B級怪獣エイガさんの映画レビュー・感想・評価

B級怪獣エイガ

B級怪獣エイガ

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.7

ちょっとトムとジェリーの表情が作り物感あって素直に笑えなかったけどそれなりに面白さはある映画だった。「ああ、やっぱあのファンタスティック4の監督だな」と良くも悪くもマイルドな仕上がり。

俺が子供の頃
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.6

実質スコア5.0満点の最強短編。ラーヤの前にやるやつだから一瞬、「え??ラーヤって現代の話なの!?てかえ!?ミュージカルなの!?」と思わされたおとぼけファーストインパクトから一転、全てが完璧な大神作品>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.8

うおおおおもしれえぇぇ………

ポスターとか予告チラ見た時全然期待できなくて「なんやこれシンプルに面白くなさそう」とか思ってしまっていたが…なんて素晴らしい映画だったんだ。

プロット自体は全く目新し
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.8

目がバキバキで愛してやまない我らがダニエルラドクリフ演じるオタクが調子こきすぎて悪者に目をつけられ両手に銃を取り付けられ殺し合いバトルに参加させられてしまうアクション映画。

だいぶ前に予告見た時から
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

4.0

このコロナ禍でリモート制作した頑張ってるPC画面しばりの映画。

同じくPC画面縛りのホラー映画アンフレンデッドが大好きなんだが、今作も今作で好きだった。

リモートで降霊術会やってちょっとふざけたら
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

4.6

設定1発のシチュエーション映画だと期待しないで見に行ったら思わぬ儲けものだった。

ポスターを見ればどんな映画か大体わかるので割愛するが、この設定から後半の展開が急に熱くて滅茶苦茶面白かった。
「あ、
>>続きを読む

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

4.3

クソな大人(主に先生)に対抗するため街外れの廃工場に中学生9人くらいで立て篭もるジュブナイル。

いかにもな昔の暴力精神論教師達に子供達が反発して秘密基地的な空間をつくりあげ、そこに防衛線を張って大人
>>続きを読む

史上最悪の学園生活(2016年製作の映画)

4.6

これはすげー良かった。俺は大好きだ。

主人公達がクソな校則の学校に仕掛けるイタズラの絵的な面白さがマジで最高。カラフルでポップで超絶ワクワクする。YouTubeのサムネにあったら絶対再生しちゃう楽し
>>続きを読む

トールガール(2019年製作の映画)

4.2

身長高いのがコンプレックスの内気な子が転校生に恋するネトフリオリジナル。

シンプルに面白い。最初のキャラクター達の関係性から大体の関係性のオチが目見にえるが、それでもその予想を疑うような突き放し展開
>>続きを読む

八つ墓村(1977年製作の映画)

3.7

月光下の桜吹雪の中、刀持って走って来て始まる殺戮シーンが音楽といいタイミングといい内容といい、全てが怖いのはもちろん、滅茶苦茶かっこいい。ここの世界レベル感は異常。ここだけで元は取れる。
さらに終盤の
>>続きを読む

ダークホース リア獣エイブの恋(2011年製作の映画)

4.3

リアルなガチのダメダメ人間を『ウェルカムドールハウス』のトッドスロンズがまた甘え無しで描く。

正直(特に後半)訳分からん。
しかし、訳分からんで終わらせたくない、終わらせられないものが今作にはある。
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

2.2

役者陣の演技や演出、画作りは一流映画の雰囲気はあるもののずっと退屈で面白くない上に寓話的な帰結で『うっわしょーもな。あっっそ。』と大興醒め。
特別な何かを何一つ見せてくれない、連れてってくれないつまら
>>続きを読む

サイコ・ビーチ・パーティ(2000年製作の映画)

3.8

OPの【首が3つのウェイトレス】のクソ映像から、ホットドッグ店員が2021ベストオブ『なんだって?(吹き替え)』を発した時点で最高映画見つけたとテンション上がった。

そしてそっからのダサすぎタイトル
>>続きを読む

こねこ(1996年製作の映画)

3.7

子猫が迷子になる猫映画。

猫クソ可愛いし基本いい人ばっか出てくるし話自体はほっこり系なんだけど、マフィアみたいな奴の猫の扱いがシンプルに不快すぎ。しかもガチの子猫使ってるわけだから普通にひっかかって
>>続きを読む

ジャッジ・ドレッド(2012年製作の映画)

4.5

滅茶苦茶シンプルで滅茶苦茶王道のアクション物。個人的にはかなりの当たり。

監督のやりたい事だけが明確にバッコリ綺麗に入ってて実に気持ちがいい。

隔離された場所で次々に悪人が現れてはドレッドが血みど
>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

滅茶苦茶面白いし普通に涙3滴溢れ零れるくらいには泣いてしまったがラストのメッセージが今の俺には''まだ''刺さり切らない。

俺は夢を抱いてるし、まだまだ夢を微塵も叶えてないので今作の段階に行きつけて
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

''ワンカット''と''最前戦に向かっていくという状況''から『いつ銃声が鳴り響いて主人公と共に行動してる奴が死んでもおかしくない』という時間が延々と続いて死ぬほどドキドキした。マジでずっと緊張感が続>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

・キャラクターを描く時に頻繁にモンタージュ使いまくってて違和感あった。モンタージュって上手く使えば死ぬほど便利で効果的な技法だけど、今作のはあんまり効果的には思えなかった。雑にさえ感じた。音楽もうっと>>続きを読む

惡の華(2019年製作の映画)

1.1

やばいやばいやばい。

なんかまともな奴らがヤバい奴演じててヤバい🤮🤮🤮🤮🤮🤮🤮🤮

コイツら(制作陣も含め)やばいわ。
い、痛すぎる!!!!

スマホという小さい画面で見るのさえ恥ずかしくてホームボ
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.6

食人短編。
ポスター見てわかる通りカラフルポップな絵作りが最高。色合いが良い。でもどこかチープな感じも好き。

血は出るが15分だしセリフも確かほぼなかった筈なのでサクッと見れる。

ただし割と退屈し
>>続きを読む

ウェイキング・ライフ(2001年製作の映画)

2.5

ベラベラベラベラ喋りやがって。実存的主義だ?そいつをここに連れてこい、俺がぶん殴ってやる。みたいな気分だったので開始20分くらいで一旦寝た。

普段なら「私の人生は死にゆくおばあさんの見る脳内の6秒に
>>続きを読む

The Banana Splits Movie(原題)(2019年製作の映画)

3.9

2021年1発目。
ガチで実存する子供番組キャラが公式公認でホラーになったという元の番組を観ていた大人達が死ぬほど羨ましいスラッシャー。

ジャケットが神。Tシャツが欲しいスマホケースが欲しい円盤が欲
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

4.3

ワンダーウーマンの続編。1984年と大好きな時代設定だが84年感はそんな感じられなかった。

全体的に王道な展開で見てる時は結構ノれて楽しかったから4.3と高めのスコアだが、見終わって少し冷静に振り返
>>続きを読む

仮面ライダーZO(1992年製作の映画)

3.3

仮面ライダー3号の被害を俺と一緒に受けた友人が『口直しに』と持ってきたZO。

しかしこの映画も言うて全然だった…。48分にまとめるためかキャラクターも展開も背景もとにかく薄い。

いい所は各所の特撮
>>続きを読む

スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号(2015年製作の映画)

1.4

仮面ライダー大好きな友人が突然再生し出したので仕方なく観始めたが終わってた。内容が。典型的な子供騙し映画。

仮面ライダー1号2号がもし死んでたら…?のif世界の話なのは一見面白そうだが、まずこれに大
>>続きを読む

キャンディ(1968年製作の映画)

3.7

かなりサイケで強引で荒唐無稽な展開だし、何を見せられてるのか最後までわからない。さらに正直この内容で124分は長いし、中盤かなり退屈してキツさもあったがそれなりに面白い画は連続して出してくれるのが救い>>続きを読む

宇能鴻一郎の濡れて打つ(1984年製作の映画)

3.6

いや平成ガメラ3部作とか大怪獣総攻撃、学校の怪談3にデスノートなど…俺の好きな映画よく撮ってる監督の初監督作品という事で少し期待して見たんだけどなんだこれは!

普通にバカパロディAVじゃねえか。
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

追記【主人公とお姉ちゃんがゲームするシーンのコントローラー入力が嘘臭く感じたの俺だけ?】

普通の優秀な獣医学生だった女の子が人食っちゃうやつ。

シンプルに見てらんないエグさ。あんな部位やこんな部位
>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.7

ポスターの絵が凄い嫌いで眼中になかったが、最近映画館行ってなかったし『ザ・グラッジ』を観に行きたかったしそのついでに評価も高いから観るかと足を踏み入れたら…ぶっ飛んだ。

始まってから数十分は『うわー
>>続きを読む

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷(2020年製作の映画)

2.2

見てよかったと思ったシーンは僅か14秒。

冒頭で珍しくまともな日本が出てきてちょっとテンション上がってあとはそのまま右肩下がり。特に怖くもなければ面白くもない映像とストーリーが薄く引き伸ばされ淡々と
>>続きを読む

シュレック フォーエバー(2010年製作の映画)

4.0

「城から助けられたのは俺の方や。」これいいね。''おとぎ話''に歯向かってきたシリーズを締めくくる言葉として綺麗。まあ5やる可能性あるっぽいが…。
あと歯生えてるアヒル可哀想だった。

最後まで微妙な
>>続きを読む

シュレック3(2007年製作の映画)

4.0

変わらず好き。キャラがもう好きだから安定。キャラ好きになれてなかったらきついかも。ハイスクールのシーンウケる。悪役が集まるのワクワクする。

シュレック2(2004年製作の映画)

4.0

長靴を履いた猫が最高。
声優としての竹中直人って全然好きじゃなかったんだがこれは大ハマり。ここまでハマってる竹中直人初めて見たわ。
一作目より好きだった。普通に面白かった。
それにしても結構前に4作品
>>続きを読む

シュレック(2001年製作の映画)

3.6

まあまあ面白い。
おとぎ話のキャラ達のメタ発言や暴言がクスッとくる。皮肉の効いたギャグや展開もなかなか好みだった。
シュレックの吹き替えをダウンタウンの浜田がやっていてまあ下手ではないがそもそもの声質
>>続きを読む

妖婆 死棺の呪い(1967年製作の映画)

4.2

ソ連が産んだ愛せるクソワロタホラコメ。ただ当の本人はホラーのつもりか。

まず開幕の『よっしゃー!夏休みだあ!』的なノリで物盗むわ人攫うわやりたい放題の神学生達のシーンで混乱。
『こいつらは悪なのか?
>>続きを読む

フェイフェイと月の冒険(2020年製作の映画)

3.6

月の伝説を信じる孤独な天才少女が発光生命体がわんさかいる月にマジで行くミュージカル仕様のアニメ。

予告のカラフルな映像、奇抜な世界観、印象的な音楽など、結構期待値高めで鑑賞したがなんとも微妙な仕上が
>>続きを読む

>|