Wednesdayさんの映画レビュー・感想・評価

Wednesday

Wednesday

映画(2529)
ドラマ(4)

プライド&グローリー(2008年製作の映画)

3.4


豪華キャストすぎて驚いた。
警官一家のエドワードノートンが仲間刑事の汚職事件を追ったりする話。

エドワードノートンが拳握ると脳内でファイトクラブに変換されちゃうから勘弁して。

特に期待せず観たけ
>>続きを読む

あの女はやめとけ(2012年製作の映画)

2.5


内堀太郎目当て。

最初の謝罪ネタが回収されるのはホホゥとなったけどそれ以外は何も。

ランジュ氏の犯罪(1936年製作の映画)

3.9


おもしろい!

男女が安宿に入ってくる
→あいつ指名手配の殺人犯じゃね…?通報しよ
→待って待って彼の事情を聞いてからにして
→で、回想シーン(ここがメイン)

なんとなくタイトルに惹かれて観た映画
>>続きを読む

チャイナ・シンドローム(1979年製作の映画)

3.5


原子力発電がテーマ。すごい映画。

ジャックレモンには軽やかな男を演じていてほしい気持ちもありつつ、こんな役もやれてて好き。
ぷつっと切れた無音のエンドロール、スクリーンで観てたら迫力あるんだろうな
>>続きを読む

ラジオ・デイズ(1987年製作の映画)

3.3


こうやってウディアレンが出来上がったんだね😌
というフムフムがあっておもしろい。
素敵ファミリー。

薄氷の殺人(2014年製作の映画)

3.6


5年前の殺人事件の容疑者の妻の周りでバラバラ殺人が起きて当時の刑事が再び追っていく…という話。

この監督初めて観たけど好きになりそう。
静かに進んでいって微妙な心情の比喩描写が好み。
最後1人でぐ
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.5


元のミュージカル観てみたい!
舞台と同じ監督、主演、脚本だとパワーがそのまましっかりあるからめちゃめちゃおもしろい。
DVD買うかサントラ買うかで迷う。

全音楽めちゃくちゃかっこいいし映像もいけて
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.8


離婚を決めたけど毎日一緒にいて家も同じなセレステとジェシーの話。

女性としては苦手なタイプで「そりゃ恋愛うまくいかんやろ…」って感じだったけど、ストーリーの進め方はわりとよかった。
男性が女性のこ
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.8


キュートな映画。
娘が妊娠した、養子に出すってなってもわりとすんなり受け入れてくれるJKシモンズとてもいい親父。

不思議な展開だったけど上手な回収でおもしろかった。
わりと全部が軽いノリだけどテー
>>続きを読む

クロニクル(2012年製作の映画)

3.3


あれ!おもしろかった!!
デインデハーン観てるしなんとなく観てみたらおもしろくて満足。

90分以内にサクッと観られる超能力ものでちょうどいい。

パッとしないカメラ少年だったのにね…
なんだか切な
>>続きを読む

スモーク(1995年製作の映画)

4.2


なるほど。とてもいい。
こういうのを長らく求めてた。

特別に何か突出してるわけではないけど、じわっと満足できる映画。

蒸発した父に正体を明かすシーンが印象的。

ラストエンドロールでの見せ方がか
>>続きを読む

悪魔(2018年製作の映画)

3.0


谷崎潤一郎原作。未読。
吉村界人目当てで観た。

大野いとの演技がヤバすぎて途中でやめようかなと思ったけど80分だしなんとか観きった。

毎夜新聞の死亡記事切り抜きをする佐伯、下宿先のファムファター
>>続きを読む

めかくれ(2019年製作の映画)

-


エーーーーーン怖い😂😂😂😂😂😂😂😂😂

おしいれのぼうけんのような絵本チックな恐ろしさ。
笑顔怖い。めちゃ怖かったツライ日本のもの怖い

でもこういうドロドロっと考える瞬間についてはすごく分かる。

隔離(2020年製作の映画)

3.0


コロナで隔離生活をしていたローマのドキュメンタリー。

ベートーベンの月光が静かに流れてるんだけど、この曲ってなんにでも合ってすごいわ…

Forza Italia!

一本のワイン(2020年製作の映画)

3.5


わたしけっこうこれ好き。

若い女性アニメーターが一本のワインを開けるまでを淡々と、彼女のナレーションとアニメーションで綴る作品。
とてもリアルでよかった。

通話禁止(2019年製作の映画)

3.0


たのしい(笑)

モヤモヤ〜と妄想するかんじとかも好きだし、
電車内で「これどうしよ…」って考えるのすごい分かっておもしろい。

空飛ぶ「いいね!」(2018年製作の映画)

3.0


いいねってかわいいんだねぇ
今だからこそ出てくるアイディアの映画は観てておもしろいな。

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5


半沢歌舞伎の舞台で狂言師が大立ち振る舞いをしてた。
能狂言大好きなので野村萬斎の独特な伸ばしや仁王立ちにいちいちピンときてクスクスしてしまう。

ちょい役も豪華で楽しい。
ドーナツ食べたくなった。

逢魔ヶパレヱド(2017年製作の映画)

3.5


雰囲気MVってかんじ。
日本昔話の雰囲気に妖怪たちがモンスターファームのようなかわいいウロウロ。
かすれた笛の音と相まってよかった。

ひかげのほとり(2019年製作の映画)

3.4


「出たなカビども…」

ちょっとおしゃれ系ゲームっぽくておもしろかった!
種族差別的なテーマで凝った作品だったなぁと思った。

結局こっちサイドは何の擬人化だったんだろ?

ギャラクシーセミナー(2018年製作の映画)

2.8


不思議な絵柄でポップ。かわいい。
宇宙と新興宗教って組み合わせが珍しい。

主役の子以外の生命体喋り方クセツヨ

マウスマンゼロ(2019年製作の映画)

-


"平凡な男がサイボーグヒーローになり戦うSFアクション!
恋や依存症をメインに描き、登場人物の心の傷を主人公マウスマンが癒していくハードボイルド物語"
だそうです。

声優さんが下手すぎて聞いててキ
>>続きを読む

ピアノマン(2020年製作の映画)

-


みじかっっ
これでショートフィルムにしていいの?

ミスター・ガスパッチョ(2016年製作の映画)

3.3


親友ちゃん馬鹿だけど最高で大好き。

途中から「アレっ?」と思ってたけど、主人公の性格やガスパチョを与えられた意味になるほどね、という納得がある。
こういう納得好き。

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.5


老紳士ホフマンが恋した女性のために亀ちゃんたちを成長させる話(?)

あらすじ敬語だ!なんでだ!
と思ったけどストーリーテラーがいるタイプの話だった。

途中までの展開はウジウジであまり好みではなか
>>続きを読む

クレスニク(2014年製作の映画)

3.3


短編でダーク調のファンタジー珍しいしサクッと観れるのはありがたい。

ストレンジャーシングスやロードオブザリングの雰囲気があって素敵だった。
エンドロールまでちゃんと凝ってて好き。

火の力とは??
>>続きを読む

ビックフォード公園で会いましょう(2017年製作の映画)

2.5


モノトーンなサムネはカッコいいのにな…

イギーポップのような負け犬旦那の歌声嫌いじゃない。

エサ(2015年製作の映画)

2.0


ネタバレ厳禁と書かれているのを見た瞬間オチが全部分かってつらかった。

効果音が独特。

渋滞(2015年製作の映画)

3.0


人気があったのは分かる。
20分で綺麗にミステリーを作っててすごい。

森と大衆。

ワンダフル・フライト(2015年製作の映画)

3.0


モンゴルの少年2人が飛行機に乗り込む実話を基にしたショートフィルム。

ラストが切なくて寂しかった。

ライフ・アフター・ベス(2014年製作の映画)

2.5


ゾンビガールと設定ほぼ一緒で、「あれ!?これ観たっけ…!?」と焦る前半。

死んだと思った恋人が生き返ってゾンビになって帰ってきた!嬉しい!って話。
終始デインデハーンのデコの広さが気になる。

>>続きを読む

ナッツ!ブリンクリー博士の奇妙な運命(2016年製作の映画)

3.1


手の凝った奇妙なモキュメンタリーだなww
と思いながら観てたらまさかの実話で笑った。
事実は小説よりも奇なり。

「勃起不全?ヤギのブツと交換すれば治るっしょ!!」
という謎手術を成功させ、どんどん
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

4.2


よかった…!

ビューティインサイドと近い設定だったけど終わり方は全然違ったし、今回は2人とも学生っていうのがけっこうよかったんじゃないかなと思う。

途中ちょっとモヤモヤした瞬間はあれど、出てくる
>>続きを読む

>|