ぱぁちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ぱぁちゃん

ぱぁちゃん

映画(929)
ドラマ(17)

アリゾナ・ドリーム(1992年製作の映画)

3.4

クストリッツァがクストリッツァになる前といった感じ…
グレースが家前の大木の所を歩くシーンは圧巻。
久々に見るフェイ・ダナウェイ… キス、エロいなぁ〜

オールウェイズ(1989年製作の映画)

3.0

オードリーの遺作という事で、ずーっと観なかった作品。これで彼女の映画、全て観てしまったのかな。
スピルバーグのラブファンタジー… これ、失敗作でしょう。

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.8

いや〜 面白い。続けて第2弾観てしまったが、このハチャメチャさは楽しい。癖になる楽しさ!
やはり、ビデオ展開ときましたか…
続きが観たいな〜

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.8

おばあちゃん… いいねぇ〜。 彼女をどんどん好きになってゆく展開が面白い。
バカが一人いるけど、アメリカ喜劇ほどわざとらしくない。ビデオカメラ映像を使ったストーリー展開の脚本、お見事。
IZのオーバー
>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

3.2

カーチェイスは良かった。
なかなか死なない主人公… ちと、無理ありすぎかな。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.6

ヒトラー…
これだけマスコミが発展している現代でも、先導されるのかなぁ〜

ブリムストーン(2016年製作の映画)

4.0

最近は、可愛い妹ばかり目立ってたが、しっかりと美しい女優になってたダコタに魅入ってしまう。
美しい景色描写の中で、男尊女卑の時代に、くそ神父から逃げる戦う女の骨太なドラマ… 見応え充分。

つぐない(2007年製作の映画)

3.8

このラブストーリーはあまりにも悲しい…
ラストのつぐないは悲しすぎる。
頭にタイプの音がこびりついて、離れない。
少女のシアーシャ、素晴らしい。

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.4

エル・ファニングが可愛いだけかな…
親と娘がホッコリできるあの時間、金持ちだからこそ…
俺は空っぽだって言ったって、あんな素敵な娘がいれば充分でしょう。 最後はわからん。

モンスーン・ウェディング(2001年製作の映画)

3.7

インド家族の愛、家族長の決断。結婚式までの雑景… そして、花嫁の告白… 魅入ります。

回路(2000年製作の映画)

3.4

はじめに歩いてくる女幽霊… 怖。
麻生久美子って、可愛かったんだ。

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.6

手抜き工事… 設計図と違う… 人命を諦める… さすが韓国。
ぺ・ドゥナは、相変わらず良いです。

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最近、だから何なの?が多い日本インディーズ映画… それに共感するのならそれでかまわないが、昔からこの手は、マスタベーションって言ったいた。
イジメのシーンが、ある時からいきなり解決もなさそうに無くなっ
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

3.2

面白いんだけど… ちと、中途半端。
居場所を求める愛衣はわかるが、亮太が何を求めてるのかが最終的に分からない。僕の愛の物語と言われても、行動が見えない…
まだアントニーの行動の方が分かりやすい… ただ
>>続きを読む

ウィジャ ビギニング ~呪い襲い殺す~(2016年製作の映画)

3.3

続編としての事前話。
流れとして良かった。
ドリス… 可愛いです。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

最後、一瞬にして涙が出る…
ばかな父親と、ばかな娘。
でも、親子なんだよね。
目標でも成果でもない、その一瞬がいかに大切か。

それにしても、主人公、初めはクッキーにしか見えんかった…

呪い襲い殺す(2014年製作の映画)

3.0

お子様映画だけど、
普通に面白かった…
というより、ビギニング観たくなる。あの姉妹と母ちゃん気になる〜

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

さすが、新参者シリーズ。
原作、長いんだろうなぁ。
小説を読んでる感じだった。
阿部寛… 濃いな。

カイト/KITE(2014年製作の映画)

2.4

ゲームみたいな世界観はいいんだけど… ラスト、ひどいな。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.7

世の中、JKは最強だが…
はじかれながら苦しむ青春もあり。
志乃と加代の爆発寸前の描写、
引き込まれます。
なんといっても、
志乃の鼻水垂らしは最強!
男… うざすぎ。
こいつは、大人になれん。

品行ゼロ(2002年製作の映画)

3.0

人形霊のイム・ウンギョン目当ての鑑賞。確かに可愛い。
最後まで、映画としてまとめて欲しい… はっきり言って、何も残らん。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.4

あまりハラハラドキドキしない…
家の中で恐竜暴れてもつまらん。
悪い奴のやられ方もスカッとしない。
IMAX3Dで鑑賞したが、3Dで観る必要が感じない。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.2

予告を見たときは、もっとミステリアスなストーリーかと思ってた。
普通だった…

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.5

ヘタレヒーローの活躍、もっと見たかった。小松菜奈、少なすぎ。

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

小出恵介は、地ですか…
満島ひかりが凄いんだけど、あまり良くわからんかった。

告発(1995年製作の映画)

3.9

ケヴィン・ベーコンに泣く…
かなり昔に観た再鑑賞。

お引越し(1993年製作の映画)

4.0

12歳か… 田端れんこ。
大嫌いな桜田淳子が良い。
相米監督、存命ならどんな映画作っていただろう。

>|