にゃまてんさんの映画レビュー・感想・評価

にゃまてん

にゃまてん

ホラー、ファンタジー等などが特にすき
レビューは短く書く

映画(128)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

氷菓(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アニメは何回視聴したか分からないほどみたので、比べる気はなくてもやっぱりどことない違和感をおぼえつつ観賞した。

山崎賢人と広瀬アリスがビジュアル云々の前に滑舌がすごい気になった。ほうたるはあの喋り方
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

2.9

個人的に森見さんの現在の状態になるまでの進化過程の良い意味でまだ未熟な感じに思えた。色んな原作者の小説に繋がってるのが観ていて楽しかった。わちゃわちゃしてるのも楽しい

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.5

この映画はオクジャにおきかえてるだけで実際におこってることなんだよなと改めて再認識させられた。キャストがみんなキャラクター性があってとてもよかった。特にギレンホールはやっぱりこーいうちょっとイってる役>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

2.5

序盤のサスペンスホラー感がよかったのに中盤からの超常現象で萎えた。この手の映画の一番こわいところは家でめっちゃ物音してるのに主人公意外だれひとり気づかないっていう。最後の分かってたけど許さん!!!!!>>続きを読む

ATM(2012年製作の映画)

3.0

フード男のいのままにされる3人の男女、ながらみで丁度いい面白さ。顔がだれかまったく分からないのが恐いのに目をうつしちゃうのが惜しかったなぁ、あれがなければもっと怖さがあってよかった。

グレイヴ・エンカウンターズ(2011年製作の映画)

2.0

ストーリー進めるごとに新しい道や扉があらわれたりして、ちょっとサイコブレイクみがあった。ホラーゲームっぽい

エクリプス(2017年製作の映画)

2.5

ベロニカが可愛すぎて怖さがあまりはいってこなかった。もうちょっと普通の女優でもよかったんじゃないかな…

内容は想像通り。捻りも特になし。悪魔よびだしてしまってやっちまった!ってなる。実話ベースだから
>>続きを読む

ディアボリカル(2014年製作の映画)

1.3

モンスターっぽいやつは気持ち悪くて良かったけど、脚本ダメすぎる。最後の謎の笑みもなに?あとの考えは視聴者にまかせるって感じで投げてる

インシディアス 序章(2015年製作の映画)

1.8

題名がでる音で懲りずにビビる

うーん、新しいシリーズだすならもうちょい目新しさほしいかな

ちなみに姉はみかこしで弟が代永さんというラインナップ

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.0

ゆっくりとじゃなくてお互いに気付いた時にはひかれあってた。

ヒースレジャーの顔の表現、何もいってないのに彼への愛しさがすごく伝わってくる。

二人の掛け合いだけじゃなく、女性視点からのシーンも多くて
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

良い意味で音楽にストーリーがオプションでついてきた、みたいな感じ。どの曲も全部すきだけど、特にThis is Meの演出の下からぶわーって感じの追い込みが鳥肌たった。映画館で観れてよかった。

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

2.0

原作未読で観賞。こんな風に作りたいんだろうなぁという理想は伝わってくるけど、イマイチ雰囲気だけで終わってしまってる気がした。
とにかく説明が不十分なので感情移入するにもできないし、これだったら同姓同名
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

監督の二次創作愛あってか画面の映像美しさがすごくよかった。内容にもうすこし捻りがほしかったかなぁ。レンタルでもういっかいみたいです。

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.3

介護×悪魔を使った新しいホラーですごかったです。最後のアレはいきなりすぎて笑ってしまった。でもじわじわ怖さがきます。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

2.6

死霊館シリーズは全シリーズ視聴済み、ライトオフと同じ監督ということでまた新しい恐怖体験ができるかな?と思ってワクワクしながら鑑賞しました。
結果個人的には怖いもの見たさでいえば中の下くらい、特に目新し
>>続きを読む

どうしても触れたくない(2014年製作の映画)

3.2

製作費などのせいかBL映画は映像のクオリティがどうしても低くなってしまいがちだけど、この映画はそのなかでもまだ頑張っていた思う。他の映画とかと比べるとやっぱり突っ込み処はあるけれど、美しい男の方達がキ>>続きを読む

ディアトロフ・インシデント(2012年製作の映画)

1.4

ハンディカメラが気持ち悪すぎて2日かけてみた…最後のくだり極秘なのにご丁寧に写してくれてて笑った

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

2.1

題材は面白くなりそうなのに特に目新しさがなく終わった。(2002年だからかもしれないけど) 途中に暗転するシーンがCMにいくみたいなフェイドアウトの仕方で、それがすごく気になった。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.0

エイリアンシリーズ全く視聴なく見たけど、グロさ目当てで見たからすごく楽しめた。吹き替えで見たら宮本さんまみれですごかった(笑)

バイオハザード ダムネーション(2012年製作の映画)

2.7

そこそこ楽しめた。レビューのリッカー可愛いの意味が分かった。レオンお酒のんでる場合か?!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

ひとつ間違えればSNSは怖いものになるけど、やり方次第でこんなに変わるんだ~!幸せな気分になったし、お肉食べたいってなった!

ハーモニー(2015年製作の映画)

2.5

原作未読だけど、多分この時間で詰めこめれるほど簡単な話ではなかったんだろうなぁと思った。伝えたい意図は分からなくもないけど、感情移入はできなかった。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

2.8

主人公意外CGっていう映像はすごかった。内容は良い意味で想像通りだった。熊とついてきた味方の狼の絡みが謎に萌えた

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.3

どうやって撮影してるか本当に分からない…映画の内容よりアトラクション映画って感じだった。少し酔った

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

前作があまりのれなくて、あまり期待してなかったけど所々楽しめた。モーセの十戒的なシーンとかすごくお金かかってそうで見ごたえがあった。

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.3

昔のCGや模型とか見てるだけで楽しめた。姉弟の姉の方がスパイダーマンにでてる人でびっくりした


ドンドコドコドコ…………

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

黒人のキャストの演技が凄まじかった。この俳優たちじゃないとこの不気味さはでなかったと思う。1回目じゃ理解できない部分もあったのでレンタルしてもう一度鑑賞したい

亜人(2017年製作の映画)

3.0

監督にいわれてあの演技をしたのか自分からあの演技にしようと思ったのか分からないけれど、綾野剛が大塚さんを意識しすぎて、アニメはあれで良かったからせっかく年も雰囲気も全然ちがう役者を使うなら映画は映画で>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

2.3

本当の話らしいので期待してみたけど、脚本のせいか結構だれながら観た気がする。題材的にもキャストも良かったのになんでだろう

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.0

万人向けじゃないだろうとは覚悟してたけど、これは好き嫌い別れる。個人的には好きだけど、三角関係の関係性に萌えるか萌えないかだと思った。

サイン(2002年製作の映画)

3.5

最初の方はすこしだらけるシーンが多かった。でもだからこそ突然笑えるシーンがあったり、驚くシーンが映えた気がする。最後の伏線回収も観てて気持ち良かった。

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

2.5

最後それでいいの?!助けにいかないの!!??とツッコミたくなった。妖精が露骨にですぎて不気味さがあまりなかった気がする

ケース39(2009年製作の映画)

3.0

虫が苦手な方は注意。最後までみるとどんどん伏線が回収されていって気持ち良かった。あの美少女の顔面が崩れたのは心の問題でもあるのかな

ダークスカイズ(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

新しいSFの考え方でちょっと怖かった。にしてもエイリアンが亜人にしか見えなかった

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.5

視聴者側を誘導させるやり方がうまいなぁと思った。主要3人の終わりかたはそれぞれバッドエンドでもありハッピーエンドでもあるから考えさせられる

>|