
>>続きを読む

整形水(2020年製作の映画)

3.6

ぶっとんでるー!
サイコー!

すきー。

デブのときの呼吸音とかやばい(吹き替えで見ました)
もちろん色々なツッコミどころはあるので、映画の日とか、会員であってもさらに安く見れる日とかでみれば丁度
>>続きを読む

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~(2018年製作の映画)

2.6

ホラーですらなかった。。
奥さまの御髪素敵やわ。
下ろしたらめちゃこわやけど。。

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.4

Filmarksサポーター試写会@ワーナー試写室にて。
見る前に、頂いたプレスシートを読んでしまって壮大なネタバレをしてしまった。(しなくても多分展開読めたけど..)

あの母親は許せない気がした。特
>>続きを読む

ジェーンへの手紙(1972年製作の映画)

3.4

配信が今日まで。

写真1枚に対してこれだけ思想を持って考えて質問して理由を述べられる、ってのがフランス人っすか!
(というか、そこまでしないと芸術を楽しめないのか、、とほほ)

しかし、散々に言われ
>>続きを読む

プラウダ(真実)(1969年製作の映画)

-

配信が今日まで。

卒業旅行でチェコ(ハンガリー・オーストリア・ドイツ)いきました〜
少しだけ意地悪された〜
でも素敵な街でしたよ

ブリティッシュ・サウンズ(1969年製作の映画)

3.5

配信が今日まで。
流し見しすぎたので、1時間だし、2回続けてみました。

工場の機会の音(労働者の音)が悲鳴のように聞こえる。

イメージを解体せよ
ブルジョワ社会では労働は労働者を増やすだけ
生産物
>>続きを読む

イタリアにおける闘争(1970年製作の映画)

3.0

配信が9月末までだったもんであわてて!

政治と経済と歴史と、つまり社会がまったくわかっとらんので、ほんと映画を見るうえでは不勉強で不利でしかなく、理解不足すぎる、、、勉強したい!!

ただただ、赤画
>>続きを読む

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)

3.9

「鬼の形相」で帆走するアイダ。
かつては一緒に生活していた隣人が、いつの間にか敵味方に分けられている。
(そしてまた何も無かったように隣人に戻るわけ?)

直近でいうとアフガン撤退。「完全に統制下にあ
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.4

副題は「COMES HOME」なんだ、、

ダニエラー!
いらんことばっかする!!

今回初めての感想としては、怪奇現象きてるときにトイレにいきたいとか我慢してるタイミングだったらどうするんやろ。
>>続きを読む

>|