okimeeさんの映画レビュー・感想・評価

okimee

okimee

写真は、ミシェルゴンドリーが描いた絵。
高校(愛媛)→映画の専門学校(大阪)→モラトリアム4年(大学@大阪)→社内SE(横浜)の♀
偉そうにコメントしてますが、自分の備忘用メモ

・2018年164本
・2017年215本
・2016年165本
・2015年119本
ベストムービーは2015年に見た映画。

since 2015.10.22

映画(908)
ドラマ(0)

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.2

発する言葉の数々。

子供たちの笑顔と変な笑い声
家族、親もすごいと思う。
お医者さんも、子ども本人にきちんと説明しているし、子どもも自分の病気をよくわかっている。

そしてエンドロールがすごく笑える
>>続きを読む

ラ・チャナ(2016年製作の映画)

3.6

きれい。
71歳にして足もちょうきれい。超絶技巧。

そしてすごく笑顔と笑い声の明るいチャーミングな人!

ラ・チャナのレッスンシーン上映付きでしたが、レッスンを受けてた彼女もすごい。
そして音を変え
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

脚本は完成しておらず、トム・クルーズがアクションやりたいがために数億の保険料を払って作っただけだと聞いていたので、
邦題がでたときに
----
トム・クルーズ
ミッションインポッシブル
----
て出
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.7

ゴージャスー!!!
ケイトブランシェットめっちゃかっこええ!
リアーナかっこええー
アンハサウェイー!

マリーアントワネットの首飾りが〜っ!

出所後早速のサンドラブロックの鮮やかな詐欺が素晴らしい
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.6

最後に「ネイティブアメリカンの女性の失踪は統計がとられていない」
っていう文字が出てくるまで、事実に基づいてるって忘れてた。

FBIが今まで見たことがないタイプだった。結構お役所ぽいのかな。

拳銃
>>続きを読む

ワンダーランド北朝鮮(2016年製作の映画)

3.8

すごく楽しそうに踊ってる(体操か?)よねー。
あんな小さいときから歌ったり踊ったりをずーっと続けてたら、そりゃぁ歌もダンスもうまくなるのでは。


この前まで行ってたキューバと同じように、みんなが楽し
>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

4.0

最高かー!

マリアの怖がり方、機械人間のマリアの表情・動き・踊り!

そしてあのアパートのエレベーターに、機械熱をひやすための全くの謎の仕事。
あの時計ほしい。数字のデザインすき。

壮大なセットに
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

-

少し寝てしまった。

色のないシーンや、影のシーンがとても丁寧できれい。

配信でたらもう一度みる。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

何故か見ちゃうジュラシック・パークシリーズ。

恐竜自らが演出する、変態気味の連続殺人鬼風、ホラーっぽさ。
自分、もう恐竜ちゃうよね?

ティティティ・ドゥーン!(音楽)じゃないって!どうすんの!?っ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

2018/07/28 1回目 @ユーロスペース
全然チケットとれなかったけど、やっととれた。。
でもなんと冒頭5分くらい遅刻。
立ち見もでてた。なんだこの熱狂は。

TOHO新宿でもやるらしいから
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

4.2

親方以外の男は、役立たずでクズ。

女が強くなるには、自立するには、女相撲しかなかった。

1950年頃まで女相撲がそんなに盛んだったなんて全くしらなんだなー。

東出くん、はじめてかっこ良く見えた(
>>続きを読む

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.8

一撃で殺すじい様の現役が見れて満足。

ちょっと全作見ないとだめかしら。。

レザーフェイスって巨漢の弟の方じゃないのね。。

ダンシング・ハバナ(2004年製作の映画)

3.8

夢にまで見たハバナでダンシング・ハバナ

何度見てもハビエルのタレ目がええね。。

キューバ旅行に、動画DLしてホテルにて見ました。
行ったからわかる。
ハバナとバラデロ(ビーチ)の行き来は距離的に無
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.2

キューバからの帰り。トロント→羽田間で。

そんな結論まで至るんだね、という感じ。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

キューバからの帰り。トロント→羽田間で。
時代がいつなのかわからなかった。
ファンタジーだから時代なんてなくていいのか。。

宇多田ヒカルのエンディングに流れる各時代の置物や掛け軸にうるっときた。

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.3

キューバからの帰り、トロント→羽田間で。
普通におもしろかった。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

幸せな夫で幸夫くん。
子どもと仲良くなっていく本木雅弘に、画面の彼と同じく顔がにやけてしまう。
ただ、子どもらには本当の父親がいて、乗り越えようとしている。居場所がない。

キューバ旅行で、トロントへ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.4

そういう結末なのかぁ。。
キューバ旅行で、トロントへの飛行機のなかで鑑賞。

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.4

監督インタビュー映像上映あり

政治的見解のないパレスチナ映画はない。
芸術として見てほしい。

花嫁完成してほしかった。
あの状態でみんなが「大丈夫よ。心配ない。」というの、日本人の感覚に似てる、と
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

勇者ヨシヒコの監督ってことで「ウム、よかろう」
面白かったし、想像以上に良かった。

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.8

パーソナルショッパーのような謎明かし具合。
終盤はまるでシャイニングを思い出すあやしさ。


音楽も映像美も良かったと思った。

今トイレでレビュー書いてるけど、「親がすごく仲が悪くて〜」
いやそうで
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.6

何の話なんだろ?
と思いながら見てたけど、かなり泣く!
でも結構笑うw

修羅場でも演奏をやめないクラブのバンドww

真木よう子をみて思ったけど、やっぱり「人のためをおもって」っていうのは、周りをか
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.8

悲鳴とエンジン音と緑の瞳がトラウマ級。

ただただ叫んでるだけなんだがなぁ。。シャイニング思い出した。

じい様がいちばん気持ち悪い!!!
終わり方がこわいよ!

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

また可哀相なこどもで感動ものか。
なんて思ってみたけど感動した!

誰もが何かを抱えてる。
チューバッカ職場にいてほしすぎる。

子役が全員可愛かったし、ミランダは美しすぎるし!!

ピーターラビット(2018年製作の映画)

-

Twitterにはちゃめちゃなコメントが流れるもんだから見に来たけど、
どうにもおもしろさがそれほどで‥。
でもクレジットの最後に全く知らんうさぎの写メが流れるのヤバすぎたw

ここが1番笑ったし、こ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

身代金は‥値切れる!!

話も面白かったし、ポールが美しいから、、
チンクアンタも情がうつっちゃうし。。
母は強し。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

くそー、小ネタがわからんかったー。

わかりきらんくてもおもろ。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.9

クレジットの曲が最高に良い。

親に付けられた名前は受けいれるのに、神は受け入れない

スラッとしたスタイルと服のセンスがすごく良い。

かなり、おもしろい。

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

女性陣の怪演。。
安藤サクラはなんちゅう女優だ、、、、

あたし、今日は誕生日なんです。
シャンシャンは何万人にも祝ってもらえるけど、こちらはメルマガしか祝ってくれない、なんてことを朝から言っておりま
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.8

リバー・フェニックスのかっこよさと可愛さに
若いキアヌ・リーブスの美しさ

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

映画館で見れた!4K
ありがとう午前十時の映画祭!!

百姓はつよい。
ほんとに強いと思う。
じゃないとやっていけないと思う。正直に。
実家は農家だけど、あたしは会社勤めで良かったと思っている。
「や
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

美しく優雅なホラー。(に、思えた

ドレス素敵ー!
あたしも作ってもらって着たい。。。
到底無理だけど。

しかし前の人は座高が高い上にすっごい頭を動かすし、隣の人は5分おきにくらいに鼻で笑うしで、全
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.2

2018/06/17 2回目@新宿ピカデリー
3回目にして初めて、昔から「バーフバリ 万歳!」と言ってる国民も年をとったメイクしてることに気づいた!
ありがとう?バーフバリ!



2018/06/
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

3.6

戦争に勝者はいない。どちらも敗者。

掘り起こされる首のない遺体。
湿度があるからなのか、なんなのか、きれいに人間の形をのこしていて、生々しすぎる。

「おはよう コバニ!」


このあと時間をおいて
>>続きを読む

>|