KazutoIwakiさんの映画レビュー・感想・評価

KazutoIwaki

KazutoIwaki

備忘録 基本的に映画オンチなので点数は高め

映画(67)
ドラマ(0)

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

湯を沸かすほどの熱い家族愛。
見事に泣きました。

演者1人1人もちろん素晴らしい演技だけど子役の演技が特に素晴らしいと感じた。

普段から大切な人には言葉で愛情を表現しよう

食べる女(2018年製作の映画)

2.5

食は大事。
出てるキャストはかなり豪華だけどストーリーはいたってシンプル。

あっちゃんと勝地くんは結婚前かな?出てきて笑いました

自分で料理してみようかなと思った一作

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

シリーズ1と違って2は泣ける。
ただ前半にくだらない福田ワールドも混ぜ込んでおり満足。
福田さんはアクションもいけるのね。
今作もお腹いっぱい。

ただ原作だと1の話が好きなので満点ではない。

テラスハウス クロージング・ドア(2015年製作の映画)

2.0

テラスハウスは毎週だらだら流れてるくらいがちょうどいいと思った。2時間の尺が決まっててスピード感が逆に邪魔。

友罪(2017年製作の映画)

3.4

瑛太の演技がバケモン。
話は非常に重いテーマで観たあとは胸が苦しくなりました。
でもこういう映画を観るのは非常に大事。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.5

見終わった後の衝撃。若者の繊細な感情の動きが表現されていて素晴らしいと思った。岩井俊二作品を初めて観たけど他の作品も見ようと思う。

探偵はBARにいる(2011年製作の映画)

4.0

大泉洋と松田龍平のキャラクターのバランスがすごくよかった。笑える場面もあり。ストーリーもわかりやすくて◯

ライアの祈り(2015年製作の映画)

3.0

八戸に住んでる人からすると地域のあらゆる観光地や名産が出てきて面白かった。物語は普通です。

女子ーズ(2014年製作の映画)

2.0

妹に面白いと勧められたがこんなくだらない映画が存在するのかと思った(いい意味で)。そして5人組は豪華すぎる。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

4.1

わざわざ映画館に見に行ったが夏帆が出ていなかった、、、という衝撃。でも充分楽しめるエロ面白映画。上映後は男2人で盛り上がった。

ジャッジ!(2013年製作の映画)

4.0

ところどころ声あげて笑った。豊川悦二のふざけてるとこ最高です。

紙の月(2014年製作の映画)

4.0

池松くんのクズっぷり最高です。宮沢りえくらいの年齢の人が主人公でやけにリアルに感じる。

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

4.0

ストーリーは面白いけど藤原竜也の演技が全部似て見えるのは自分だけかなあ。

ピンポン(2002年製作の映画)

4.4

スーパーカーの劇中歌が好き。窪塚くんとかARATAとか渋いキャストなのもよい。

亜人(2017年製作の映画)

4.0

面白い。アクション嫌いだけど最後まで飽きずに見れた。

HERO(2007年製作の映画)

3.5

今の人たちもいいけど昔の7人組のほうが好きでした。

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る(2011年製作の映画)

3.5

AKBに夢中になってた時に見たから面白くないわけがなかった。ただ今はどうかわからない。

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

4.0

ウシジマくんの背景も追っかけてくれてスッキリしながら見終わりました。ウシジマくんシリーズドラマも合わせれば全部見てるかも。

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

3.5

ファイナルに続くからか優しめに作られてるのかなと感じた。

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

4.0

面白い。ホスト狂いの人の気持ちが全くわからないからそこはどうしても感情移入できない。

電車男(2005年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最近になってふと見たくなってDVDを借りた。山田孝之はもともとイケメンだからなあと思いながら見てた。でも冴えない青年が変身していく姿は見てて気持ちがいいです。

ソロモンの偽証 後篇・裁判(2015年製作の映画)

3.5

石井杏奈さんのファンになってE-girlsで踊ってる時は後列ばっか見てる。

>|