こたんぬさんの映画レビュー・感想・評価

こたんぬ

こたんぬ

映画(112)
ドラマ(0)

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

‪最初は口数少なかったイライザが、徐々に意思表示していくところが印象的。‬
‪カレンダーの格言を体現してるみたいだった。‬

‪ストリックランドはその逆。失敗しないことに囚われすぎて、どんどん狂気じみ
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.5

おじさん、ナルシスト、ちょっと抜けてる

可愛げがある斬新なヒーロー!
かっこよすぎないヒーローでも、それはそれで応援したくなる☺︎

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.5

生き延びようとするんじゃなく、急いで死のうとする人が多くて救いようがないように思えた。

どうしてこんな弾んだタイトルになったんだろう…(笑)

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

1.5

序盤から無慈悲な暴力ばかりで、終始吐き気と戦ってた…

中盤の刑務所は、会話がリズムに乗ってて楽しかったし、アレックスの表情が可愛かった。それで乗り切れた感ある(´・ω・`)

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.0

「あの人はおかしい」とか「幸せじゃない」とか、それぞれのものさしで決めつけてしまいがち。LGBTに対して、まだまだそんな世の中なんだと思う。
柔軟に理解を深めていくトモみたいな気持ちが、これから大人に
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.0

サンライズが "ワクワク" なら、
サンセットは "キリキリ" 。
相変わらず会話のテンポは良いけど、
今回は鋭利さが増していた。
それぞれの9年、あの日をベースにして過ごしてたのがもどかしい!

>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

序盤から沢山出てくる人気キャラクター!
思わずスクリーンの隅々まで観てしまう。
あんなに有名な監督でも、いろんな映画に心を動かされ、楽しんでいるんだと伝わってきた。

遠くない未来、こんな現実逃避の方
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.8

両思いって本当に楽しくて、無敵だと思える時期。
それが凝縮されたような作品だった。

レコードの試聴室での緊張感ある空間、
質問タイムや電話ごっこの時の初々しさ、
歩きながら話してるときのリラックス感
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ホラーでありがちな、急に驚かされたりする演出はほぼ無い。
ジャックが徐々に狂っていく様子が、終始不気味。
ウェンディやダニーはまた違う狂い方をしているようで、これまた不気味。

映像、ホテルの内装、服
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.3

トリックが凄まじくて、もはやファンタジー?良くも悪くも…。

「何でもありじゃん!」と思う部分はありつつも、ハラハラするシーンが多く、爽快感はある☺︎
案の定まんまと騙されたけど、腑に落ちない部分もあ
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.5

私はなよなよ系高木刑事が好きなんだけど、殺すで系の服部平次もええなあ。ときめいた。

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.7

前作の過程から葉問は一躍有名になり、優雅に暮らしてるかと思いきや……(´・ω・`)

今回出てくるホン師匠の存在感は、葉問と並ぶ勢いだった。
各々師匠としての姿は対照的であるようで、実は似てる所の方が
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

実写版野獣がすごくリアルではあるけれど、観ていくと表情が繊細で引き込まれた。
野獣の見た目よりも、断然人間の方が恐ろしかった!
多分ガストンの圧倒的存在感が、それを助長させてる…。

ドレスの綺麗さや
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.8

冷静沈着であり、感情の起伏が少ない葉問。
その落ち着いた表情から垣間見える、人への優しさに惹かれた。
ラストの対決よりも、葉問 vs 10人の方が個人的にはドキドキ!
日本兵の態度には複雑ではあるけれ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

悪者扱いされても、命の危機に晒されても、武器を持たないという信念を貫き通す。
その上自分の役割を極限まで全うしていき、信頼を得ていく過程が良かった。
フィクションのようなノンフィクション。

実際日本
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.5

緊迫感ありつつも、コミカルさもあって面白かった( ◜௰◝ )
キャッチーなオープニングや、独特な字幕の出方ですぐ夢中になれた。

ソロは頭の回転が早くて強いし、ただただイケメン…!
肝が据わりすぎてド
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.0

ブランド品で着飾ってみたり、綺麗事だけ並べてみたり。
そういうもので塗り固められたジャスミンが、あまりにも軽快に崩れていく。

ジャスミンが経験した事は壮絶なことだらけ。お金だけでなく、当たり前に家族
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.8

バーフバリィィ\\\\٩( 'ω' )و ////
前編後編続けて観て正解だった!
弓矢3本どうやって撃つかわかったし、
ヤシの木の隠された能力も知れたぜ。卍
親子揃って惚れっぽいのな!!

バラーラ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

ついに私もバーフバリ!!
予想と違った感じで、結構ツッコミどころ満載!!
蛇のシーンとかスライディング礼拝とか(笑)
アヴァンティカぎゃんかわですわ…

時系列やら相関図やら、終盤やっとわかった( ◜
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.3

序盤からハイスピードな展開であるにも関わらず、最後まで全然退屈しなかった!
束の間の安心感もあれば、急にくる虚無感もあって、全然目が離せない。

新井浩文みたいな兄貴、超絶イカしてる…
ロン毛のおじち
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

最初はヒュー・ジャックマンを楽しみにしてたけど、
いざ始まると周りも凄く、ただただ度肝を抜かれた…!
バーのシーンが1番お気に入り。マスター良き◎

そしてキアラ・セトルの熱量の凄さ、、、
一気に引き
>>続きを読む

ローマでアモーレ(2012年製作の映画)

3.7

みんなめちゃくちゃ羽目外す!(笑)

オペラのおじさんやレオポルト・ピザネッロが活き活きしてて、可愛かった☺︎
注目浴びたくて夢見ちゃうおじさん良き。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

冒頭の3分半で、すっかりパリの虜☺︎
サントラも気になるところ。

この映画のメッセージは、今後励ましや活力にしていきたい。なるといいなあ。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.5

目の前で人がどんどん死んでいく景色、
ピアノが目の前にあっても弾けない環境、
食べられるならカビた物でも厭わない状況。
残虐過ぎて、目を逸らしたくなる場面ばかり。
こんな惨い出来事が100年以内に起こ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

後半に入ってから、予想の斜め上を行く展開の連続。
宇宙人が来た目的、子どもの話、主人公の選択肢など、んんん!?って。

遠い遠い未来のことを思えば、前向きな終わり方かな☺︎

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.2

「春が2階から落ちてきた。」という流れが、岡田将生の綺麗さとマッチしてて好き。

すごく惨い事件を題材としてるけど、家族愛の強さが胸糞悪さを消してくれた。
小日向さんには泣かされた(´:ω:`)

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.5

連休のお昼にちょうど良い感じのロードムービー\( ˆoˆ )/オーシャンゼリゼ

兄弟らしさが後半でどんどん出てきてほっこり。
終盤、旅慣れた感出してるピーターが良い。(笑)
最近エイドリアン・ブ
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.0

おてんばラプンツェル\( ˆoˆ )/
ベストカップル最高\( ˆoˆ )/
結構面白いシーン多くて笑えたし、
パントマイム君がすごく可愛い☺︎

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

始まりからオチまで面白さばっかり!!
学長やチャトゥルは愛すべき悪役!
ミリ君に関しては感動(´:ω:`)嬉

ラージューが特に好き( ´ ` )
前半母性本能くすぐられっぱなしなのに、後半いきなりか
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.2

オープニングとエンドロールお気に入り!
普段聴かない楽器の音を聴ける☺︎

大人の都合に振り回されないよう、上手く逃げ切ろうとする子どもたち。
純粋で真っ直ぐな姿が可愛い!
映画の雰囲気からか、緊張も
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.5

ヴォルデモート卿が支配人\( ˆoˆ )/びつくり。

グスタヴとゼロ君のコンビ、息ぴったりで面白い!
足音などの些細な音が、とてもテンポ良くて楽しかった☺︎色味も私のドツボ。

ゼロ君にとって、家族
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

カイロ・レン君は戦闘能力低めだけど、プライドは高め。そんなところ好き。🤷‍♀️

Ⅶ,Ⅷを通して、旧三部作のキャラそれぞれへの気持ちが溢れ出てしまいそう。ヒーローばかり!
最後のシーンは、「えええ、こ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

外ではポーカーフェイス、家ではノリノリなベイビーがきゃわいい。
コーヒーを持ち運ぶシーンがお気に入り☺︎

アクション系は苦手だけど、この映画は音楽との融合が楽しくて退屈しなかった!サラウンドも良き◎

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

-

ビルのシーン辺り狂いそうだった。
ジーンが自転車でぐるぐるしてるとこ、トラウマになりそう…。

この映画の良さなんて、別に分かんなくてもいいって思った。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.3

また泣かされた(´:ω:`)チューバッカと同じくらい暴れられるわ。
ラストのワクワク感は、Ⅴやローグワンで味わったもの以上だった!早いとこ映画館に駆け込んで、Ⅷを観なければ。

好きなキャラクターも沢
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.5

泣いた(´:ω:`)仮面被ってるのに、ベイダー卿が苦しんでるのがすごく伝わってきて…

そしてルークは、間違いなく本物のヒーロー☺︎終盤の精神的な部分で、修行の成果がみれた気がする。

それにしてもC
>>続きを読む

>|